おちょやん第80話のネタバレあらすじ!身の上話

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」16週目第80話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第79話「準備金」では、鶴亀家庭劇の準備金が無くなって騒動になるストーリーでした。

おちょやんの第80話「身の上話」では、寛治の屈折した心をどうにかしたいと千代と一平が身の上話をするストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年3月26日(金)放送
第16週サブタイトル『お母ちゃんて呼んでみ』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第80話のネタバレあらすじ

ここからは、3月26日に放送された朝ドラ「おちょやん」第80話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん80話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 小暮と百合子がソ連への亡命に成功する
  • 寛治に二人の身の上話をする
  • 千代が一緒に暮らそうと提案する
  • 一平が新しい台本を書き上げる
  • 太平洋戦争が始まり、戦争色が強くなる

話し合う

小暮真治(若葉竜也)高城百合子(井川遥)が去った数日のこと。

天海一平(成田凌)が新聞を持って、千代のところに寄ってくる。

その新聞には、小暮と百合子がソ連への亡命に成功したことが書かれたいた。

それを読んだ天海千代(杉咲花)は、一平に話があるといいい、寛治ともう一度話し合うことにした。

身の上話

松島寛治(前田旺志郎)を呼び出し改めて向き合う二人。

千代は自分の身の上話を始める。

話は、幼少時代から始まり、寛治と同じように父親に捨てられたと告白する千代。

そして、一平も母親が男を作ってでていき、いやいや芝居をやっていたことを話す。

そして、家族に恵まれなかったから鶴亀家庭劇を作ったといい、やっと家族ができたと口にする。

一緒に暮らそう

二人の身の上話が終わると、千代は、一緒に暮らそうと話す。

寛治が戸惑いながら拒否すると、千代は絶対に裏切らないといい、その理由に、寛治の痛みが分かるからだと訴えた。

そして、寛治を抱きしめると寛治は涙を流した。

時代

こうして寛治は一緒に暮らすことになった。

一平は。小暮が話していた、必死に働いている人が報われるような芝居をしたいと思い、新しい台本を書き上げた。

その内容は、人生のどん底にある二人が5年後の成功を願うというものだった。

しかし、現実には、戦争色がつまり、ついに昭和16年、太平洋戦争が始まるのだった。

ここまでが、3月26日に放送された朝ドラ「おちょやん」第80話のあらすじのネタバレです。

いよいよ戦争末期に入ってきましたが、あの人に赤札が届くんですよね、、、

おちょやん第81話のあらすじを知りたい方は、第81話『福助のお願い』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第80話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第80話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

亡命成功

ついに小暮と百合子がソ連への亡命に成功しました。

樺太から亡命したというのも実話と同じですので、この先拘束されて、二人が別れ別れになる感じになるんでしょうね。

ただ、この先は今後も描かれないと思うので、実話を知っている人達にとっては、あまりに残酷すぎる、、、

身の上話の前に

身の上話でお涙頂戴でしたが、身の上話の前に、ちょっとつっこみたいところがあります!

昨日のあの流れからいけば、警察に突き出されるとか、どっかいなくなるとかじゃないんですか?

あんなに本心ぶちまけておいて、普通に天海家で過ごしていてそこにびっくりしました。

やめろ!と出て行った寬治くんは、もしかしてあのあの天海家に戻ってすねてたんですか?

家帰ったら寬治がいてビックリしてたんじゃないかと思うんですけど、昨日の続きシーンがなかったので、ちょっと違和感。

これは私だけかと思っていましたが、SNS上でも同じようなことをつぶやいている人達がいて、ちょっと安心した自分がいましたw

身の上話

そして、本題の身の上話!

千代に身の上話を語らせたらどんな不幸な生い立つがある人間でも、「マジで!?」ってなりますよね。

クズみたいなお父ちゃんストーリー聞いて寬治もさぞビックリしたでしょう。

なんせ自分は父親から見限られたと思った程度ですもんね。

千代なんか、見限られどころや売られているんですから、どっちが傍から見たら不幸な人生だと思うかといえば、断然千代さんエピソードです。

そのあとの一平ストーリーも千代ほどじゃないですが、母親が女作ってでていったという話もなかなかの身の上話です。

二人の身の上を改めて、聞くとえげつない身の上話だったと再認識しました。

えげつないの99%は、テルヲに対してですけどねw

以上が、朝ドラ「おちょやん」第16週目第80話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第16週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第16週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第16週目のネタバレあらすじ

80話放送のおちょやん第16週「お母ちゃんて呼んでみ」のあらすじは、千代と一平が松島寛治を預かり、鶴亀家庭劇の一員として舞台に立つストーリーとなっています

第16週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第16週「お母ちゃんて呼んでみ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。