おちょやん第84話のネタバレあらすじ!鶴亀家庭劇の解散

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」17週目第84話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第83話「幕をおろす日」では、芝居茶屋「岡安」が道頓堀60年の歴史に幕をおろすストーリーでした。

おちょやんの第84話「鶴亀家庭劇の解散」では、百久利が出征した矢先に、一平が鶴亀家庭劇の解散を宣言するストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年4月1日(木)放送
第17週サブタイトル『うちの守りたかった家庭劇』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第84話のネタバレあらすじ

ここからは、4月1日に放送された朝ドラ「おちょやん」第84話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん84話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 一平が鶴亀家庭劇を解散すると宣言する
  • 千代が直談判にいくと言い出す
  • なぜ先に相談してくれなかったのかと尋ねる
  • 自分自身も諦めきれなくなると答えた
  • 岡安に解散したことを報告する
  • シズがいつか岡安を再建したいと思っていることを知る
  • 芝居を続けると宣言する

解散

鶴亀家庭劇を解散すると宣言した天海一平(成田凌)

天海千代(杉咲花)がどういうことかと聞くと、大山社長に見限られたことを話す。

鶴亀も戦争が続き苦境を強いられており、採算がとれない鶴亀家庭劇の解散を決めたのだ。

納得がいかない千代が直談判にいくというが、それでうまくいけば苦労はしないといわれる始末。

座員たちにもこのままでいいわけがないと問いかけるも、それぞれ事情を抱えており、皆が潮時だと悟っていた。

天海家

家に戻ると、千代は、なぜ相談してくれなかったのかと一平に尋ねる。

一平は、もし先に言えば、さっきのように直談判にいき、自分自身もあきらめ切れなくなると答えた。

岡安

後日、千代は岡安のシズに、家庭劇が解散したことを告げる。

岡田シズ(篠原涼子)は経営者の立場から一概に否定はできないと口にした。

しかし、シズがいつの日か岡安を再建したいと考えていることを知る。

続けたい

家に戻ると、一平が今後のことについて話し合いたいと向かう会う。

千代は、家庭劇を続けると訴えるが、一平は生きるか死ぬかの時代に芝居どころではないとそれを断った。

しかし、あきらめきれない千代は、一人でも芝居を続けると話すと、一平は勝手にしろと出て行った。

ここまでが、4月1日に放送された朝ドラ「おちょやん」第84話のあらすじのネタバレです。

諦めきれい千代ですが、最後まで押し通すんですよね、、、

おちょやん第85話のあらすじを知りたい方は、第85話『一平に宣言』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第84話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第84話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

家庭劇解散

ついに鶴亀家庭劇が解散してしまいました。

休演や休止ではなく、完全な解散なんですね。

社長も国民服を着ていたので、劇団どころではないと見受けられますが、ばっさりと切りましたね。

今日が4月1日ということもあって、エイプリルフールジョークなんじゃないのか?とSNS上でもあがっていましたが、そんなジョークいうような人じゃないでしょw

儲けがでなければ、すっぱり切る。

経営者としては儲からないから解散するというのは合理化な考えですが、大山社長は昔からシビアだったからそんなに驚きはないというのが正直な感想です。

一応、一時金払ってくれるところは、さすが社長って感じでしたが、、、

直談判

はい、そうですかとならないのが千代さん。

社長に直談判しにいくとかいいだすし、やっぱりテルヲの娘だなと思っちゃいましたw

なんせ、テルヲは2回大山のところに怒鳴り込んでいきましたからね!

まぁ千代も負けずに、寛治がお金を盗んだときは、同じように乗り込んでいましたが、、、

そんな寛治が落ち込んでいる感じが感慨深かったです。

寛治にとっては、鶴亀家庭劇がすでに自分の家庭になっているんだなと感じるシーンでした。

フェードアウト

これでバラバラになった鶴亀家庭劇。

徳利さんは家族と疎開。

ルリ子も田舎に父が一人で暮らしているということで、疎開。

この流れでいくと、なんだかルリ子さんと徳利さんはこのままフェードアウトしていきそうな感じですね。

みんな実はボロボロで、解散の言葉がでてやっと本音を話したということなんでしょう。

このまま千代の意地でどうなるかは分かりませんが、千代と一平の間に亀裂が入って、袂を分かつときがくるのではないかと少し心配です。

以上が、朝ドラ「おちょやん」第17週目第84話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第17週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第17週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第17週目のネタバレあらすじ

84話放送のおちょやん第17週「うちの守りたかった家庭劇」のあらすじは、戦争が激化し、岡安では芝居茶屋を閉め、鶴亀家庭劇は解散を余儀なくされるストーリーとなっています

第17週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第17週「うちの守りたかった家庭劇」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。