おちょやん第93話のネタバレあらすじ!鶴亀新喜劇

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」19週目第93話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第92話「万太郎一座」では、万太郎が一日限りの最後の舞台を行うストーリーの予定です。

おちょやんの第93話「鶴亀新喜劇」では、一平が新しい劇団・鶴亀新喜劇の座長を受け入れるストーリーの予定です。

朝ドラ『おちょやん』
2021年4月14日(水)放送
第19週サブタイトル『その名も、鶴亀新喜劇や』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第93話のネタバレあらすじ

ここからは、4月14日に放送される朝ドラ「おちょやん」第93話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん93話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーの予定です。

一平(成田凌)は二代目・天海天海として、新しい劇団・鶴亀新喜劇の座長を受け入れる。稽古初日、他の劇団から合流した元万太郎一座の団員が敵意むき出しの態度を見せる…

 

道頓堀の一時代を気付いた万太郎(板尾創路)が、笑いに包まれながら舞台を去った…。一平(成田凌)は、二代目・天海天海として、新しい劇団・鶴亀新喜劇の座長を受け入れることにする。時を同じく、家庭劇以外からも劇団メンバーが参加することになった。元鶴亀歌劇団の朝比奈灯子の他に、元万太郎一座の須賀廼家万歳(藤山扇治郎)と千兵衛がいた。初日から千之助(星田英利)に敵意むき出しで反抗的な態度を見せるのだが…

 

ここまでが、4月14日に放送される朝ドラ「おちょやん」第93話のあらすじのネタバレです。

おちょやん第94話のあらすじを知りたい方は、第94話『満州から帰還』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第93話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第93話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

おちょやん93話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「おちょやん」第19週目第93話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第19週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第19週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第19週目のネタバレあらすじ

93話放送のおちょやん第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」のあらすじは、鶴亀新喜劇として再出発した千代たちだが、セリフを忘れ即興もできなくなった千之助が衰えを感じ、第一線から身を引くストーリーとなっています

第19週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。