おちょやん第53話のネタバレあらすじ!台本の書き直し

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」11週目第53話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第52話「大芝居」では、みつえと福助の仲を認めさせようと千代たちが大芝居を仕掛けるストーリーでした。

おちょやんの第53話「台本の書き直し」では、次回公演予定の一平が書いた台本を千之助が大幅に書き直ししてしまうストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年2月17日(水)放送
第11週サブタイトル『親は子の幸せを願うもんやろ?』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第53話のネタバレあらすじ

ここからは、2月17日に放送された朝ドラ「おちょやん」第53話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん53話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • シズから別れろと言われるみつえ
  • 菊から別れろと言われる福助
  • 一平の書いた台本を千之助が大幅に書き直す
  • 岡安に久しぶりの大口新規客が来る
  • 菊の紹介だと知り、菊に余計なことをするなと文句をいう
  • 二人は更に犬猿の仲になった
  • ハナが自分のせいだとみつえに話す
  • いつでも味方だと伝える

別れろ

事情を知った岡田シズ(篠原涼子)

岡田みつえ(東野絢香)ががが富川福助(井上拓哉)と結婚したいとお願いするが、嫁にいったらどうせ菊にいじめられるだけだと、認めようとしない。

それどころか、早く別れるよう伝えたのだ。

一方、福富でも噂で知った富川菊(いしのようこ)が、福助に別れるよう伝えていた。

台本

そんな中、鶴亀家族劇でも問題が発生。

天海一平(成田凌)が書いた台本「母に捧ぐる記」の話を、須賀廼家千之助(星田英利)が大幅に書き直したのだ。

納得のいかない一平だったが、やらないなら辞めるの脅し文句に何もいえなかった。

大口客

翌日、岡安に久しぶりの大口客の新規依頼があり、活気を取り戻す。

客が帰る際に立ち話をしていると、昔福富を贔屓にしていて、菊から岡安を勧められたことを知る。

それを知ったシズは、福富へ向かい、菊に面と向かって、余計なことはするな!と言い放つ。

それを聞いた菊も激怒し、今後顔を一切見たくない!と怒りを露にする。

先代からの因縁

余計仲が悪くなって落ち込むみつえ。

そこへ岡田ハナ(宮田圭子)がやってきて、二人の仲が悪いのは自分のせいだと口にする。

ハナは先代の女将と犬猿の仲で、それを二人が見てきたからだと説明した。

そして、ハナは、みつえの味方だと伝えた。

ここまでが、2月17日に放送された朝ドラ「おちょやん」第53話のあらすじのネタバレです。

仲が更に悪化しましたが、二人は駆け落ちするんですよね、、、

おちょやん第54話のあらすじを知りたい方は、第54話『駆け落ち』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第53話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第53話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

みつえの為ではない!

色恋沙汰で親子で揉めるときのあるある。

それは、親が口にする「○○の為」

今回は、みつえの為に別れろ!ってシズが言っていましたが、みつえも面と向かって訴えたように、みつえの為じゃないですよね。

完全に自分のためだということはミエミエですが、険悪なムードになっていきそうな予感です。

NHKが狙っていたのかは分かりませんが、今のみつえと福助はまさにロミオとジュリエット。

ロミオとジュリエットといえば、まさに今再放送されている朝ドラ「澪つくし」

結ばれない運命のかをると惣吉でしたが、あの時は、父・久兵衛が勘当することで、かをるを自由にさせ、二人は夫婦となりました。

つまり久兵衛が妥協したことになりますが、今回はシズが妥協するのでしょうか?

それとも二人は結ばれないまま終わるのでしょうか?

結ばれないという選択肢は今までの中でないので、どこかで落としどころを見つけるはずです。

さてさて、それはどこかは明日に期待ですね!

はい、言っちゃった

そんな中、もう一方の福助もまた反対されましたが、まさかの「はい」宣言!

「はい」じゃないよーーーー福助!!!

あんたがしっかりしないと本当にみつえと結婚できなくなるぞ!?

黒衣さんにも根性なし!って言われるし、、、

それと、福富の菊も「この子のため」と自分達のためなのに言ってましたねー

ただ、旦さんだけはどちらかといえば賛成派のようにみ見えて、岡安も福富も夫婦構成一緒なんだなと改めて感じましたw

先代からの因縁

二人の仲が悪いのは、先代からの因縁だということが分かりました。

それはおばあちゃんが悪いと思いつつも、孫を思いやる気持ちは伝わってきましたよ。

みつえも両家の親に振り回されてかわいそうですが、味方だといってくれるおばあちゃんに救われたんでしょうね。

ただ、その横でそれを見ていた千代は、親の愛情というものをほとんど受けていません。

母親との思い出はありますが、羨ましかったんじゃないかと思います。

以上が、朝ドラ「おちょやん」第11週目第53話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第11週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第11週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第11週目のネタバレあらすじ

53話放送のおちょやん第11週「親は子の幸せを願うもんやろ?」のあらすじは、相思相愛のみつえと福助の結婚を許してもらうため、千代たちが悪戦苦闘するストーリーとなっています

第11週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第11週「親は子の幸せを願うもんやろ?」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。