おちょやん第81話のネタバレあらすじ!福助のお願い

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」17週目第81話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第80話「話し合う時間」では、寛治の屈折した心をどうにかしたいと千代と一平が話し合う時間を作るストーリーでした。

おちょやんの第81話「福助のお願い」では、赤紙が届いた福助が天海家にやってきて、みつえと一福のことを頼むとお願いしにくるストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年3月29日(月)放送
第17週サブタイトル『うちの守りたかった家庭劇』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第81話のネタバレあらすじ

ここからは、3月29日に放送された朝ドラ「おちょやん」第81話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん81話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 太平洋戦争が開戦する
  • 客入りが少なく、団員たちはモチベーションを下げていた
  • このまま芝居を続けていいのか一平が悩む
  • 天海家に福助がやってくる
  • 赤紙が来たことを打ち明け、みつえと一福を頼むと頭を下げる
  • シズと宗助にもみつえが伝える
  • シズが菊に岡安を閉めることを伝える

開戦

昭和16年、太平洋戦争が開戦。

初めは大勝利で沸くも、その後の戦況は大きく変わり、道頓堀の賑わいは次第に影を潜めていった。

昭和18年になると、敵国の音楽であるジャズレコードの販売や英語表記が禁止となった。

こうして、福富楽器店の店内も大きく様変わりして、軍歌一色となる。

芝居

一方、鶴亀家庭劇では、相変わらず愛国ものの芝居を続けていた。

お客さんの入りも少なく、千秋楽を迎える。

芝居が終わると、団員たちが、客入りの少なさに嘆き、モチベーションを下げていた。

そんな中、天海一平(成田凌)は、戦況下の日本で芝居を続けていていいのか悩む。

天海家

その翌日、天海家に幼なじみの富川福助(井上拓哉)が訪ねてきた。

福助は羊羹を手土産に持ってきて、何か相談ごとがあるのではないかと天海千代(杉咲花)が詰め寄る。

しばらくすると、赤紙が届いたことを打ち明け、自分がいない間、みつえと一福を頼むと頭を下げた。

岡安

一方、富川みつえ(東野絢香)もシズと岡田宗助(名倉潤)に赤紙が届いたことを話していた。

そして、シズと二人岡安に帰る途中、福富の前で、菊と出会う。

みつえは家の中に入り、岡田シズ(篠原涼子)は菊の横に座った。

そして、シズは岡安を閉めることを伝える。

それを聞いた富川菊(いしのようこ)は、複雑そうな表情を浮かべていた。

ここまでが、3月29日に放送された朝ドラ「おちょやん」第81話のあらすじのネタバレです。

福助に赤紙が届きましたが、壮行会の日に粋な計らいを見せるんですよね、、、

おちょやん第82話のあらすじを知りたい方は、第82話『壮行会当日』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第81話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第81話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

昭和16年

月曜日の朝一、軽快な音楽で太平洋戦争が開戦。

昭和16年は、まさしく戦争時代ですよね。

今週はより一層戦争色が強まる週なので、見るのがしんどくなるな~と思っていたら、1分経たずして太平洋戦争が劣勢に。

そんな中にも笑いを入れてくるのかはちょっと気になるところですが、誰かが今後亡くなるでしょうから、憂鬱です、、、

大日本婦人会

そして、戦争時代突入で、必ずといっていいほど出てくるのが、大日本婦人会!

前回の朝ドラ「エール」でも音がいやいや婦人会に参加していましたが、ヒロインが大日本婦人会のたすきかけてるのって珍しくないですか?

朝ドラあるあるでいえば、ヒロインの敵がまさに大日本婦人会だったはずなのにw

まぁ、役柄で大日本婦人会なんで、本当の参加しているというわけではないですが、ちょっと斬新でした。

芝居できてることすらすごい

芝居の内容が愛国ものばっかりというのもあるかもしれませんが、この時代に芝居ができていることすらすごいですよね。

そして、それを観に来る10人の客もどんな人達なんだろう?

しかも半分は子供だしw

さらに、鶴亀家庭劇のメンバーから一人もまだ招集されていませんでしたが、なんとも悪運の強いメンバーだこと。

万太郎一座の若いもんが一人招集されたということですが、先週、最終回を迎えた朝ドラ「澪つくし」では、入兆の職人たちがどんどん召集されていきましたが、あれが現実だったんじゃないかなと思います。

赤紙

そして、もう一人召集令状が届いたのが、福助。

月曜日から珍しい人物がでてきたかと思えば、やっぱり届いていたのね。

天海家に羊羹を持ってきて、千代から見透かされていましたが、まさかまじめな相談だったとは、思いもよらなかったことでしょう。

そして、みつえの強がるところもちょっと心配です。

あのアホとは言ってましたが、一番心配しているのは、みつえでしょう。

涙涙のお別れが明日か明後日あたりにありそうですが、ハンカチ用意しとかないと、、、

以上が、朝ドラ「おちょやん」第17週目第81話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第17週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第17週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第17週目のネタバレあらすじ

81話放送のおちょやん第17週「うちの守りたかった家庭劇」のあらすじは、戦争が激化し、岡安では芝居茶屋を閉め、鶴亀家庭劇は解散を余儀なくされるストーリーとなっています

第17週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第17週「うちの守りたかった家庭劇」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。