おちょやん第16話のネタバレあらすじ!テルヲ現る!

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」4週目第16話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第15話「後悔なし!」では、お茶子たちの協力で、シズが延四郎に会いに行くストーリーでした。

おちょやんの第16話「テルヲ現る!」では、岡安にテルヲがやってきて、一緒に暮らそうと持ちかけるストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2020年12月21日(月)放送
第4週サブタイトル『どこにも行きとうない』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第16話のネタバレあらすじ

ここからは、12月21日に放送された朝ドラ「おちょやん」第16話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん16話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • テルヲが突然岡安にやってきた
  • 一緒に暮らそうと言い出すが、冷たく追い払う
  • 天海一座が久しぶりに道頓堀にやってきた
  • 一平が芸子遊びに行こうとするのを引き留める
  • またテルヲがやってきた

テルヲ

年季明けした千代が、今後も岡安で働きたいと話した矢先、突然竹井テルヲ(トータス松本)が現れた。

夜逃げしたと聞いて以来、消息が分からなかった父に凍りつく。

テルヲは、借金が片づいたから竹井ヨシヲ(荒田陽向)と親子三人で暮らそうと言い出す。

そして、テルヲが昔のことを恨んでいるのか聞くと、千代は恨んでいると答え、冷たく追い払った。

天海一座

その頃、天海天海一座が久しぶりに道頓堀に戻ってきていつものように岡安に厄介になる。

その夜に芸子遊びに行こうとする天海一平(成田凌)

しかし、抜け出そうとすると、岡田シズ(篠原涼子)の言いつけで見張っとくよう言われた千代が待っていた。

芸子遊びを引きとめようとすると、父親が迎えに来たという話を聞いたという一平。

竹井千代(杉咲花)は、悔しいけど一緒に暮らそう言われたことがうれしかったと話す。

すると、父親に会えるのはあの世にいく時で、それまで悔いが残らないようやりたいことをやりたいと言って、出て行ってしまった。

水月

行きつけの水月で芸子たちの仲良く飲んでいる一平。

すると、後ろの席から娘を身売りさせ借金を返すという話が聞こえてきた。

その話をしていたのはなんとテルヲで身売りさせる娘とは千代のことだったのだ。

千代という名前に一平は、何かを感じ取る。

翌日

その翌日、いつものよう千代が仕事をしていると、テルヲが声をかけてきた。

ここまでが、12月21日に放送された朝ドラ「おちょやん」第16話のあらすじのネタバレです。

娘を身売りさせるためにやってきたようですが、それがバレるんですよね、、、

おちょやん第17話のあらすじを知りたい方は、第17話『千代を身売り』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第16話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第16話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

クズ男

テルヲがクズすぎる!

トータス松本さんは大好きなのに、トータス松本さんが演じるテルヲがクズ男すぎて、ちょっと嫌いになっちゃいそう、、、

おそらく同じことを思っている人はいるでしょうが、この役のせいでファンが減らなければいいなとちょっと心配。

トータス松本さんもこんな役演じられるのかと心を少し痛めるような発言をしていましたが、また演技はクズ男にぴったりなのがさすがというところなんですよね、、、

栗子にも逃げられたのは致し方ないことですが、ヨシヲが心配ですよね。

二人になったということは、相当こき使われているか、または超グレているかのどっちかですよね。

千代が18ということは、ヨシヲは今で言えば中学生か高校生でしょ。

結構力もついているので、父ちゃんと戦ったら勝てる年頃です。

そういう意味では、テルヲの言うことも聞かないで、超グレている可能性もありますよねw

どちらにしても父親はどうでもいいですが、ヨシヲが心配です。

遊び人

その一方で一平が遊び人になって返ってきました。

天海天海がいたときの人気は無くなっているようで、すっかり須賀廼家万太郎一座と差がついたような印象でしたね。

そりゃそうですよ。

芸の道は厳しいもの!(知らんけど)

あんな遊び人がいるような一座なんて高が知れています!

それでもがんばってほしいと思うのは、小さい頃の一平を知っているからですが、どうも子供時代を見てしまうと親心がちょっと芽生えてしまうんですよねw

ハマが激をとばしましたが、どちらかといえばハマと同じような心境。

父親がある意味偉大すぎて子が挫折するようなストーリーはこれまで何度も見てきましたが、ちょっと遊び人の一平は違うんですよね。

なんというかがんばりが見えてこない?

まだ青年になって1話しかでていないので、これからですが、今日の印象としてはそんなところです。

以上が、朝ドラ「おちょやん」第4週目第16話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第4週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第4週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第4週目のネタバレあらすじ

16話放送のおちょやん第4週「どこにも行きとうない」のあらすじは、突然やってきたテルヲから千代を守るために道頓堀の人たちが千代を逃がすストーリーとなっています

第4週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第4週「どこにも行きとうない」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。