おちょやん第103話のネタバレあらすじ!千代の引退

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」21週目第103話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第102話「竹井千代ではない」では、失踪中だった千代を見つけるが、竹井千代ではないと否定されるストーリーでした。

おちょやんの第103話「千代の引退」では、千代の引退を知った当郎が会いに行くストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年4月28日(水)放送
第21週サブタイトル『竹井千代と申します』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第103話のネタバレあらすじ

ここからは、4月28日に放送された朝ドラ「おちょやん」第103話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん103話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 栗子が千代が奉公にいったあとの話をする
  • 春子に宿題を教えてとお願いされる
  • そのまま三人で暮らす
  • 花車がやってきて一緒にラジオドラマをやろうとお願いする

過去の話

水野春子(毎田暖乃)を寝かしつけると、栗子は千代が奉公に出されたあとの話をし始める。
竹井千代(杉咲花)が奉公に出された後、テルヲは酒の量が増え博打に明け暮れる日を送っていたようだ。
さらに借金取りからのとりたても増え、絶えられなくなった上田栗子(宮澤エマ)は、娘のサクラを連れて家を飛び出す。
それからお金になることは何でもして二人で必死に生きてきたという。
そんな中でも、娘がそばにいてくれるだけで幸せを感じていた栗子だが、いつも頭の隅には千代のことを思い出す。
そして、他に行く当てがないのなら、次の行き先が見つかるまでここにいたらいい話し、千代はその晩泊ることにした。

宿題

翌朝、春子は千代に宿題を教えてほしいと頼む。
千代が栗子に教えてもらえと言うが、おばあちゃんは字がよめないと返ってきた。
もしかして同じような境遇で生きてきたのかと感じた千代は、春子の宿題を見てやることにした。
こうして、一緒に暮らすようになって1年が過ぎる。

ある日、千代が家に帰ってくると、花車当郎(塚地武雅)が来ていた。
突然の訪問にびっくりする千代。
すると花車は、ラジオドラマで一緒に夫婦になってほしいと言い出す。
その話は先日お断りしたと千代がいうが、花車は多数決で決めようとまったく諦めない。
その後も断り続けるが、花車のしゃべる勢いは止まらず、諦める様子もない。
そんな花車と話していた千代は、久しぶりに心安らぐのを感じるのだった。

ここまでが、4月28日に放送された朝ドラ「おちょやん」第103話のあらすじのネタバレです。

おちょやん第104話のあらすじを知りたい方は、第104話『長澤の訪問』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第103話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第103話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

奉公いけ!

昨日は千代が身寄りが無いなら奉公に出せばいいといってましたが、戦後になっても奉公先というものがあったんでしょうか?
明治から昭和初期にかけてのドラマを見ると、奉公先でがんばるシーンをよく観ますが、戦後になってからはそういうったシーンってないですよね。
基本的にはドラマの終盤ということもあるので、いまさら奉公シーンはいらないというのもありますが、いつぐらいまで一般的だったのはちょっと気になりました。

写真

今日も写真だけの箕輪悦子!!
まさか写真だけでニュースになるなんて、さすが天海祐希さん大女優です!
というかあんな使い方されたから話題になったようなものですが、本当に天海祐希さんの無駄遣いですよねw
しかも同じポスターを見せられて、コスパどれぐらいなんだろうか?
元を取り戻すために今後何回でてくるかチェックしてみようと思いますw

テルヲのくずっぷり

栗子が千代がでていったあとの話をチラッとしていましたが、死んでもなお、くずっぷりが語られるとはさすがテルヲ。
昔、梅宮辰夫が娘の彼氏だった羽賀研二さんのことを「稀代のワル」って読んでいましたが、テルヲは「稀代のクズ」にふさわしいw

その話を酒を飲みながら語っていましたが、酒のアテがめっちゃ気になりました!
あれなんだろう?つけもの?
そんな贅沢な暮らしはしていないようだったので、庶民的なものでしょうが、茶飲みに入れるというところがなんともいとをかしw

珍客

1年後のある日、やってきたのが珍客・花車当郎。
あのテンポで毎回しゃべられたら落ち込んでいた気持ちも本当にどこかいってしまいそうですよね。
ここまで暗い話ばっかでしたので、千代だけでなく私自身も救われた感じがしましたw
明日の二人のやりとりが楽しみでしょうがないw

以上が、朝ドラ「おちょやん」第21週目第103話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第21週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第21週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第21週目のネタバレあらすじ

103話放送のおちょやん第21週「竹井千代と申します」のあらすじは、道頓堀を去った千代が、ラジオドラマに女優として出演するストーリーとなっています

第21週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第21週「竹井千代と申します」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。