エール第100話のネタバレあらすじ!音からの話!夜行列車で甲子園いくぞ!

こちらでは、朝ドラ「エール」20週目第100話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第99話「夜更けの街」では、裕一にお願いされて久志にあった池田が説得し、自分で書いた「夜更けの街」を歌わせるストーリーでした。

エールの第100話「音からの話」では、音から裕一が関係者に頭を下げてお願いしていることを聞いた久志が、心動かされ歌うことを決意するストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年10月30日(金)放送
第20週サブタイトル『栄冠は君に輝く』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第100話のネタバレあらすじ

ここからは、10月30日に放送された朝ドラ「エール」第100話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール100話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 断りを入れるために古山家を訪れる
  • 音から必死で大会本部を説得していることを知る
  • 甲子園球場に連れ出す
  • 自分たちだからこそ、伝えられるものがあると訴える
  • 歌う決意をする

楽譜

また、久志を訪れた古山裕一(窪田正孝)

高校野球大会の曲で、歌手として久志を推薦したことを伝える。

裕一は、「夜更けの街」を聴いたとき、この曲はやっぱりキミの歌声で完成させたいと訴えた。

久志は、ほんとうにしつこいというが、裕一は笑いながら、自分もそう思うといって、楽譜を渡して、帰っていった。

古山家

ある日、佐藤久志(山崎育三郎)が古山家にやってきた。

裕一は生憎不在だったが、音が応対する。

古山音(二階堂ふみ)がもうすぐ返ってくるというと、楽譜を返しに来ただけだという。

なぜ歌わないのかと音が聞くと、同情されたくないと話した。

すると、音は先日、大倉憲三(片桐仁)がきた話をしはじめる。

裕一は、歌い手に彼を推薦していたのだが、大倉は難色を示したのだ。

それでも裕一が、必死で説得していた様子を伝える。

ちょうど話が終わると、裕一が帰ってきた。

甲子園

曲についてどうだったか聞くと、いい曲だと答える久志。

しかし、今の自分には希望があふれた曲を歌うのは想像できないと話す。

その言葉に、裕一は甲子園に今から行こうと連れ出す。

甲子園球場についた裕一は、戦時歌謡に誘ったことを謝る。

そして、ドン底に落ちた自分たちだからこそ、伝えられるものがあると訴えた。

その言葉に、心を動かされた久志はマウンドで「栄冠は君に輝く」を歌い始める。

元気

久志が歌った「栄冠は君に輝く」は、瞬く間に全国に元気を与えた。

ラジオにかじりつき、応援する人たち。

こうして、久志は立ち直ったのだ。

ここまでが、10月30日に放送された朝ドラ「エール」第100話のあらすじのネタバレです。

ついに復活した久志ですが、今度は音がどん底になるんですよね、、、

エール第101話のあらすじを知りたい方は、第101話『1次審査通過』へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール100話の実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

久志が「栄冠は君に輝く」を歌った話は実話か?

エールでは、久志が「栄冠は君に輝く」を歌いましたが、これは実話です。

佐藤久志のモデルは歌手の伊藤久男さんです。

伊藤久男さんは、1949年に「栄冠は君に輝く」をコロンビアから発売しています。

その前に歌った「夜更けの街」が1947年発表なので、エールとは少し時間軸が違いますが、伊藤久男さんが「栄冠は君に輝く」を歌ったのは事実です。

朝ドラ「エール」第100話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第100話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

100回

記念すべき100回目の放送!

しかも久志がついに更正するというお話!

いや、違いました。

復活するお話でしたねw

今週の彼の流行語大賞は「ほんとうにしつこいね」ですが、それをめげずに頑張った裕一の粘り勝ちといったところでしょうか。

団長再び

ここにきてまさかの早稲田大学応援団団長登場!

しかもバンブーでラジオ聞いていた男の子たちは、もしかして団長・田中の子供たちですか?

戦後どうなっていたのか気になっていましたが、皆無事そうでなによりです!

おじちゃん言われる

華から久志おじちゃん言われていましたねw

そりゃそうですよね。

両親の友達と行ってもらおじさんおばさんですから。

二人が会ってない時期は、どれぐらいだったんだろう?

彼が福島に戻った時から、合っていないので数年は経っていたのかな?

しかもいきなり「もしかして久志おじちゃん?」って雰囲気が変わっても、オーラを感じ取ったのかもしれませんね。

あと音が娘からしたら少しうざかったですね。

「お母さん、急に入ってこないでよ」

野球のルールを覚えようとしているのを知って、まっさきに伊藤あさひくんとつなげたがるところなんか、煩わしさ100%でしたw

楽譜

楽譜を返しに来た久志。

破らずに返しにきたところは、彼の性格でしょうか?

普通なら破り捨てるか、もう二度と来ないでほしいという意味を込めて、その場で破って去るかのどちらかですが、しっかり家にまで上がって「これ返すだけだから」というのはないですよね~

同情するなら金をくれ!

同情されたくないと訴えていましたね。

「同情するなら金をくれ!」はもう死語になるのかな?

歌い手なら他にもいっぱいいるというのは正論ですが、あなたもけっこう裕一が落ち込んでた時に、かなりおせっかい焼いていましたよ。

それと全く同じことをしているということに気づかないのでしょうか?

なんだか同じシーンをぐるりぐるりと繰り返しているような気がします。

まさか夜行列車で甲子園球場まで連れて行くとか思いませんでしたが、何はともあれ、久志が復活して何よりです!

以上が、朝ドラ「エール」第20週目第100話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第20週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第20週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第20週目のネタバレあらすじ

100話放送のエール第20週「栄冠は君に輝く」のあらすじは、自分の選んだ道が父親を苦しめたという自責の念で歌えなくなった久志に『栄冠は君に輝く』を歌ってほしいとお願いするストーリーとなっています

第20週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第20週「栄冠は君に輝く」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。