おちょやん第62話のネタバレあらすじ!襲名お断り!

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」13週目第62話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第61話「一人暮らし」では、突然一人暮らしをはじめた一平へのお使いを頼まれ、千代が新居を訪れるストーリーでした。

おちょやんの第62話「襲名お断り!」では、大山社長から二代目天海天海を襲名するよう言われるが、それを一平が断るストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年3月2日(火)放送
第13週サブタイトル『一人やあれへん』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第62話のネタバレあらすじ

ここからは、3月2日に放送された朝ドラ「おちょやん」第62話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん62話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 大山社長から二代目天海天海を襲名するよう言われる
  • 一平は二代目襲名を断る
  • みつえが夫婦喧嘩の愚痴をシズにする
  • その様子をみていた千代があることを思いつく
  • 一平を連れて京都へ向かう
  • 一平の母親を探す
  • キネマで情報収集をする

襲名

大山から二代目天海天海を襲名するよう言われる天海一平(成田凌)

しかし、一平はその申し出を受け入れずに、周囲の期待をよそに断ってしまったのだ。

しかし、大山鶴蔵(中村鴈治郎)も引くことはなく、襲名は社命だと伝えその場を去った。

団員たちは、考え直すよう一平にいうが、聞く耳を持たない。

このままでは、鶴亀家庭劇の存続すらも危ぶまれ、団員たちは不安になる。

夫婦喧嘩

そんな中、岡安では、実家に戻ってきた富川みつえ(東野絢香)が福助との夫婦ゲンカの愚痴をシズに話していた。

岡田シズ(篠原涼子)はその愚痴を聞いて叱る。

そんな母娘のやり取りを見ていた竹井千代(杉咲花)は一平の心変わりさせる方法を思いつく。

千代は、千之助のもとを訪れ、一平の母親の居場所を教えて欲しいとお願いする。

須賀廼家千之助(星田英利)はそれを拒否するが、一平が納得する形で襲名させてあげたいと訴えると、居場所を教えてくれた。

京都

千代は一平を連れて京都へ向かっていた。

一平の母親から襲名を説得してもらえれば、一平もきっと納得して二代目天海天海を襲名してくれると思ったからだ。

しかし、何年も会っていない母親を探すのは想像以上に困難で、すぐに壁にぶちあたる。

そこで、千代はカフェー「キネマ」の情報網を頼りに、僅かな望みをかける。

ここまでが、3月2日に放送された朝ドラ「おちょやん」第62話のあらすじのネタバレです。

頼みの綱でキネマにやってきましたが、有力な情報を手に入れるんですよね、、、

おちょやん第63話のあらすじを知りたい方は、第63話『母親の手がかり』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第62話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第62話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さすが大山

一平が襲名を拒否しましたが、新聞発表は3日後で、まったく引く様子を見せない大山社長。

商売的には絶対に金儲けができる襲名興行はやって欲しいところなので、まったく相容れない感じでしたね。

さすがゴリ押しの大山社長!!!

夢といってましたが、大山社長は鶴亀家庭劇をいかにして効率よく売り出し儲けるかしか考えていないような気がしますよね。

そもそもヨシヲの放火事件の一件も相手と話がついたってことになっていましたが、どうついたんでしょう?

相手が何の得もないまま止めるとは思えないんですが、、、

おそらく、脅しがお金のどちらかで解決したんじゃないかと思います。

脅しは相手よりも巨大なヤクザを雇って、手をだしたらお前ら潰すと脅したか、金をやるからそれで引けといわれて、話がついたかです。

どちらにしても堅気の人間がやることじゃないので、大山社長もそっちの人間っていうことですよね。

千代の暴走

また始まりました千代の暴走。

母親と息子が会ったからといって嬉しいとは限らないですよ。

現に千代も父親のテルヲと会っても嬉しそうじゃなかったでしょ?

本当にこの子は、鈍感というか、人の気持ちがわからないやつですよね。

ヨシヲのときも金で解決しようとしていた時点で、まったくヨシヲのこと分かっていない、これまでやることなすこと全てが裏目にでるというお粗末さ。

おせっかいは朝ドラ「おちょやん」恒例の行事ですが、必ず失敗するというジンクスがあるので、ジンクスを破ることができるのか見ものですw

京都!

久しぶりの京都!

大阪、京都は隣同士なので近いですが、久しぶりの朝ドラ「エール」のような瞬間移動を体験しました。

朝ドラ「エール」では、頻繁に豊橋と東京をほいほいと行き来していて、まったく移動シーンがありませんでした。

そのせいか、簡単にいけるもんだと錯覚したほどですw

京都編の最初の頃は、大阪と京都が遠い存在のように感じていましたが、今回はめっちゃ近っ!って思いましたよ。

以上が、朝ドラ「おちょやん」第13週目第62話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第13週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第13週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第13週目のネタバレあらすじ

62話放送のおちょやん第13週「一人やあれへん」のあらすじは、一平が二代目天海天海を襲名し、千代と結婚するストーリーとなっています

第13週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第13週「一人やあれへん」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。