純情きらり第141話のネタバレあらすじ!桜子のジャズコンサート

こちらでは、朝ドラ「純情きらり」24週目第141話のあらすじのネタバレや、純情きらりと原作の比較、感想をまとめています。

純情きらりの第140話「冬吾が逃げてきた!」では、夜も昼も休みなく働かされていると冬吾が有森家に逃げてきたストーリーでした。

純情きらりの第141話「桜子のジャズコンサート」では、桜子がピアニストとして初めての舞台に立つストーリーとなっています。

朝ドラ『純情きらり』
2006年9月13日(水)放送
第29週サブタイトル『あなたがここにいる限り』

純情きらりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『純情きらり』第141話のネタバレあらすじ

ここからは、9月13日に放送された朝ドラ「純情きらり」第141話のあらすじをまとめたネタバレです。

純情きらり141話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 演奏会がスタートする
  • 冬吾が山長を訪れる
  • 達彦に、かけた迷惑を返すぐらいの気持ちになれと話す
  • 二人で写っている写真を見つけ、仙吉にいきさつを聞く
  • 女将のためにピアノを弾いていたと話す
  • 達彦が、演奏会を聴きに行く

演奏会スタート

ついに名古屋で演奏会が始まった。

有森桜子(宮﨑あおい)は、緊張したのか思うようにピアノが弾けない。

秋山均(半海一晃)は、そんな桜子に目で落ち着いて楽しむよう伝える。

桜子も落ち着きをみせ、楽しんで演奏する。

山長

その頃、杉冬吾(西島秀俊)が山長を訪れていた。

松井達彦(福士誠治)に会うと、無事を喜び、桜子と一緒にならないかのかと聞く。

すると、達彦は、戦友を死なせ、自分だけが幸せになっちゃいけないような気がすると口にする。

その言葉に、冬吾は、戦争が終わったから、どうしたらいいか分からなくなっているだけで、ただの言い訳だという。

それでも、自分がふさわしい男なのか自信がないというと、これ以上迷惑かけたくないと話す。

冬吾は笑みを浮かべ、今まで十分に迷惑をかけているから、これからはかけた迷惑を返すぐらいの気持ちになってみろと檄を飛ばした。

写真

達彦が、部屋で写真を見ていると、松井かね(戸田恵子)と桜子の二人が写った写真を見つける。

その写真のいきさつを仙吉に聞く。

仙吉は、桜子が女将のために作ったドレスで、その時の記念に撮影した写真だと答えた。

そして、女将が病床に伏せっていたとき、桜子が、達彦が戻ってくるのを祈るように、女将のためにピアノを弾いていたことを話す。

演奏会

第二ステージを演奏する桜子たち。

そこへ、達彦がやってきた。

桜子も達彦の存在に気づき、楽しそうに演奏をする。

達彦は、彼女のジャズを聴きながら、昔の桜子との記憶を思い出していた。

ここまでが、9月13日に放送された朝ドラ「純情きらり」第141話のあらすじのネタバレです。

ついに演奏会まで足を運びましたが、待たずに帰っちゃうんですよね、、、

純情きらり第142話のあらすじを知りたい方は、第142話「あなたのそばにいる」へ読み進めてください。

純情きらりと原作の比較

こちらは、純情きらり141話と原作の比較です。

全話の原作との比較については「朝ドラ『純情きらり』の原作との違いは?徹底比較まとめ」でまとめています。

朝ドラ「純情きらり」第141話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純情きらり」第141話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

純情きらり141話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「純情きらり」第24週目第141話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、純情きらり第24週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第24週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

純情きらり第24週目のネタバレあらすじ

141話放送の純情きらり第24週「あなたがここにいる限り」のあらすじは、秋山からピアニストとして東京にこないかと誘われた桜子だったが、残りの人生達彦と一緒に生きたいという思いから東京行きを断るストーリーとなっています

第24週のあらすじを一気に知りたい方は、純情きらりの第24週「あなたがここにいる限り」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。