純情きらり第113話のネタバレあらすじ!女将の病

こちらでは、朝ドラ「純情きらり」19週目第113話のあらすじのネタバレや、純情きらりと原作の比較、感想をまとめています。

純情きらりの第112話「大将からの手紙」では、キヨシから受け取った達彦の手紙は遺書で、かねがそれを読んで倒れるストーリーでした。

純情きらりの第113話「女将の病」では、かねは自分の死期が近いことを感じ、自分の看病を光子に頼み、桜子を遠ざけるストーリーとなっています。

朝ドラ『純情きらり』
2006年8月11日(金)放送
第23週サブタイトル『ショパンよ母に届け』

純情きらりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『純情きらり』第113話のネタバレあらすじ

ここからは、8月11日に放送された朝ドラ「純情きらり」第113話のあらすじをまとめたネタバレです。

純情きらり113話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 大きな病院で検査を受けるかね
  • 腫瘍があり、余命が短いことを告げられる
  • かねの看病をするため、山長に住み込もうとする
  • かねは自分の余命が短いことを聞き出す
  • 店を再びタネ夫婦に、看病を親類に頼むかね
  • かねは、桜子をわざと冷たい態度で突き放す

病気

達彦生まれた日を語りながら、突然倒れた松井かね(戸田恵子)

往診に来た医者から大病院での検査を勧められ、後日岡崎の市立病院にかねを連れていく有森桜子(宮﨑あおい)

結果は、腹部に腫瘍があるが、手の施しようが無く、静かに最後の時を迎えるしかないという信じられないものだった。

かねにはただの過労だと誤魔化す桜子は、山長に住み込んでかねの世話をすることを決意する。

一方でかねは、自分の病状に疑いを持ち、往診した医者を呼びつけ、検査結果を聞きだす。

桜子を突き放すかね

翌日、桜子は山長に住み込み、かねと共に松井達彦(福士誠治)の帰りを待つと宣言する。

そんな桜子に、達彦からの手紙を見てしまったと打ち明けたかねは、達彦は帰ってこないのだから、家に帰れと言い放つ。

しかし、桜子は、達彦は絶対に帰ってくると言い張り、それまでかねと共にいつまでも待つのだと訴える。

このままでは、桜子を山長に縛り付けてしまうと思いを巡らせるかね。

そこで、店を再び松浦夫婦に任せ、桜子の若女将としての立場を無くそうとする。

さらに、何かと世話を焼く桜子に難癖をつけ、看病人の役割も無くそうと、達彦の又いとこであるみつ子を呼び寄せる。

店のことも自分の看病も身内に任せ、嫁でもない桜子に用は無いと冷たく突き放すかねだった。

ここまでが、8月11日に放送された朝ドラ「純情きらり」第113話のあらすじのネタバレです。

用無しと冷たく突き放されてしまいましたが、それでもお母さんって呼ぶんですよね、、、

純情きらり第114話のあらすじを知りたい方は、第114話「お母さんと呼ばせてください」へ読み進めてください。

純情きらりと原作の比較

こちらは、純情きらり113話と原作の比較です。

全話の原作との比較については「朝ドラ『純情きらり』の原作との違いは?徹底比較まとめ」でまとめています。

朝ドラ「純情きらり」第113話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純情きらり」第113話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

純情きらり113話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「純情きらり」第19週目第113話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、純情きらり第19週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第19週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

純情きらり第19週目のネタバレあらすじ

113話放送の純情きらり第19週「ショパンよ母に届け」のあらすじは、病気を患い先が長くないことを知ったかねは、桜子を山長に縛り付けたくない想いから、縁を切るかのように冷たく接するストーリーとなっています

第19週のあらすじを一気に知りたい方は、純情きらりの第19週「ショパンよ母に届け」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。