純情きらり第5話のネタバレあらすじ!桜子の演奏会に徳治郎涙する

こちらでは、朝ドラ「純情きらり」1週目第5話のあらすじのネタバレや、純情きらりと実話の比較、感想をまとめています。

純情きらりの第4話「源一郎、お見合いする」では、桜子の喧嘩をした理由を聞いて、源一郎が決意し、お見合いをするストーリーでした。

純情きらりの第5話「桜子の演奏会」では、桜子が初めてオルガンで演奏会をするストーリーとなっています。

朝ドラ『純情きらり』
2006年4月7日(金)放送
第1週サブタイトル『父の見合い』

純情きらりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『純情きらり』第5話のネタバレあらすじ

ここからは、4月7日に放送された朝ドラ「純情きらり」第5話のあらすじをまとめたネタバレです。

純情きらり5話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • オルガンが欲しいと訴える
  • やらないと拒否される
  • 父にお祖父ちゃんは一人でオルガンはマサの形見と論される
  • マサの月命日
  • 納屋でお祖父ちゃんのためにピアノ発表会を開催
  • 女学生5年生になった

オルガンが欲しい!

父のお見合いの日にオルガンを見つけて以来、有森桜子(美山加恋)は祖父の納屋に入り浸っていた。

沖田徳治郎(八名信夫)もまた、内心では孫が来ることを楽しみにしている。

ある日の夕食時、磯が納屋に眠らせておくより桜子が弾いたほうがいいと話すと、有森笛子(北乃きい)は反対するが、有森杏子(尾﨑千瑛)は母の思い出の曲が聴けるのはうれしいと話した。

それを聞いた桜子は、にっこり笑って箸を置くと、家を飛び出していった。

おじいちゃんは独り

夕食を放り出し、祖父の家に向かった桜子。

オルガンが欲しいと頼むが、マサのものだと言われ取り合ってもらえなかった。

家に戻ると、有森源一郎(三浦友和)がやってきて、あのオルガンはおじいちゃんにとって形見のようなものだと話すが、納得がいかない桜子。

そんな娘に、この家には家族がいるが、おじいちゃんは独りなんだと諭す。

暗い納屋で、オルガンに触れながら涙を流す沖田徳治郎(八名信夫)

徳次郎にとって大切な娘を失った悲しみは大きく、寂しさは計り知れないものだった。

納屋に明かり

後日、桜子は、放課後入り浸っていた祖父の納屋には行かず、学校の先生に何やら頼み事をしている。

すっかり姿を見せなくなってしまった孫を待ちわびる徳次郎。

そんな折、源一郎が工具箱を担いでやって来て、納屋に電灯をつけ始めた。

そんな源一郎を見て、帝大出は何を考えとるかわからんと憎まれ口をたたく徳次郎。

桜子の発表会

母親の月命日に、仏壇に拝みにきた徳次郎。

家に戻って土間から上がろうとした時、後ろから有森勇太郎(佐野観世)に声をかけられた。

ニコッと笑い去って行く勇太郎を追いかけ、納屋に気配を感じた徳次郎が、そっと戸をあけると、有森家の家族全員が並んで立っていた。

中に入ると飾り付けがしてあり、先だって源一郎が付けた電灯により明るくなっている。

びっくりしている徳次郎に、真っ白い綺麗な服を着た桜子が「今日は私の初めての発表会に来てくれてありがとうございます」と話す。

桜子は、オルガンの前に座ると、マサの好きだった『埴生の宿』を弾き始めた。

桜子はこの日のため、学校の先生にお願いして練習していたのだ。

白い服を着てオルガンを弾く桜子の姿に最愛の娘・マサの姿が甦ってくる徳次郎。

娘を失っても娘の分身のような孫たちが、家族がいる。

家族のあたたかさにふれた徳次郎だった。

9年の月日が流れて

9年後、昭和12年(1937年)春。

桜子は女学校の5年生になっていた。

笛子は、女子高等師範学校を出て、岡崎で女学校の教師に。

次女・杏子は、三年前に女学校を卒業後、磯に洋裁を習いながら花嫁修業の真っ最中。

末っ子の勇太郎は中学生で、機械いじりが得意な様子。

ここまでが、4月7日に放送された朝ドラ「純情きらり」第5話のあらすじのネタバレです。

ついに16歳になりましたが、しょっぱなから先生に目を付けられるんですよね、、、

純情きらり第6話のあらすじを知りたい方は、第6話『達彦へのラブレター』へ読み進めてください。

純情きらりと原作の比較

こちらは、純情きらり5話と原作の比較です。

全話の原作との比較については「朝ドラ『純情きらり』の原作との違いは?徹底比較まとめ」でまとめています。

お祖父ちゃんのために演奏会をした話は本当か?

純情きらりでは、お祖父ちゃんのために演奏会をしましたが、原作では演奏会の話はありません。

原作では、マサは士族の娘という説明だけで、両親の説明は一切ありません。

そもそも原作ではマサは生きていますので、純情きらりは創作ストーリーとなります。

杏子が磯から洋裁を習っていた話は本当か?

純情きらりでは、杏子が磯から洋裁を習って花嫁修業中でしたが、原作でも洋裁を習った話はありません。

原作では、磯は小さなミシン教室を営んでおり、のちに下着会社を経営するまでになります。

純情きらりでは、洋裁部分を採用し、杏子が習っていたという創作ストーリーにしたと考えられます。

また、あらすじのネタバレになりますが、磯は将来洋服を作るお店を開業することになります。

朝ドラ「純情きらり」第5話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純情きらり」第5話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

涙涙

娘に先立たれた親の気持ちはいかほどか、、、

想像しただけでも絶望しかありませんが、義父の気持ちを汲み取る三浦友和さんもなかなかの男!

あらすじのネタバレになりますが、そんな友和さんも召される日が近いうちにくるんですよね、、、

ついに子供時代終了!

ついに子供時代が終わって、本番突入といったところでしょうかw

宮﨑あおいちゃんのセーラー服姿が初々しいです!

寺島しのぶさんに井川遥さん。

子供のころの印象とどう違うのかもチェックチェックですね。

以上が、朝ドラ「純情きらり」第1週目第5話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、純情きらり第1週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第1週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

純情きらり第1週目のネタバレあらすじ

5話放送の純情きらり第1週「父の見合い」のあらすじは、妻・マサを亡くして男で一人で育てていた勇太郎に、見合い話が舞い込むも桜子が再婚することに反対し、結局再婚をあきらめるストーリーとなっています

第1週のあらすじを一気に知りたい方は、純情きらりの第1週「父の見合い」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。