おちょやん第63話のネタバレあらすじ!母親の手がかり

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」13週目第63話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第62話「襲名お断り!」では、大山社長から二代目天海天海を襲名するよう言われるが、それを一平が断るストーリーでした。

おちょやんの第63話「母親の手がかり」では、一平の母親から襲名を説得してもらうために、一平の母親を探すストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年3月3日(水)放送
第13週サブタイトル『一人やあれへん』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第63話のネタバレあらすじ

ここからは、3月3日に放送された朝ドラ「おちょやん」第63話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん63話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • キネマで情報収集をする
  • 母・夕の情報を入手する
  • 夕に会いに行く
  • 天海の真実を聞かされ呆然とする

京都

竹井千代(杉咲花)は一平を連れて京都へ向かっていた。

一平の母親から襲名を説得してもらえれば、一平もきっと納得して二代目天海天海を襲名してくれると思ったからだ。

しかし、何年も会っていない母親を探すのは想像以上に困難で、すぐに壁にぶちあたる。

キネマ

そこで、千代はカフェー「キネマ」の情報網を頼りに、僅かな望みをかける。

その夜、聞き込みを開始した千代は、ある店の常連客から一平の母・夕の手がかりをつかむ。

真実

ついに一平の母・夕(板谷由夏)に会うことができた千代と一平。

夕は天海一平(成田凌)が役者になったことを知ると、役者なんかになったのかと言い捨てる。

一平は天海を許したことはなく、父親を見返すために役者になったといい、母親を守ってやれなかったことを謝罪した。

しかし、夕から思いもよらないことを告げられる。

実は、夕は家を追い出されたのではなく、男を作って自ら出て行ったのだ。

一平にあんたも実は知っているんだろうと言われると、記憶の片隅に隠していた幼い頃のことを思い出す。

事実を突き付けられた一平と千代は、夕と別れ、道頓堀の帰路につくのだった。

ここまでが、3月3日に放送された朝ドラ「おちょやん」第63話のあらすじのネタバレです。

ついに真実を思い出した一平ですが、吹っ切れたように襲名を承諾するんですよね、、、

おちょやん第64話のあらすじを知りたい方は、第64話『天海襲名を決意』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第63話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第63話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

夕がいっぱい

キネマで一平の母親の情報を探る面々。

そんなこんなで、カフェーキネマの夕さん大捜索が始まりました!

お客さんも相変わらずだけど、いっぱい夕がいるじゃないですかw

夕さん違いは捜索ではあるあるですが、98歳の婆さんは絶対違うでしょ!!

あれは、完全にウケを狙ったヤツですよねw

大捜索といっときながら、聞いていたお客さんはたった3人。

しかもそのうちの1人から見つかるってある意味すごくない!?

あの3人はボケ担当で、他の真面目なお客さんから情報入手すると思ったけどあっけなく見つかりましたね。

こわい

一平のお母ちゃんに会いに行ったシーン。

まだ言葉を発していないシーンで、なんだか怖いイメージをめちゃくちゃ感じました。

あれって役者ならではの気迫みたいなものでしょうか?

顔のイメージと口調が見事に一致して、やっぱりなと思うことありますよね。

あれに似た感じで、やっぱり優しいよりも冷たいという印象が強かったです。

だいたい初対面の相手に「何や」って普通ないですよね。

お客さんかもしれないのに、接客業やっていたらあれは完全アウトです!

そういう展開

直感というのは意外と当たるもので、そういう展開ねってある意味納得しました。

天海さん見ていてもそんな女を捨てるような人じゃないのは感じていた部分で、逆に捨てられたパターンかと思ったときは、納得が先にきました。

母親の仕打ちに笑いこける一平も滑稽で、なんとも救われない話でしたね。

ただなぜ夕があそこで涙を流すのかがちょっと分からないところ。

あの感じから言えば、わざと強く当たって追い出したような感じに見えましたが、夕サイドの話がもう少しあるのかもしれませんね。

そして鍵となるのが、天海と夕を知っている千之助!

明日、千之助の口から語られるのか乞うご期待!

以上が、朝ドラ「おちょやん」第13週目第63話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第13週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第13週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第13週目のネタバレあらすじ

63話放送のおちょやん第13週「一人やあれへん」のあらすじは、一平が二代目天海天海を襲名し、千代と結婚するストーリーとなっています

第13週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第13週「一人やあれへん」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。