おちょやん第113話のネタバレあらすじ!一平と再会

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」23週目第113話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第112話「おかえり」では、千代が春子を連れて岡福に戻ってくるストーリーでした。

おちょやんの第113話「一平と再会」では、千代が一平と再会し、鶴亀新喜劇にでることを伝えるストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年5月12日(水)放送
第23週サブタイトル『今日もええ天気や』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第113話のネタバレあらすじ

ここからは、5月12日に放送された朝ドラ「おちょやん」第113話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん113話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 春子と看護婦になる夢の話をする
  • 台本に目を通す
  • どこかへ電話をかけ、でかける
  • 一平と灯子と再会する
  • 鶴亀新喜劇の舞台に立つことを伝える

宴も終わり、皆を見送る竹井千代(杉咲花)
部屋に戻ると、春子と看護婦になる夢の話をした。
しかし、勉強が苦手な竹井春子(毎田暖乃)は、無理な夢は最初から諦めたほうがいいという。
その言葉に気にかかる千代だった。
その夜、熊田(西川忠志)から手渡された台本に目を通す。
翌朝、今日帰ることをシズたちに告げ、夕方まで春子を預かってほしいとお願いした。
そして、どこかに電話をかけると、どこかへ向かう。
待ち合わせをしていた相手は一平で、一平の家にいき、灯子とも再会する。
一平と灯子は、千代に頭を下げて深々と謝罪した。
千代は一間置いて大丈夫とつぶやくと、二人に会うのが怖かったことと打ち明ける。
そして、道頓堀が好きだといい、鶴亀新喜劇の舞台に立つことを伝えた。
天海一平(成田凌)は、一度だけの舞台でも手は抜けないと口にし、千代もまた覚悟していますと答えた。
すると眠っていた二人の子供が泣き出し、灯子があやしにいく。
千代は、子供をあやす灯子を見て、自分も負けてられないと笑顔を見せた。

ここまでが、5月12日に放送された朝ドラ「おちょやん」第113話のあらすじのネタバレです。

おちょやん第114話のあらすじを知りたい方は、第114話『芝居をしたい』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第113話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第113話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

三人

今度こそみつえと三人でお買い物いこうといって分かれた香里さん。
いつもまにか「みつえ」って名前で呼んでいましたが、そんな親密な中だったんですか?
みつえちゃん、香里と3人でお買い物の約束がまだ有効だったことにちょっとうるうる。

超える!

そして、満州でかなり評価を落とした寛治でしたが、ここにきてまた株をあげてきたか!?
いつか一平を超えてみせる!!!
あの表情はよかったですよね~
千代が出て行ってから、二人の家だったところで一人暮らし。
おそらく寛治が一人でも大丈夫とかいって、そこに暮らしていたのかもしれませんが、正直寛治一人置いてでていくのはちょっとって感じでしたよね。
そこまで子供じゃなかったにせよ、痛みがわかるから絶対に裏切らないとかいって、一緒に住むことになったのに、いつの間にかその二人が家からでていくって、、、、
寛治からしたらあの言葉どうだったんだ!?って話ですけど、そこはもう大人の寛治君なので、理解したということでしょう。

写真軍団

今日はキャストにやたらと(写真)が多い日でしたね。
そこにはなんと懐かしい人ばかり。
きっと集合写真だと思っていたらかなり昔の写真でしたね。
しかも、ハナさんの姿まで見れるなんて、いよいよ最終回が近づいてきたか~ってしみじみと感じました。

再会

久しぶりに再会した千代と一平!
しかも次のシーン、一平の家でしたが、あれは千代が連れて行けっていったのかな?
灯子が深々と頭を下げていましたが、相当長かったですね。
いつまで頭下げ続けるのか、そこが気になってしょうがないシーンでした。
あと子供が泣くシーン。
音だけつなげたシーンかと思いきや、本当に子供ないてるじゃないですか!!
あれきっと、お母さんから離れ離れになると泣く子供を連れてきたのかな?
もしも意図的に泣く子役さんだったらまさに天才ですが、ちょっとかわいそうでした、、、

以上が、朝ドラ「おちょやん」第23週目第113話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第23週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第23週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第23週目のネタバレあらすじ

113話放送のおちょやん第23週「今日もええ天気や」のあらすじは、熊田の願いで、千代が一日だけ鶴亀新喜劇の舞台に立つストーリーとなっています

第23週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第23週「今日もええ天気や」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。