エール第107話のネタバレあらすじ!夜逃げした後の話!明かされた真実とは!?

こちらでは、朝ドラ「エール」22週目第107話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第106話「母校の作詞依頼」では、作詞に行き詰っていた鉄男に、小学校の校歌の作詞を依頼するストーリーでした。

エールの第107話「夜逃げした後の話」では、小学校の校歌のお披露目会で福島に戻った鉄男が、夜逃げした後の話を語り始めるストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年11月10日(火)放送
第22週サブタイトル『ふるさとに響く歌』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第107話のネタバレあらすじ

ここからは、11月10日に放送された朝ドラ「エール」第107話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール107話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • お披露目会で講演をしてほしいとお願いされる
  • 古山家の家族をみて、微笑む
  • 夜逃げした後の話を告白する
  • 校歌のお披露目会が開催される
  • 子供たちに人との縁を大切にしてほしいと伝える
  • ある子供が、学校で合った話を親に話す

学校

古山裕一(窪田正孝)村野鉄男(中村蒼)は、久しぶりに母校を訪れた。

校長に挨拶にいくと、新しく作った校歌に満足げな様子。

すると校長が鉄男に、一つお願いがあるという。

それは、明日のお披露目会で、学校の先輩として講演をしてほしいというものだった。

それを聞いて驚いたが、鉄男は引き受けることにした。

古山家

二人はその足で古山家に戻る。

古山家では、古山まさ(菊池桃子)と弟の古山浩二(佐久本宝)が出迎えてくれた。

浩二はりんご栽培を福島に広めるため奮闘していることを話し、まさは浩二の貰い手に嘆いている話をした。

そんな家族が楽しく会話している姿を見て、いい家族だと裕一に話す。

裕一は、弟とは色々あったけど、今はそれでも笑って話せると答えた。

弟の話題が出た流れで、「大将にも弟いたよね?」といってしまう裕一。

とっさにごめんと謝ると、鉄男は過去の話をしはじめた。

夜逃げした後の話

夜逃げしたあと、山奥の掘っ立て小屋で家族4人で暮らしていたという。

しかし、ある日、弟の典男が家出をしてしまった。

そして、母親からも涙ながらに出て行くよう勧められ、母親を捨てて、鉄男も家出をする。

その後は、藤堂先生からもらった名刺を頼りに、新聞記者の仕事に就く。

それから、ずっと自分には家族はなく、冷たい人間だと思いながら生きてきたという。

そんな鉄男に、誰よりもあったかい人間だということを皆が知っていると話した。

お披露目会

翌日、学校で校歌のお披露目会に出席した二人。

鉄男が講演をする番になった。

鉄男は、子供の頃の話をして、人との縁を大切にしてほしいと伝えた。

典男

お披露目会で歌った子供が、家に戻ってくる。

学校で合った話を両親に話すと、一人の男が作詞の男の話に興味を示す。

その男はなんと鉄男の弟・典男だったのだ。

典男は、校歌の歌詞に兄の名前を見つけ、驚きを隠せなかった。

ここまでが、11月10日に放送された朝ドラ「エール」第107話のあらすじのネタバレです。

まさかの鉄男が近くに住んでいましたが、感動の再会を果たすんですよね、、、

エール第108話のあらすじを知りたい方は、第108話『典男との再会』へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール107話の実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

朝ドラ「エール」第107話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第107話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

講演

早速、校歌を作って福島に凱旋した二人。

母校にやってきた二人を迎えたのが校長先生ですが、いきなりの要求にびっくり!

会った次の日のことをお願いするって、かなり急すぎますよ!

気のいい鉄男ですから早々に断ることしませんでしたが、私ならちょっと早々に断っていたかもしれません!(いや、絶対断っていた)

鉄男も裕一じゃなくてなんで俺なんだーって行ってましたが、今週はあなたの週ですから!

ただ大将が、どんな話をするのか気にはなります。

詩の書き方なのか、生き方なのか、裕一に比べて学ぶことが多いとは思いますが、どういう話をするのか、実は、この時点で結構興味がありましたw

まさ元気になる!

久々に登場したまさ。

戦時中は、体調が悪いと電報が届くほどでしたが、すっかり元気になっていましたね。

「だましだまし」って言ってましたけど、こっちが騙されましたよ!

実話では、裕一のモデル・古関裕而さんがビルマかどこかに行ってるときに、母親が亡くなって死に目に会えませんでした。

朝ドラ「エール」では、三郎が亡くなり、まさも亡くなると、浩二一人で話が持たないから、まさは元気な姿のままいこうという話になったのかもしれませんねw

ただ結構もうそろそろやばいという感じだったのに、あの元気な姿を見ると騙された感が漂う、、、

手土産

今度は手土産を持ってきた鉄男。

以前、勝手に久志が帰郷していたときは、ちゃっかりお土産を持ってきてましたので、その時の教訓を生かして今回は持ってきたのでしょうかw

兄弟どうした?

なんだかすっかり古山兄弟は仲良くなりましね。

微笑ましいことですが、浩二が闇堕ちしていた時期がなんだったのかというぐらい、明るくなっていてびっくりです!

あの闇堕ちした時の浩二は、かわいそうな感じでもありましたが、わだかまりも解けて、あの世で三郎も微笑んでいることでしょうw

スピーチ

急な依頼でも完璧にスピーチをする男。

鉄男のスピーチは泣ける、、、

さすが、あれだけの人生を生き抜いてきた男の言葉は伝わるものがありますね~

「人との縁を大切に」ってまさにその通り!

今日一番の満足いくシーンでしたw

典男

最後に、典男がついに大人になってから登場!

SNSで典男が三男とかいってましたけど、村野家族は二人兄弟でしたよね。

それがどうして三男なのか謎ですが、、、

以上が、朝ドラ「エール」第22週目第107話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第22週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第22週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第22週目のネタバレあらすじ

107話放送のエール第22週「ふるさとに響く歌」のあらすじは、鉄男が母校の歌詞を依頼され、福島に戻ったときに弟と再会を果たすストーリーとなっています

第22週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第22週「ふるさとに響く歌」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。