エール第109話のネタバレあらすじ!浩二の見合い話!上の空状態!?

こちらでは、朝ドラ「エール」22週目第109話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第108話「典男との再会」では、兄が帰ってきていることを知った典男が、鉄男に会いに行くストーリーでした。

エールの第109話「見合いの話」では、浩二がいつも断っていた見合い話を、行ってもいいと言い出すストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年11月12日(木)放送
第22週サブタイトル『ふるさとに響く歌』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第109話のネタバレあらすじ

ここからは、11月12日に放送された朝ドラ「エール」第109話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール109話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 「高原列車は行く」の作曲を依頼される
  • まき子が東京に行くことを知る
  • 音が福島にやってくる
  • 裕一と音がリンゴ園に招かれる
  • 浩二にまき子をどう思っているか聞く

資料

古山浩二(佐久本宝)は、畠山林檎園に向かい、畠山の娘・まき子に頼まれていた資料を手渡した。

家に戻ると、農業会で頼まれた「高原列車は行く」の作曲を裕一にお願いする。

古山裕一(窪田正孝)は、その依頼を快く引き受けた。

リンゴ園の会合

リンゴ園の会合に参加する浩二。

話をしていると、まき子が東京にいくという話題になった。

浩二が畠山に東京に行くとはどういうことかと聞くと、東京の親戚の会社で、経理の仕事をするために、東京に出ることを知らされる。

会合が終わると、浩二は畠山に東京に行かせてもいいのかと聞くと、戦死した男をいまでも引きずっているという。

ここにいては、いつまでたっても忘れないという父親心で、東京にいかせることにした経緯を説明した。

喜多一

浩二が家に戻ってきたが、様子がおかしいことに気づく裕一と古山まさ(菊池桃子)

そこへいきなり古山音(二階堂ふみ)がやってきた。

まさは事前に来ることを知っていて、古山華(古川琴音)は学校もあるということで置いてきたと話す。

座敷で話をしていると、浩二の見合い話になった。

浩二に勧めると、あっさりお見合いをするといい、どういう風の吹き回しかとまさが戸惑う。

招待

浩二のお見合いの日。

裕一と音は家で留守番をしているとそこへまき子がやってきた。

先日借りた資料を返しに来たのだ。

裕一と音は、まき子の誘いで、リンゴ園を見に行くことに。

リンゴ園を見学させてもらうと、そこへ浩二がやってきた。

見合いを終えて帰ると、置手紙があり、それを見てやってきたのだ。

二人が会話しているのを見て、音は、 浩二がまき子に恋をしていると気づく。

夜に一人、リンゴを眺めている浩二。

そこへ音がやってきて、まき子の話をする。

浩二が、彼女が東京に行くことを話すと、彼女は本当に東京にいきたいのかと疑問を口にした。

ここまでが、11月12日に放送された朝ドラ「エール」第109話のあらすじのネタバレです。

東京行きにショックを受けていましたが、音の言葉に浩二が男をみせるんですよね、、、

エール第110話のあらすじを知りたい方は、第110話『浩二の結婚』へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール109話の実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

朝ドラ「エール」第109話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第109話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

嫁さん候補

放送開始早々に、「りんご農園に足しげく通っていました」のナレーション。

まきちゃんの登場にSNSでは、みな盛り上がりを見せていましたね!

これは完全にまきちゃんが嫁さん候補でしょう。

オープニングが流れる前から完全にこれからの話を理解した視聴者たちは、二人の恋を応援するのでしたw

いよいよ浩二にも春が来るのか~と思いながら見ていると、そう簡単には春は越させないようですね~

ただ今月で終わり予定の朝ドラ「エール」は、戦争が終わってからハッピーな展開が続いていますので、クライマックスに向けて浩二のもハッピーを分けてくださいw

再び

再び登場のマキタスポーツさん!

前回登場したでも SNSでは、ホットキーワードの上位に行くほどパワーを持っていました。

今回は準主役といったところなので、マキタスポーツさんの言動一つ一つが話題になりそうですね。

人気度でいえばレギュラーですがw

ちなみにまきちゃんは今回が初めての登場です。

前回は娘の影ひとつありませんでしたが、いきなりの登場でちょっと戸惑ってしまいました。

リンゴ作りませんかの編でも少し登場させていたら、あの時もしかしたらこの二人くっつくかもしれないなーと楽しみの一つにしていたのにw

あともしかしてのもしかしてだけど、マキタスポーツさんの娘だから「マキ子」じゃないですよね、、、

押しかけ女房

いきなり現れた音。

まさに押しかけ女房ですが、もしかして心の中で裕一の浮気を疑っていたりしてw

荷物担いでいましたが、なぜバッグに入れてこない。

裕一の給料からすれば、バッグぐらい簡単に買えたでしょうに。

まあ舞台で歌う夢も叶ったし、正直この先音を中心とした話というのはないでしょうから、暇だったんでしょうねw

音が来たことよりも、むしろ華を一人家に置いてきたことにうろたえる裕一。

女は度胸!心配するな!

ハタチになっていなくても、やる時はやるのが女ですw

女の勘

音が来たのは暇だったからだけではなくて、もう一つ重要な役割がありました。

それは裕一の鈍感さをカバーすることです。

すぐに二人の関係を見抜いたのはさすが音さんですが、女の勘は相変わらず鋭いですね~

まぁ傍から見ている私たちからすれば当然の成り行きですけれども、鈍感男の裕一だけなら、二人のキューピットにはなれなかったでしょうね。

明日はおそらく結ばれることになると思いますが、どういう風に告白するのが楽しみです!

以上が、朝ドラ「エール」第22週目第109話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第22週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第22週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第22週目のネタバレあらすじ

109話放送のエール第22週「ふるさとに響く歌」のあらすじは、鉄男が母校の歌詞を依頼され、福島に戻ったときに弟と再会を果たすストーリーとなっています

第22週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第22週「ふるさとに響く歌」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。