純情きらり第3話のネタバレあらすじ!桜子、決闘を申し込む!まさかの助っ人登場!?

こちらでは、朝ドラ「純情きらり」1週目第3話のあらすじのネタバレや、純情きらりと実話の比較、感想をまとめています。

純情きらりの第2話「源一郎のお見合い話」では、源一郎に縁談の話が舞いこむストーリーでした。

純情きらりの第3話「桜子、決闘を申し込む」では、いつも弟をいじめるキヨシに決闘を申し込むストーリーとなっています。

朝ドラ『純情きらり』
2006年4月5日(水)放送
第1週サブタイトル『父の見合い』

純情きらりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『純情きらり』第3話のネタバレあらすじ

ここからは、4月5日に放送された朝ドラ「純情きらり」第3話のあらすじをまとめたネタバレです。

純情きらり3話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 縁談を勧める義父
  • 新しいお母さんは要らないと訴える
  • ガキ大将にからかわれる
  • 紙の鍵盤をやぶられる
  • 職場でも縁談を薦められる
  • 果たし状をガキ大将に渡す
  • 二人で決闘!
  • 決闘の話を聞いて全員集合
  • 決闘の理由が母親がいないことに起因することを知る
  • 子供たちに縁談の話をする
  • 一人だけ断固拒否!
  • お見合い当日

父の縁談話

徳次郎の家に行き、縁談を断ることを伝える有森源一郎(三浦友和)

その様子を見ていた有森桜子(美山加恋)は、二人に見つかってしまい、気まずくなり走り去っていった。

先に帰りついた桜子は、真っ暗な書斎で、両親が写っている写真たてを手に取って見つめていた。

そこへ源一郎がやってきて、見合いの話を口にする。

桜子は振り返って、父の顔を見ると、見合いに反対し部屋からでていった。

ガキ大将にからかわれる

翌朝、桜子と有森勇太郎(松澤傑)は学校へと向かっていた。

後ろからは棒を振り回し、登校する子たちに威嚇しながら、町一番のガキ大将・高島キヨシ(村瀬継太)がやってきて、勇太郎のズボンの継ぎ当てをむしり取る。

その継ぎ当ては、桜子が慣れない手つきで一生懸命に縫ったものだったのだ。

その継ぎ当てでからかわれた弟を助けようと桜子が立ち向うものの、手に持っていた紙の鍵盤を取られ破られてしまう。

弟をいじめられ、大事な紙の鍵盤まで破られ、怒りが収まらないが、立ち去る天敵の姿を悔しそうに見送るのだった。

果たし状

家に帰った桜子は『果たし状』を書いて、キヨシの家の前までやってきた。

残念ながら本人は不在だったが、父親の高島専蔵(大八木淳史)に渡してもらうようお願いする。

『果たし状』を読んだキヨシは、腰に棒を差し、頭にはちまきを巻き、手下ふたりを従えて商店街の通りを勇ましく歩いていった。

そこに通りがかった達彦は、彼らから決闘に行くと聞き、興味津々に付いていくことに。

その頃、有森家では、『果たし状』の下書きを見つけ大慌て。

山長でも達彦が決闘に向かったと聞き、大騒ぎになっていた。

ついに決闘!

日も暮れた神社の境内で、二人の決闘が始まった。

棒を木刀がわりに激しく打ち合う二人。

キヨシが、大声をあげながら打ちかかってきて、桜子は思わず目をつむってしまう。

すると、松井達彦(柳井宏輝)がキヨシの足に自分の足をひっ掛けた。

ドスっ!と鈍い音がして目を開けると、桜子の足元には、キヨシが鼻血を出して倒れていたのだ。

そこへ、高島専蔵(大八木淳史)と有森家の家族、山長の女将・松井かね(戸田恵子)がやってきた。

キヨシは、父・専蔵からこっぴどく怒られ、ケンカの原因が勇太郎のズボンの継ぎ当てであることを告白する。

勇太郎が桜子が縫ったことを話すと、沖田徳治郎(八名信夫)が「やっぱり母親が必要なんだよ」と訴える。

徳次郎のその言葉に、気まずい表情の子供たちの横で、源一郎も何も言えないでいた。

お見合いの話

その夜、源一郎は子供たちにお見合いの話をした。

笛子(北乃きい)杏子(尾﨑千瑛)と末っ子の勇太郎は、お見合いに賛成するが、桜子だけは反対だと訴えた。

源一郎が、自分だけではみんなの助けになってやれないことがこの先増えてくる気がすると話し、父の言葉に複雑な思いの桜子だった。

そして、ついにお見合いの日がやってきた。

ここまでが、4月5日に放送された朝ドラ「純情きらり」第3話のあらすじのネタバレです。

ついにお見合いをすることになりましたが、桜子がとんでもないことをやらかすんですよね、、、

純情きらり第4話のあらすじを知りたい方は、第4話『源一郎、お見合いする』へ読み進めてください。

純情きらりと原作の比較

こちらは、純情きらり3話と原作の比較です。

全話の原作との比較については「朝ドラ『純情きらり』の原作との違いは?徹底比較まとめ」でまとめています。

キヨシにいじめられていた話は本当か?

純情きらりでは、キヨシにいじめられていましたが、原作ではキヨシはガキ大将だったのでいじめていた可能性は高いです。

純情きらりでは、キヨシは達彦の同級生ですが、原作は勇太郎と同級生です。

キヨシは「遊ぶことだけが得意で、弱いこどもをいじめて喜ぶこども」と紹介されています。

よって、勇太郎をいじめていた可能性は高いです。

果たし状をだして決闘を申し込んだ話は本当か?

純情きらりでは、桜子が果たし状をだして決闘を申し込みましたが、原作ではそういった話はでてこないため、創作ストーリーです。

あらすじのネタバレになりますが、大きくなってからもガキ大将は登場します!

そして、あの人に「ほ」の字なんですよね。

朝ドラ「純情きらり」第3話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純情きらり」第3話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

山長って何気にすごい!?

課長までも縁談を成功させろと圧力をかけてくるとは、山長の地域貢献度の高さがうかがえます。

そんな立派な山長ですが、原作ではまったくでてこないんですよね。

ロケ地に岡崎市を選んだから八丁味噌だろ!ってとこなのかな?

子持ちのお見合いは気を使う

知り合いの人が子持ちでお見合いしましたが、子供に結構気をつかうみたい。

YESかNOだから、NOを子供に突きつけられるとどうしようもないよね。

あらすじのネタバレになりますが、NOを突きつけた加恋ちゃんは、お見合い相手にいたずらをします。

その気持ち分からなくはないけどねw

以上が、朝ドラ「純情きらり」第1週目第3話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、純情きらり第1週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第1週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

純情きらり第1週目のネタバレあらすじ

3話放送の純情きらり第1週「父の見合い」のあらすじは、妻・マサを亡くして男で一人で育てていた勇太郎に、見合い話が舞い込むも桜子が再婚することに反対し、結局再婚をあきらめるストーリーとなっています

第1週のあらすじを一気に知りたい方は、純情きらりの第1週「父の見合い」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。