純情きらり第147話のネタバレあらすじ!亨と桜子

こちらでは、朝ドラ「純情きらり」25週目第147話のあらすじのネタバレや、純情きらりと原作の比較、感想をまとめています。

純情きらりの第146話「西園寺にお願いしてきた」では、達彦は桜子に内緒で、西園寺に桜子の作品を発表してほしいと頼むストーリーでした。

純情きらりの第147話「亨と桜子」では、有森家に杉一家がやってきて桜子がピアノで亨と仲良く過ごすストーリーとなっています。

朝ドラ『純情きらり』
2006年9月20日(水)放送
第30週サブタイトル『夢に見た演奏会』

純情きらりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『純情きらり』第147話のネタバレあらすじ

ここからは、9月20日に放送された朝ドラ「純情きらり」第147話のあらすじをまとめたネタバレです。

純情きらり147話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 演奏会の提案をされる
  • ピアノの練習を再開する
  • 杉一家が夏休みで有森家にやってくる
  • 亨の目が見えなくなる日も遠くないと聞かされる
  • 亨が行方不明になる

演奏会の提案

西園寺からの自分自身の演奏会を開こうという提案に驚く有森桜子(宮﨑あおい)

西園寺公麿(長谷川初範)は、演奏会の準備はこちらですべてやるといい、その間に練習をしっかりしとくよう伝える。

桜子は、戸惑いながらも「はい」と答え、達彦もその話を了承した。

応援

西園寺が帰ったあと、突然不安になる桜子。

そんな彼女に松井達彦(福士誠治)は、これは桜子だけの夢じゃないといい、自分もピアノを弾くところが見たいと話す。

その言葉にやる気になった桜子は、その日から演奏会に向け、練習を始めた。

夏休み

翌日、杉一家が夏休みで有森家にやって来た。

杉笛子(寺島しのぶ)の話では、東京で皆の展覧会を開くという。

花岡八州治(相島一之)がどこの絵画団体からも追放されて、それを助けるためだというが、もう一つ理由があると話す。

それは、目が見えなくなっている亨のためだった。

まったく見えなく日も遠くないだろうと医者に言われたことを話し、それまでに父親の絵を記憶に刻ませてやりたいという親心だった。

お留守番

ある日、笛子が展覧会の関係者に会ってくると子供たちに話し、留守番をお願いした。

亨は姉たちに桜子のところに行こうと誘うが、後でと断られてしまった。

しかたなく亨は、一人で山長へ向かう。

それから数時間が経ち、笛子が外出から戻ってきた。

亨がいなくなっていることに気づくと、すぐに山長へ向かった。

桜子に亨が来ていないかと聞くが、来ていないと返事がかえってきた。

亨は行方不明になったのだ。

ここまでが、9月20日に放送された朝ドラ「純情きらり」第147話のあらすじのネタバレです。

亨が行方不明になりましたが、あそこで座り込んでいたんですよね、、、

純情きらり第148話のあらすじを知りたい方は、第148話「亨が行方不明」へ読み進めてください。

純情きらりと原作の比較

こちらは、純情きらり147話と原作の比較です。

全話の原作との比較については「朝ドラ『純情きらり』の原作との違いは?徹底比較まとめ」でまとめています。

朝ドラ「純情きらり」第147話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純情きらり」第147話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

甘すぎる

「準備は僕にまかせて、あなたは心静かにゆっくりと練習して下さい」

もう、甘すぎません?

一回、ジャズコンサートに参加したくらいで、演奏会どころかピアノはほぼ独学だから、発表会すら出たことない?素人。

が、いきなりソロ演奏会って、、、

しかもすべてお膳立てしてくれるとは・・・

出来過ぎエピソードな感が否めないのは私だけ?

輝いている

笛子さんが里帰りで岡崎にやってきて、久しぶりに揃う三姉妹。

夏の装いが華やかでしたね!

思えば戦争の時期が長かったため、桜子たちの服装もずっと質素なものでした、、、贅沢は敵!の世の中でしたからね。

平和になって、三姉妹それぞれ幸せになって、身も心も装いも輝いて見えました!

親心

亨ちゃんの目がだんだん見なくなってきている・・・

戦争の混乱や戦後の達彦の帰還など、内容の濃いエピソード続きで、忘れていましたが、、、

亨ちゃんの目は治る見込みがなく、そのうち見えなくなるのでしたね。こんなに幼いうちにもう悪化してきているなんて、、、。

見えているうちに父親の絵を見せ、記憶に残させたいという笛子さん。

自分の絵よりも自然を感じ、心の目に焼き付けてほしいと思う冬吾さん。

どちらの親心も胸にぐっときてしまいました。

亨と桜子

桜子のピアノに魅せられ亨ちゃん。

桜子も目の病気のこと抜きにして、亨ちゃんをとても可愛がっているように見えます。

思えば、亨ちゃんは桜子が出産に立会い、取り上げたんですよね!

産婆さんもいなくて、杏子も駆けつけられない状況で、、、

それはきっと、特別な思いがあるはずですね。

そんな可愛い甥っ子ちゃんが、自分の人生ともいえる音楽に興味を示したのは、本当に嬉しかったに違いないですね。

以上が、朝ドラ「純情きらり」第25週目第147話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、純情きらり第25週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第25週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

純情きらり第25週目のネタバレあらすじ

147話放送の純情きらり第25週「夢に見た演奏会」のあらすじは、ついに結婚した桜子と達彦は、二人三脚で山長を切り盛りする。そんな矢先、桜子が妊娠していることが判明するが、重い結核に冒されていることも発覚するストーリーとなっています

第25週のあらすじを一気に知りたい方は、純情きらりの第25週「夢に見た演奏会」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。