純情きらり第6話のネタバレあらすじ!達彦へのラブレターは私が書きました!?

こちらでは、朝ドラ「純情きらり」2週目第6話のあらすじのネタバレや、純情きらりと実話の比較、感想をまとめています。

純情きらりの第5話「桜子の演奏会」では、桜子が初めてオルガンで演奏会をするストーリーでした。

純情きらりの第6話「達彦へのラブレター」では、桜子が友達に頼まれて達彦にラブレターを渡すストーリーとなっています。

朝ドラ『純情きらり』
2006年4月8日(土)放送
第1週サブタイトル『父の見合い』

純情きらりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『純情きらり』第6話のネタバレあらすじ

ここからは、4月8日に放送された朝ドラ「純情きらり」第6話のあらすじをまとめたネタバレです。

純情きらり6話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 新入生歓迎会の出し物である合唱の練習をする
  • ジャズ調に弾いて西野先生に怒られる
  • 家でも笛子に「良妻賢母」を説き伏せられる
  • 杏子のお見合い話で盛り上がる
  • 友達に宝物を見せる
  • 山長の達彦と友達であることが知られる
  • 薫子から達彦に恋文を渡して欲しいと頼まれる
  • 山長に私にいくと女将のかねでてきてダッシュで逃げる
  • 手紙の一部がとられていて西野先生にチクられる
  • 先生に呼び出し食らって本当のことを言えと言われる
  • この日はピアノ演奏会の日でどうしても行きたくてウソをつく

ジャズ調の『花』

岡崎南高等女学校の音楽室。

女学校5年生の桜子たちは、新入生歓迎会の出し物である合唱の練習をしていた。

有森桜子(宮﨑あおい)のピアノ伴奏で、滝廉太郎の『花』を歌う女学生たち。

しかし、いつしか『花』がジャズ調に変わり、女学生たちの歌声も次第にノリが良くなり、楽しそうな様子。

廊下を歩いていた音楽の先生・西野シヅ子(キムラ緑子)も、軽快なジャズのリズムに思わず耳を傾けるが、下品な音楽と罵り演奏を止めさせる。

桜子がジャズも立派な音楽だと反論するが、この時代の女学校といえば『良妻賢母』の育成を旨としており、教師に口答えなど許されないことだった。

杏子のお見合い話

その夜の夕食時、ジャズに編曲した『花』を演奏したことを笛子に叱られる。

有森笛子(寺島しのぶ)も西野先生と同様に、『良妻賢母』を唱えた。

その時、叔母の有森磯(室井滋)が急にお見合いの話があることを思い出す。

いつもは笛子に来るお見合い話だが、今回は杏子あてのお見合いだという。

名古屋の大地主の長男で、母子の二人暮らし。

銀行勤めの30歳らしい。

姉に遠慮する有森杏子(井川遥)だが、磯はいい話は受けたほうがいいと勧める。

女学生の憧れの的

学校帰り、桜が舞う川沿いの土手で、桜子は腰を下ろしてポケットから紙切れを取り出し、ニヤニヤしている。

そんな彼女を取り囲む友人たち。

桜子が『宝物』だと言って見せたのは、一流の音楽家・西園寺公麿によるピアノ演奏会のチケットだった。

将来は西園寺のような音楽家になれたらと思う桜子。

すると、向こうのほうから学ラン姿の達彦が歩いてきた。

松井達彦(福士誠治)は、資産家の息子で美男子ということで、女学生の憧れの的となっていたのだ。

そんな彼が、桜子に声をかけたことで、友人たちが騒ぎ出した。

祖父が味噌職人で山長に出入りしていたことから、幼いころから知り合いだと説明するも、ますます羨ましがられることに。

恋文を託される

後日、誰もいない教室に入る桜子と友人の高野薫子(松本まりか)

達彦と顔見知りだと知った薫子は、手紙を差し出し、渡して欲しいと頼む。

薫子から恋文を受け取った桜子は、久しぶりに山長へやってきた。

店に入り、達彦がいるか尋ねますが、あいにく不在。

達彦に渡してほしいと、店番の女性に手紙を渡そうとした時、奥から松井かね(戸田恵子)が出てきて、慌てて手紙を隠す。

手紙のことを知ったかねから手紙を奪い取られそうになり、手紙の切れ端を残したまま、桜子は走って逃げていった。

演奏会のためについた嘘

翌日、待ちに待った西園寺公麿(長谷川初範)の演奏会の日。

下校しようとした桜子を西野先生が引きとめ、目の前に紙切れを差し出す。

それは、薫子が達彦に書いた恋文の切れ端だった。

西野が誰かに頼まれたのかと疑い始めると、それを否定し、疑いがますます強くなった。

本当のことを言えば、薫子のことを裏切ることになってしまう。

しかしこのままでは、演奏会が終わってしまう。

意を決した桜子は、「あの手紙は私が書きました」と嘘をついてしまった。

ここまでが、4月8日に放送された朝ドラ「純情きらり」第6話のあらすじのネタバレです。

演奏会のためについに嘘をついてしまいましたが、家族にもばれて大騒動になるんですよね、、、

純情きらり第7話のあらすじを知りたい方は、第7話『西園寺公麿との出会い』へ読み進めてください。

純情きらりと原作の比較

こちらは、純情きらり6話と原作の比較です。

全話の原作との比較については「朝ドラ『純情きらり』の原作との違いは?徹底比較まとめ」でまとめています。

西園寺公麿のピアノ演奏会にいく話は本当か?

純情きらりでは、西園寺公麿のピアノ演奏会のチケットを購入していましたが、原作ではピアノ演奏会に行った話はありません。

そもそも原作では、西園寺公麿はでてきません。

薫子の手紙を渡そうとした話は本当か?

純情きらりでは、薫子の代わりに手紙を達彦に渡そうとしていましたが、原作では手紙の話はありません。

そもそも原作では、達彦と出会ったのは桜子が20歳のときです。

あらすじのネタバレになりますが、将来二人は恋愛結婚する予定で、原作ではお見合い結婚するので、ここでも違いがあります。

朝ドラ「純情きらり」第6話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純情きらり」第6話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

両者三時間粘るのがすごい

最後の最後でウソつきましたが、二人ともよく三時間粘りましたねw

会話することもないし、ずっと沈黙だったのでしょうか?

私ならものの数秒でウソついて会場でスタンバイしてますねw

良妻賢母

必ず朝ドラの大正・昭和時代で出てくる「良妻賢母」

今の時代には合わない考えになってきたのはたしかですが、当時でもそれを良しとしない女性も多かったんじゃないかと思います。

読んで字のごとく、よき妻であり賢い母であることが婦人の理想らしいですが、多様性の時代になって、価値観も大きくかわってきたなーと実感するシーンでした。

以上が、朝ドラ「純情きらり」第2週目第6話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、純情きらり第2週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第2週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

純情きらり第2週目のネタバレあらすじ

6話放送の純情きらり第1週「父の見合い」のあらすじは、妻・マサを亡くして男で一人で育てていた勇太郎に、見合い話が舞い込むも桜子が再婚することに反対し、結局再婚をあきらめるストーリーとなっています

第1週のあらすじを一気に知りたい方は、純情きらりの第1週「父の見合い」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。