おちょやん第34話のネタバレあらすじ!逃亡

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」7週目第34話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第33話「恋人役」では、芝居のひどさに監督から今すぐ恋をしろと忠告された千代が、小暮に恋人役をお願いするストーリーでした。

おちょやんの第34話「逃亡」では、百合子が相手役の小竹と駆け落ちして、撮影所から逃亡するストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年1月21日(木)放送
第7週サブタイトル『好きになれてよかった』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第34話のネタバレあらすじ

ここからは、1月21日に放送された朝ドラ「おちょやん」第34話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん34話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 千代が小暮に恋心をいただく
  • 一平の近況を知らされる
  • 百合子とばったり遭遇する
  • いい役に付けるよう所長に頼んであげると約束する
  • 百合子が相手役の男性と駆け落ちする
  • 小暮が百合子のことを本気で好きだったことを知る
  • 新キャストで撮り直しが決定する
  • 千代が若い妻役に大抜擢される

一平の近況

小暮のことが好きになった竹井千代(杉咲花)

翌朝、撮影所で小暮真治(若葉竜也)に話しかけられるが、同様を隠せず、普段通りに話すことができない。

しかし彼の口から思いがけない言葉が、飛び出した。

それは天海一平(中須翔真)の近況だったのだ。

天海一座の人気は、須賀廼家千之助(星田英利)がいなくなってからがた落ちで、一座は解散。

一平は、大山の命令で、鶴亀撮影所で脚本の勉強にやってきていたのだ。

そのころ一平は、脚本になじめず、創作に行き詰まり悩んでいた。

遭遇

一方、映画「太陽の女・カルメン」の主演女優をつとめていた高城百合子(井川遥)が監督と衝突して撮影所を抜け出す。

逃げている途中に、千代に助けられるが誰だか覚えていない様子の百合子。

岡安で助けてもらったことを思い出した百合子は、千代がいい役に付けるよう所長に頼んであげると約束した。

駆け落ち

それから数日のこと。

撮影所ではパニックになっていた。

なんと百合子が、相手役の男性と駆け落ちしたというのだ。

それを知った小暮はひどく落ち込む。

彼に声をかけようとするが助監督に止められ、小暮が百合子のことを好きだったことを聞かされる。

撮り直し

百合子失踪事件で、大混乱になった撮影所では、新キャストで「太陽の女・カルメン」の撮り直しが決まった。

主演はミカ本田で、ミカがやっていた若い妻役を千代が演じることになった。

実は、百合子が、監督に千代のことを売り込んでおいてくれていたのだ。

まさに、それは百合子の置き土産だった。

 

ここまでが、1月21日に放送された朝ドラ「おちょやん」第34話のあらすじのネタバレです。

置き土産をもらいましたが、そのおかげで3年続くんですよね、、、

ちょやん第35話のあらすじを知りたい方は、第35話『将来の夢』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第34話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第34話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さよなら

妥協知らずの映画監督と「さよなら」を連発する女優。

いつまで引っ張るんですか?

今日で三日連続ですよw

毎朝恒例の「違う」と「さよなら」に見飽きた感が半端ない!

もしかしてこれなにかのフラグでしょうか?

「さよなら、さよなら、さよなら」

まさかサヨナラおじさんこと淀川長治さんとつなげようという気ではないでしょうねw

一番ありそうなのは、蒸発することと思いきや、百合子逃亡!!!

見事に三回目にして伏線回収してしまいましたw

しかも、今回が2回目の逃亡なので、二度あることは三度あるで、あと1回逃亡ストーリーがあるかもしれません。

と思ってたら、その日のうちに三回目の逃亡!!!!!

今日展開早すぎない!?

解散

いつのまにか天海一座解散していました!

しかも脚本の勉強ってw

芝居やめて脚本家になるつもりですか?

そもそも小さい頃、芝居にあまり興味がないような感じでしたからね。

脚本を勉強中というのは、後々の伏線になるとは思いますが、相変わらずにやる気のなさ感を出すのかと思いきや、悩んでいるご様子。

この苦労が報われるときはいつ来るのやら、、、

あと、結局ほっしゃんさんはどこにいってしまったんだろう?

思い出した!

千代と遭遇してやっと思い出した百合子さん。

レイチェルから千代ちゃんに格上げされましたねw

一回レイチェルを挟むところが、天然ボケ感ありありで、しかもほぼ言ったことを覚えていないという有様、、、

ただ、使えるものは使えというのは、正しいアドバイス!

私たちは自由なのよ!ってなんだか同時放送されている朝ドラ「澪つくし」の律子みたいな事をいいますよね。

失恋フラグ

昨日恋はじめたばっかりの千代でしたが、すでに今日、失恋フラグたちました!

あれは絶対小暮さん百合子に恋していますよね。

そして、こちらも今日のうちに失恋フラグ回収。

話盛り込みすぎw

以上が、朝ドラ「おちょやん」第7週目第34話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第7週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第7週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第7週目のネタバレあらすじ

34話放送のおちょやん第7週「好きになれてよかった」のあらすじは、千鳥の紹介でやってきた「鶴亀撮影所」で、出番をもらうために悪戦苦闘するストーリーとなっています

第7週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第7週「好きになれてよかった」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。