おちょやん第93話のネタバレあらすじ!鶴亀新喜劇

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」19週目第93話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第92話「万太郎一座」では、万太郎が一日限りの最後の舞台を行うストーリーでした。

おちょやんの第93話「鶴亀新喜劇」では、一平が新しい劇団・鶴亀新喜劇の座長を受け入れるストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年4月14日(水)放送
第19週サブタイトル『その名も、鶴亀新喜劇や』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第93話のネタバレあらすじ

ここからは、4月14日に放送された朝ドラ「おちょやん」第93話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん93話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 一平が鶴亀新喜劇の座長を引きうける
  • 新メンバーが参加する
  • 千之助がセリフを忘れる
  • 寛治が戻って来た
  • ガラス玉を千代に渡す

鶴亀新喜劇!

新しい劇団・鶴亀新喜劇の座長を引き受けることに天海一平(成田凌)

それと同時に、新しいメンバーも加わる。

新しく入ってきたのは元鶴亀歌劇団の朝比奈灯子と、元万太郎一座の須賀廼家万歳と千兵衛だった。

万歳と千兵衛は、顔合わせの日から、敵意むき出してふてくされた態度を取る。

それをみた須賀廼家千之助(星田英利)がキレてどこかへいってしまいった。

その日から、稽古が始まっても二人は姿を現さない。

セリフ

ある日、稽古をしているとき、千之助が固まる。

なんとセリフがでてこなかったのだ。

いつもならアドリブでどうにかする千之助だったが、それすらも出来ず、千之助は出て行った。

一人酒を飲んでいると、以前須賀廼家万太郎(板尾創路)から言われセリフもアドリブもできなくなったら役者は終わりだという言葉を思い出す。

千之助は一人葛藤する。

生還

それから数日のこと。

一平と天海千代(杉咲花)が家に帰ると寛治が座っているのを発見する。

千代はうれしい再会に松島寛治(前田旺志郎)をやさしく抱きしめる。

翌朝、朝食を取っていると、何も聞かない二人に寛治が口を開く。

どうして何も聞かないのかと聞くと、無事に帰ってきてくれただけで十分と千代が答えた。

すると寛治は、あるものを取り出す。

それは、竹井ヨシヲ(倉悠貴)に千代が渡したガラス玉だったのだ。

千代がヨシヲに会ったのかと聞くと、寛治は、無事に帰ってこれたのはあの人のおかげだと答えた。

 

ここまでが、4月14日に放送された朝ドラ「おちょやん」第93話のあらすじのネタバレです。

ヨシヲの話がでていましたが、ヨシヲが助けたんですよね、、、

おちょやん第94話のあらすじを知りたい方は、第94話『満州から帰還』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第93話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第93話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

合体!

鶴亀新喜劇の立ち上げを決めた一平たち。

そして、顔合わせにやってきたのが元万太郎一座の賀廼家万歳と千兵衛のお二人さん。

これで天海一座と万太郎一座の合体が成立することになりましたが、いい感じの化学反応を期待した大山の的外れで一触即発状態に。

まぁ、そんなことは百も承知と大山はあとになっていいそうですが、これであらすじのネタとしては十分かなといったところです。

流れとしては、後にお互い分かり合えて一緒に盛り上げるパターンでしょうけど、その間に一回ぐらいは殴り合いの喧嘩もありそうな予感。

おそらく、二人がでていくという展開はないと思うので、どういう形で和解するのか見ものです。

あと気になったのが、万太郎一座の重鎮・一二九さんの行方。

一二九さんは呼ばれなかったところを見ると廃業したのかな?

るり子の出番消えた

もう一人新しい役者として登場したのが、元鶴亀歌劇団の朝日奈灯子。

るり子の出もどりがあるかもと期待していましたが、灯子が入ったことでおそらくもう戻って来る流れはないんじゃないかと推測します。

というのも、この灯子が近い将来、一平とチョメチョメな関係になるのは、情報入手済み。

おちょやんのネタバレになっちゃいましたが、来週の予告情報では、一平の浮気がバレてはらはらの展開です!

どっちかといえば、寛治のヨシヲ話よりもこっちのほうに体は向いているんですよねw

千さん退場!?

千之助がセリフを忘れ、アドリブすらできませんでした。

そして、万太郎の役者は終わりだの件。

これは完全にフラグですよね。

おそらく、明日明後日には千之助が退場する流れになりそうです。

正直、千之助も大分年だと思うので、新しい役者も入ったことですし、世代交代といったところでしょう。

以上が、朝ドラ「おちょやん」第19週目第93話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第19週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第19週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第19週目のネタバレあらすじ

93話放送のおちょやん第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」のあらすじは、鶴亀新喜劇として再出発した千代たちだが、セリフを忘れ即興もできなくなった千之助が衰えを感じ、第一線から身を引くストーリーとなっています

第19週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。