おちょやん第112話のネタバレあらすじ!おかえり 

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」23週目第112話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第111話「熊田の願い」では、熊田が、千代に一日だけ鶴亀新喜劇の舞台に立ってほしいとお願いするストーリーでした。

おちょやんの第112話「おかえり」では、千代が春子を連れて岡福に戻ってくるストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年5月11日(火)放送
第23週サブタイトル『今日もええ天気や』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第112話のネタバレあらすじ

ここからは、5月11日に放送された朝ドラ「おちょやん」第112話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん112話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 春子が千代を心配して葛湯を作ってくれた
  • 春子の思いに心を動かされた千代は、道頓堀に戻る決意をする
  • 道頓堀に戻り岡福の人たちと再会する
  • 春子が看護婦になりたいと話す

熊田からのお願い事で、道頓堀でのことを思い出す竹井千代(杉咲花)
浮かない表情の中、ラジオドラマの本番になるが、ボーっとしていた千代は、自分の番を忘れてしまった。
その夜、家に戻ると竹井春子(毎田暖乃)が千代のために葛湯を作っていた。
春子は、お母さんが元気がないときに作ってくれた魔法の薬だと話す。
春子の優しさと思いに心を動かされた千代は、道頓堀に戻ることに決めた。
翌日、久しぶりに道頓堀に戻ってきた千代。
岡福の前で立ち止まると、ちょうど店の開店準備をしていた富川みつえ(東野絢香)が千代に気づく。
みつえは「おかえり」と笑顔で言葉を口にし、千代はかけより抱き合い「ただいま」と答えた。
千代が戻ってきたことで喜ぶ岡田シズ(篠原涼子)や宗助。
するとそこへ、須賀廼家天晴(渋谷天笑)がやってきて驚く。
シズは春子に将来は何になりたいか尋ねると、「看護婦」と答えるが、勉強ができないからと半ば諦めたように答えた。
それを聞いていた千代は、何かを感じていた。
その日の夕方、天晴が一平にばれないように鶴亀新喜劇の座員たちを連れて、「岡福」へ向かう。
松島寛治(前田旺志郎)も行こうとするが、黙っていることはできず、一平に千代が道頓堀に帰ってきたことを伝える。
寛治が岡福に向かうとすでに、大盛り上がり。
たくさんの人に囲まれた春子は、おじいちゃんやおばあちゃん、お兄ちゃんまでできてラジオドラマみたいだと大喜び。
それを見ていた千代もまた、二人だけではないと改めて感じていた。

ここまでが、5月11日に放送された朝ドラ「おちょやん」第112話のあらすじのネタバレです。

おちょやん第113話のあらすじを知りたい方は、第113話『一平と再会』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第112話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第112話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

喜劇!?

熊田さんにも千代が出演したらどうするという話をしていましたが、万に一つもないという一平。
そして、もしも本当に出演したら「喜劇や」っていってたけど、笑い話ちゃうで!!!
こうなったのは全部自分のせいでしょうが!
本当に千代が戻ったら、喜劇として笑かすのか見ものですが、ニヒルな笑みが余計癇に障るw

1ダース

今日でついに「お父さんはお人好し」のタイトルには必ず「1ダース」がつくことが判明!!
今日でタイトルが判明したのは3つですが、3つとも必ず「1ダース」がついていました。
これはもう確定でいいですよね?
毎回「1ダース」がつくとタイトル考えるのも大変そうですが、今週で終わりなのでそれがわかってよかったですw

魔法の薬

千代が帰ってくると、昔お母さんに作ってももらった魔法の薬を準備していた春子。
昨日の感じから、ちょっと二人が言い合いするのかなと思っていましたが、なんともほっこりするようなお話。
しかし、たいして時間経ってないのに、あんなに固まる!?
ちょっとあれはやりすぎじゃないのかなと思いましたw

岡福

そして、ついに道頓堀に戻ってきた千代。
岡福でみつえとの再会のシーンは本当に泣けましたよね。
一度入ってからのびっくりぽん。
二度見した感じはなかったですが、何か視線に入ったんですかね。
あの二人の「おかえり」「ただいま」は、いつも涙涙です!

看護婦

今日はもうひとつわかったことがありました。
それは春子が看護婦になりたいという夢をもっていたこと。
本当のお母さんも看護婦だったので、その影響が多いんだと思いますが、勉強できないことで最初からあきらめモード。
おそらく、千代ががんばれと励ますシーンがあると思いますが、春子の看護婦姿が見れないのが心残り!
あと3話なので、そういった先の話流さないですよね?
最後の最後で期待を裏切るように流してほしいなぁ~~~
以上が、朝ドラ「おちょやん」第23週目第112話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第23週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第23週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第23週目のネタバレあらすじ

112話放送のおちょやん第23週「今日もええ天気や」のあらすじは、熊田の願いで、千代が一日だけ鶴亀新喜劇の舞台に立つストーリーとなっています

第23週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第23週「今日もええ天気や」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。