澪つくし第131話のネタバレあらすじ!4年ぶりの再会

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」22週目第131話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第130話「惣吉が生きていた!?」では、律子が入兆に戻ってきて、惣吉が生きていたことをかをるに伝えるストーリーでした。

澪つくしの第131話「4年ぶりの再会」では、東京に向かったかをるが、惣吉と4年ぶりに再会するストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月30日(金)放送
第22週第131話タイトル『4年ぶりの再会』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第131話のネタバレあらすじ

ここからは、8月30日に放送された朝ドラ「澪つくし」第131話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし131話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 東京につくと、内務省の応接室に通される
  • 惣吉と対面し、本人だと核心する
  • その夜、小浜家に泊めてもらうことになった
  • 失われた時間は戻らないと話す。
  • 翌日、外川に戻る
  • 記憶を取り戻すために、思い出の場所へ連れて行く
  • 船を漕がせると、記憶が戻る
  • 4年間すまなかったと謝罪する
  • 再婚したことを伝える

東京

惣吉と思われる男は、内務省預かりとなっていた。

梅木かをる(沢口靖子)と梅木は、内務省の応接室に通される。

緊張して待っていると、惣吉が現れた。

本人だと核心したかをるは、4年間どこにいっていたのかと問う。

しかし、吉武惣吉(川野太郎)は記憶喪失で何も分からなかった。

小浜律子(桜田淳子)は、外川に帰れば、記憶が戻るかもしれないと話す。

小浜家

その夜、かをるたちは小浜家に泊まる事になった。

律子は、惣吉の記憶が戻ったとして、失われた時間は戻ってこないと話す。

律子は、かをるを返すつもりなのかと梅木健作(柴田恭兵)に聞くと、返す気はないと答えた。

外川

翌日、惣吉を連れて外川へ戻った。

惣吉の記憶を取り戻すために、惣吉と待ち合わせした灯台や吉武家のお墓に連れて行ったり、思い出話をするが、何も思い出せないでいた。

今度は、櫓船に乗せ、漁師だったと訴える。

そして、船を漕がせると、徐々に記憶が戻り始めた。

惣吉は4年間置き去りにしてすまなかったと話すと、かをるは再婚したと伝えた。

ここまでが、8月30日に放送された朝ドラ「澪つくし」第131話のあらすじのネタバレです。

ついに記憶が戻りましたが、残酷な現実を知るんですよね、、、

澪つくし第132話のあらすじを知りたい方は、第132話『惣吉の生還』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第131話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第131話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

4年ぶり!

次の日、かをると梅木が東京へ!

惣吉が現れると、瞬時に本物だと悟っていましたね。

最初の言葉が注目でしたが、まさかの4年間どこいってたんだ!!!!!

最初の言葉それですか?

律子の話聞いていました?

記憶喪失って言ってましたよね。

それに経緯とか律子から聞いていないのか、ちょっと分かりませんが、まさかそこから聞く?って思っちゃいましたよw

個人的には、梅木がいなければ、泣きながら抱きつき感動の再会で目がうるうる的な感じを想像していましたが、梅木がいる手前そうもできませんし、とりあえず涙流して無言ぐらいがちょうどいい感じじゃなかったかなと個人的には思います。

そこで、梅木から惣吉に話す流れが、冷静な梅木の役割だったはずw

片言な日本語

記憶喪失の惣吉。

片言の日本語を話していましたが、記憶喪失だからって日本語忘れますか?

しかもなぜか英語のほうがしっくりくるという有様。

ちょっと惣吉の演技に笑ってしまいましたw

返す気はねぇ!

その晩、小浜家に泊まったかをると梅木。

律子がかをるを返す気なのか聞くと、返す気はねぇ!って答えていましたが、そりゃそうでしょう。

夢にまでみた女性と結婚できて子供までいて、幸せ絶頂の時期ですよ?

そんな幸せを手放すなんて男じゃないw

でもね、愛の強さから言えば、絶対かをるは梅木よりも惣吉を愛していますよね。

それを梅木も知っているから、内心は結構あせってるんじゃないかと思うんですよ。

これで記憶が戻り、惣吉ががんがんかをるの心に入ってきて、かをるの気持ちが揺らいだときが、視聴者のドキドキ感が絶頂にくる瞬間ですw

外川に連れ帰る

次の日、早速外川に連れ帰りましたが、最初にやったことが惣吉の記憶を取り戻す練習。

正直、えーーーーーーって思いました。

あれだけ吉武家に帰すべきだっていってたのに、外川に帰ったらまずはとねに合わせてあげることでしょう!

子を持つ親なら、一番に息子が生きていたことを知らせてあげることが先じゃないの?

しかも、惣吉が帰ってきたことを漁師たちが先に知って、幽霊でも会えるなら会いに行くか!って、どういう流れですかw

記憶が戻るのもそうですが、ちょっと雑なあらすじだったよな気がします。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第22週目第131話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第22週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第22週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第22週目のネタバレあらすじ

131話放送の澪つくし第22週のあらすじは、律子が偶然銀座で歩いている惣吉を発見して、かをるたちが外川へ連れ帰るストーリーとなっています

第22週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第22週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。