おちょやん第94話のネタバレあらすじ!満州から帰還

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」19週目第94話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第93話「鶴亀新喜劇」では、一平が新しい劇団・鶴亀新喜劇の座長を受け入れるストーリーでした。

おちょやんの第94話「満州から帰還」では、寬治が満州から帰還して、ヨシヲとの出来事を話すストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年4月15日(木)放送
第19週サブタイトル『その名も、鶴亀新喜劇や』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第94話のネタバレあらすじ

ここからは、4月15日に放送された朝ドラ「おちょやん」第94話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん94話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 満州でヨシヲに助けられた話をする
  • 終戦前に逃げるよう言われる
  • 収容所でヨシヲが撃たれて亡くなったことを知る
  • 収容所の人達を助け帰還が遅くなったと話す
  • 千代が約束をまもってくれてありがとうと伝える
  • 寛治が鶴亀新喜劇に加わる

 

満州

満州でヨシヲと出合った松島寛治(前田旺志郎)は、千代にガラス玉を差し出し、満州での出来事を話し始める。
ある店で博打をし負けた寛治がイカサマだというと、その男たちと絡まれてしまう。
そこで助けてくれたのが店長の竹井ヨシヲ(倉悠貴)だった。
寛治が鶴亀家庭劇にいたことを知ったヨシヲは、千代のことを間接的に訪ねる。
寛治は天海千代(杉咲花)が一平と結婚したことや、自分が天海家でお世話になっていることを話した。
そして、合わせる顔がないと話すと、ヨシヲはそんなこと気にするような人ではないと笑顔を見せた。

終戦前

それからヨシヲと交流を深めた寛治だったが、ある日、ヨシヲからすぐに逃げろと言われる。
ヨシヲは知り合いの軍人から日本はもうすぐ負けると教えてもらったのだ。
そのときにヨシヲからガラス玉を託され、千代に渡して欲しいとお願いされる。
その時に、初めてヨシヲが千代の弟だと寛治が気づく。
帰ることに躊躇していた寛治だったが、ヨシヲから千代なら絶対許してくれるという言葉に逃げる決心をした。

収容所

逃げる道中、収容所に入ることになった寛治は、ヨシヲが撃たれて亡くなったことを知る。それから、満州を離れる最後の日まで収容所でお世話をして役に立とうと誓い、帰還が遅くなったことを話す。
それを聞いた千代は、ヨシヲとの約束を守ってくれてありがとうと伝えた。

新喜劇

こうして新喜劇に加わった寛治。
満州にいた寛治と戦地で戦った須賀廼家万歳(藤山扇治郎)や千兵衛はすぐに打ち解けあう。
天海一平(成田凌)は三人に配役を伝え、こうしてようやく新喜劇が始まろうとしていた

 

ここまでが、4月15日に放送された朝ドラ「おちょやん」第94話のあらすじのネタバレです。

ついに新喜劇が一致団結しましたが、千之助がまさかの発言をするんですよね、、、

おちょやん第95話のあらすじを知りたい方は、第95話『主役は千代』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第94話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第94話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

博打つながり

今日はヨシヲの最後を見届ける一日でしたが、ヨシヲと寛治をつなげたのが博打。
やっぱりなって感じでしたが、まさかの店長をしていたとは!!
見た感じそんなに怪しいお店じゃなかったので、全うな人間として生まれ変わろうとしていたんじゃないかと印象を受けました。

ええ女優さん

助けたことがきっかけで仲良くなった二人。
ヨシヲの姉ちゃんを贔屓目にしていることが明らかに!
ええ女優さんと遠回りな言い方をしていましたが、そこはやっぱり大阪放送局。
ルリ子、香里からの消去法で千代!
ええ女優さんじゃなくて、残り物の女優さんってことで当たったようなものでしたねw
なんだか話をしているときもヨシヲの柔らかい顔みていると、あれが本来のヨシヲの姿なんだなとしみじみしちゃいましたが、寛治がクズっぷりも垣間見えたシーンでしたw

引き揚げ

ヨシヲのおかげで早々と逃げる準備をした寛治でしたが、結局収容所にいれらたようですね。
満州の収容所なのかどうかは知りませんが、先日も感想で書いたように当時は戦後数年経ってから開放されていたようなので、突然帰ってきてみんなビックリしたと思います。
私のおじいちゃんもロシアで捕虜になり、数年後に日本に帰還していました。
寛治が3年も帰ってこなかったのは、贖罪のような感じでしたが、最後の最後でヨシヲに教えられ改心したような感じでしたね。
正直、なんのために満州いったんだって感じでしたが、ヨシヲの最後を見届けるメッセンジャーとしての役割だっただけに、ああいった方法になったんでしょうね。
ヨシヲの死によって、若干評価が下がった寛治でしたが、改めに鶴亀新喜劇にも加わり、今後の活躍で挽回してほしいと思いました。

以上が、朝ドラ「おちょやん」第19週目第94話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第19週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第19週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第19週目のネタバレあらすじ

94話放送のおちょやん第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」のあらすじは、鶴亀新喜劇として再出発した千代たちだが、セリフを忘れ即興もできなくなった千之助が衰えを感じ、第一線から身を引くストーリーとなっています

第19週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。