純情きらり第149話のネタバレあらすじ!仙吉辞めさせていただきます

こちらでは、朝ドラ「純情きらり」25週目第149話のあらすじのネタバレや、純情きらりと原作の比較、感想をまとめています。

純情きらりの第148話「亨が行方不明」では、突然いなくなった亨を必死に捜したところ、桜子が見つけるストーリーでした。

純情きらりの第149話「仙吉辞めさせていただきます」では、仙吉が味噌を腐らせた責任として、桜子と達彦に退職する意志を伝えるストーリーとなっています。

朝ドラ『純情きらり』
2006年9月22日(金)放送
第30週サブタイトル『夢に見た演奏会』

純情きらりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純情きらり』第149話のネタバレあらすじ

ここからは、9月22日に放送された朝ドラ「純情きらり」第149話のあらすじをまとめたネタバレです。

純情きらり149話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 味噌を腐らせてしまう
  • 仙吉が責任をとって辞めると言い出す
  • 料亭を回って、八丁味噌の予約を取り付けようと画策する
  • 予約表を見せて、店に残って欲しいとお願いする
  • 店に残ることを決意する
  • 桜子が倒れ、病院へ連れて行く
  • おめでただと分かる

味噌

ある日、山長で問題が起こる。

職人の一人が蔵で嫌な臭いがすると仙吉に訴え、蔵に行ってみると、味噌が一桶腐っていたのだ。

すると、仙吉が謝罪し、味噌を腐らせた責任をとって山長を辞めると言い出した。

そんな必要はないと桜子が言うと、前々から辞める事を考えていたという。

人の好みも変わっている時代に、八丁味噌しか作れない職人は必要なくなったと今の気持ちを吐露する。

そして、若い者に道を譲るべき時が来たと意思を伝えた。

夫婦の会話

その夜、松井夫婦は、仙吉の話をしていた。

松井桜子(宮﨑あおい)は、八丁味噌を皆が忘れてしまっているのではなく、ないから我慢しているだけだと主張した。

そして、八丁味噌が食べたいという人が大勢いれば、仙吉も辞めたいと言わないのではないかと達彦に訴える。

松井達彦(福士誠治)も前向きに、需要を探るために、二人で以前取引があった料亭を当たることにした。

説得

ある料亭の女将と交渉し、予約表に名前を書いてもらった桜子は、すぐに山長に戻ってきた。

すると、すでに達彦が仙吉に話をしており、二人で集めた予約表を見せる。

その予約表の後ろには、たくさんのお客さんがいると訴え、八丁味噌が作れる日がやってくるから店にいて欲しいとお願いした。

仙吉は幸せ者だといい、残ることを決意する。

病院

ある日、桜子が気分が悪そうに倒れこみ、すぐに病院へ連れて行く。

心配で待っていると、達彦のもとへ看護婦がやってきて、おめでただと話す。

二人に赤ちゃんができたのだ。

診察室にいくと、桜子の手を握り締め、二人は最高の喜びをかみしめあった。

ここまでが、9月22日に放送された朝ドラ「純情きらり」第149話のあらすじのネタバレです。

赤ちゃんができて喜びをかみ締めていましたが、二人に試練が訪れるんですよね、、、

純情きらり第150話のあらすじを知りたい方は、第150話「桜子のおめでた」へ読み進めてください。

純情きらりと原作の比較

こちらは、純情きらり149話と原作の比較です。

全話の原作との比較については「朝ドラ『純情きらり』の原作との違いは?徹底比較まとめ」でまとめています。

朝ドラ「純情きらり」第149話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純情きらり」第149話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

仙吉さんはまだ若い!

頼もしかった仙吉さんが、老齢のため力も無くなり、味噌樽を落とすという失態。

野木山さんが、力仕事は若い者に任せればいいのに、、、と言っていましたね。

とはいえ、仙吉さんはちっとも老けて見えないし、若い衆よりも体も立派!

味噌樽を落として、腰を痛める芝居がリアルに感じられないのは私だけ?

ちなみに野木山さんもお変わりないようで。。。

味噌愛

味噌職人が味噌を腐らせるなんて、相当ショックというか、プライドが傷ついたはずですよね、、、

徳次郎さんが生きていたら、激怒りだ!

しかも八丁味噌の職人なのに、八丁味噌が作れない、、、そのことを嘆き悲しんでいました。仙吉さん、切ない。。。

それにひきかえ、キヨシは戦後、怪しい商売で金儲けして、「味噌のことなんてどうでもいい!」と言っていましたね、、、

味噌愛の大きさが違いますね。。。

思わず出た返事

西園寺先生と電話で話す桜子。

桜子の背景に映る、仕事中の野木山さんと店員のおふみ。

電話の内容を詮索してはいけないけど、桜子の声色にあわせてちょっとした反応をする自然な演技!

最後に、桜子が達彦に対して、うれしそうに、西園寺先生が演奏会に来ると話し、「また練習してくるわ!」というと、野木山さんが思わず「はい!」と返事していました(笑)

これって野木山さんを演じる 徳井優さんのアドリブっぽいけど、どうでしょうね!

おめでたい!

桜子さん、最近体の調子が良くないと思ったら、おめでただったんですね!

つい最近、亨ちゃんを見て、こんな可愛い子供が欲しいねって話していました。

あの時にはもしかして、すでに赤ちゃんがお腹にいたということでしょうか!

とにかくおめでとうございます!

以上が、朝ドラ「純情きらり」第25週目第149話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、純情きらり第25週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第25週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

純情きらり第25週目のネタバレあらすじ

149話放送の純情きらり第25週「夢に見た演奏会」のあらすじは、ついに結婚した桜子と達彦は、二人三脚で山長を切り盛りする。そんな矢先、桜子が妊娠していることが判明するが、重い結核に冒されていることも発覚するストーリーとなっています

第25週のあらすじを一気に知りたい方は、純情きらりの第25週「夢に見た演奏会」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。