おちょやん第106話のネタバレあらすじ!役の名前

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」22週目第106話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第105話「春子の言葉」では、長澤の説得に心揺さぶられ、春子の言葉で決意するストーリーでした。

おちょやんの第106話「役の名前」では、ラジオドラマ「お父さんはお人好し」に出演することを決めた千代が、皆に役の名前で呼び合おうと提案するストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年5月3日(月)放送
第22週サブタイトル『うちの大切な家族だす』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第106話のネタバレあらすじ

ここからは、5月3日に放送された朝ドラ「おちょやん」第106話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん106話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 家族の紹介をする
  • お互いに役の名前で呼び合おうと提案する
  • 道頓堀の面々が千代がラジオドラマに出ることを知る
  • ラジオドラマ放送の日を迎える

読み合わせの日

ラジオドラマ「お父さんはお人好し」に参加することとなった竹井千代(杉咲花)
初めての台本の読み合わせの日、花車当郎(塚地武雅)と千代の挨拶が終わると次は、子供たちの番に。
子供は十二人おり、次々と紹介されるが、まったく覚えられない千代。
そこで、千代は、本当の家族として、お互いに役の名前で呼び合おうと提案すると、皆大賛成した。
そんな中、長女・京子だけは余裕のない表情でずっと台本に目を通していた。
実は、今回のラジオドラマが成功しなければ、所属する映画会社から首にされてしまうというのだ。

吉報

その頃、道頓堀では、それぞれに千代の情報がもたらされる。
鶴亀新喜劇の団員のもとへやってきた熊田(西川忠志)は、新聞記事を見て、千代のことを伝えていた。
ラジオドラマに出演することを知った天海一平(成田凌)は、もう一度脚本を書きなおしたいと訴える。
須賀廼家天晴(渋谷天笑)がこのままでも十分面白いというが、何十年もお客さんが笑ってくれる芝居にしたいのだが答え、その夜から脚本を手直ししていく。
一方、岡福でもみつえたちが、大喜びしていた。
富川みつえ(東野絢香)はすぐに会いにいこうとするが、岡田シズ(篠原涼子)は会いたくなったら会いに来てくれると話し、待つことにした。

ラジオドラマ放送の日

ついに、ラジオドラマ放送の日がやって来た。
本番前で皆がピリピリしていて、子役たちが喧嘩を始めてしまう。
そこで、千代が当郎とともに和ませ、皆の緊張をほぐした。
しかし、京子だけは深刻そうな顔をしており、そんな京子に千代が声を掛ける。
千代は京子の頬に手を当て、女優ならきれいにして笑おうと励まし、野田香子(岩崎ひろみ)は礼を口にする。
こうして、本番を迎える千代たちだった。

ここまでが、5月3日に放送された朝ドラ「おちょやん」第106話のあらすじのネタバレです。

おちょやん第107話のあらすじを知りたい方は、第107話『台詞を飛ばす』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第106話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第106話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

子沢山家族

先週は、お父さんとお母さんまでの紹介で終わり、子供たちをどう紹介するのかちょっと気になっていましたが、「よろしくお願いします」だけでした。
まぁ~人数も多いわけだからしょうがないよねと思いきや、まさかの読み合わせで名前の由来を全部紹介するとは!!!
東海道線の駅が由来って、結構グレる案件ですよw
そこにおもしろさがあるわけですが、こんな大家族っていまでこそそうそうないけど、昔は結構普通だったのかもしれませんね。
知り合いの家族は、兄弟8人で、伯父伯母たちも8人で、孫が数え切れないくらいの人数がいたと話していました。
それだけ兄弟がいれば年齢差もかなり空いていて、甥っ子なのに、年上だったりと不思議な現象がw
今は、教育費や価値観が変わって、大家族はテレビ番組でみるぐらいになってしまいますが、家族が多いとなんだかほっこりしますよね。

早速見つかる

千代が復活したことは、ラジオドラマで知るパターンかと思っていましたが、早速見つかっていましたw
それにしても熊田さん、見つけるのはやすぎでしょ!
まぁ、全国区の花車当郎の名前があれば、ちょっとは目にすると思いますが、その横の「竹井千代」の文字を見たときはさぞビックリしたことでしょうw
それに比べて、一平はいまだにスランプ状態のご様子。
正直、そのまま落ちぶれろ!とも思いますが、きっと最後は千代が助けて乗り切るとかそんなことになるんじゃないのかなと思いました。

ピリピリ

ついに生放送を迎えた日。
楽屋ではちょっとピリピリしていましたが、千代が見事和ませました。
ああいうところは、千代の得意とするところで、みんな緊張がほぐれた感じでしたね。
正直、役者の年齢でいえば、お母ちゃんが年下なんじゃない?って思うところがありますが、それは心の中にとどめときますw

以上が、朝ドラ「おちょやん」第22週目第106話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第22週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第22週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第22週目のネタバレあらすじ

106話放送のおちょやん第22週「うちの大切な家族だす」のあらすじは、ストーリーとなっています

第22週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第22週「うちの大切な家族だす」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。