おちょやん第79話のネタバレあらすじ!準備金

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」16週目第79話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第78話「突然の訪問」では、百合子と小暮が突然、天海家にやってくるストーリーでした。

おちょやんの第79話「準備金」では、鶴亀家庭劇の準備金が無くなって騒動になるストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年3月25日(木)放送
第16週サブタイトル『お母ちゃんて呼んでみ』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第79話のネタバレあらすじ

ここからは、3月25日に放送された朝ドラ「おちょやん」第79話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん79話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 千代が嘘をつき難を逃れる
  • 小暮と百合子は天海家を後にする
  • 鶴亀家庭劇の準備金が無くなる
  • 寛治がとったことが発覚する
  • 幼少期の話をし、警察に突き出せと訴える
  • 大山社長のところへいき謝罪をさせる
  • 謝罪をしない寛治の代わりに千代が謝罪する

特高が押入れを空けると、そこに入っていたのは、松島寛治(前田旺志郎)だった。

天海千代(杉咲花)は、寛治は自分の隠し子で、陸軍の偉い方の子だと告白し、見逃して欲しいと訴えた。

その後、小暮真治(若葉竜也)高城百合子(井川遥)が見つからなかったため特高は、渋々と帰っていく。

別れ

その翌朝、小暮と百合子は天海家を後にする。

別れ際、百合子は、千代のことをギュッと抱きしめた。

千代は、最後に女優になるきっかけをくれてありがとうと、百合子に礼を伝えた。

準備金

二人が去った、次の日、天海一平(成田凌)が慌しく何かを探していた。

一平の話では芝居の準備金が無くなったという。

一平は、大山に話をしてくるといって出て行き、千代は家中を探す。

すると、一枚の封筒が見つかり喜ぶが、準備金ではなかった。

その様子をみて、寛治がそんな薄っぺらい封筒に300円が入っているわけがないと思わず口にしてしまう。

そのことで、寛治が取ったことがバレるが、千代は責めなかった。

千代の偽善者ぶる姿に、これまでの気持ちが爆発し、苛立ちをぶちまける。

そして、幼少期のことを話し、自分のことを警察に突き出すよう訴えた。

謝罪

すると、千代は大山鶴蔵(中村鴈治郎)社長のところへ連れて行き、謝罪させる。

しかし、寛治は謝罪を拒み、代わりに千代が謝罪した。

そして、人生が楽しいことだと分からせてあげるのも自分たちの義務だというが、その偽善者ぶりを見て、寛治は「やめろ!」といって、その場から去っていった。

ここまでが、3月25日に放送された朝ドラ「おちょやん」第79話のあらすじのネタバレです。

寛治が犯人だと分かりましたが、結局一緒に暮らすことになるんですよね、、、

おちょやん第80話のあらすじを知りたい方は、第80話『身の上話』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第79話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第79話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

予想的中!

押入れの中に隠れていた人物は誰だったのか!?

やっぱり寛治で予想的中しました!!

まぁ、大方の予想通りということだったので、的中率はかなり高そうでしたが、その後どういう展開に持っていくのかドキドキしていたらまさかの隠し子w

しかもお相手は陸軍のお偉いさんという設定!

追い払うために、陸軍のお偉いさんを出すのはまだいいとして、それを信じる特高はおバカですか?

千代の言い方からすると、ウソだって気づくはずです。

「堪忍してください」でとめておけばいいので、「どうしてもいうなら、、、」の件は逆に怪しさがにじみ出ていたので、ウソだと見抜かれてもおかしくなかったシーンです。

あのアドリブ力は、おそらく千之助に鍛えられたおかげですねw

小道具まで運のいいことに用意してあったあたりも天を味方にしていましたし。

隠れていた場所

特高が帰ってなんとか乗り切った小暮と百合子。

しかし、隠れていた場所が寛治の反対側。

てっきり寛治の後ろにまだ隠れるスペースがあると思っていましたが、特高の人が立っていたすぐ横に隠れていたなんて!

一応反対側も確認すれば、一発アウトなのに強運の持ち主だこと。

ただ、二人はこの先ソ連に亡命し、実話では、小暮さんが不遇の最後を遂げるんですよね。

あの見送るシーンは、実話と重なってなんとも悲しいシーンとなりました。

あと百合子の姿がメーテルだってSNS上でも話題になっていました。

これは、世代が分かってしまいますよね。

たしかにメーテルって、思っちゃいましたもんw

年齢がばれる、、、

300円

一難去ってまた一難。

やはり寛治の闇は深かった!

父親に見限られたことでスネてるだけなんですけど、千代からしたら「はぁ?」って感じですよね。

千代さんがどんな生い立ちか知ったら自分の境遇なんて、マシだったと思うはず。

さてさて、明日寛治がどんな顔をするのか楽しみw

以上が、朝ドラ「おちょやん」第16週目第79話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第16週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第16週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第16週目のネタバレあらすじ

79話放送のおちょやん第16週「お母ちゃんて呼んでみ」のあらすじは、千代と一平が松島寛治を預かり、鶴亀家庭劇の一員として舞台に立つストーリーとなっています

第16週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第16週「お母ちゃんて呼んでみ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。