エール第110話のネタバレあらすじ!浩二の結婚

こちらでは、朝ドラ「エール」22週目第110話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第109話「浩二の見合い話」では、浩二がいつも断っていた見合い話を、行ってもいいと言い出すストーリーでした。

エールの第110話「浩二の結婚」では、東京にいくというまき子に、そばにいて欲しいと浩二が訴え結婚するストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年11月13日(金)放送
第22週サブタイトル『ふるさとに響く歌』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第110話のネタバレあらすじ

ここからは、11月13日に放送された朝ドラ「エール」第110話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール110話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 東京に行く日が早まったと話す
  • 自分の幸せを考えてと伝える
  • 古山夫婦が弟の本心を聞きだそうとする
  • 音が激を飛ばす
  • まき子に行くなといい、二人は結ばれる
  • 結婚式で裕一が乾杯の挨拶をする

まき子の気持ち

次の日、古山浩二(佐久本宝)がリンゴ園を訪ねると、まき子が父親と言い争っていた。

話を聞くと、父親が東京の親戚の会社にいく時期を無断で早めたという。

そのことに対して腹を立てたまき子が、農園の仕事もまだ残っているというのに、勝手なことをしないで憤っていた。

そんなまき子に浩二は、自分の幸せを考えてと伝えた。

その言葉に、悲しそうな目で見つめ、まき子は、その場を飛び出す。

本心

浩二が帰ってくると様子がおかしいことに気づく古山夫婦。

彼から本心を聞きだそうと、一緒にお酒を飲むことになったが、古山裕一(窪田正孝)はすぐに酔いつぶれてしまう。

そこで、古山音(二階堂ふみ)は、まき子は本当は東京行きを止めて欲しいのではないかと話す。

しかし、浩二ははっきりしないような態度で、やっぱり駄目だという。

そんな彼に、ぐだぐだ言うな!と一喝し、「やらずに後悔するよりやって後悔した方がいい!」と伝えた。

告白

浩二は、次の日、リンゴ園に向かった。

作業をしているまき子の前までいくと、東京にいくなと話す。

その言葉、まき子は涙ぐみ、来年も再来年もその先も一緒にりんごの花を見てくれる?と聞く。

そして、ずっと見るよと答え、ついに二人は結ばれた。

結婚式

数ヵ月後、二人は晴れて結ばれ、結婚式が行われた。

乾杯の挨拶をする裕一。

裕一は、これまでのことを話し、バラバラになりそうな家族を必死でつなぎ止めてくれたのは、浩二だったと言う。

そして、浩二が踏ん張ってくれたから、自分は家族でいられたと感謝の言葉を口にし、乾杯の音頭をとった。

 

ここまでが、11月13日に放送された朝ドラ「エール」第110話のあらすじのネタバレです。

ついに結婚しましたが、今度は華の恋話が始まるんですよね、、、

エール第111話のあらすじを知りたい方は、第111話『苦肉の策』へ読み進めてください。

朝ドラ「エール」第110話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第110話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

回想じゃない!

オープニングで唐沢寿明の名前が!!!

しかも(回想)じゃありません!

もしかして幽霊で現れるのかと思っていましたが、そんな登場の仕方ありますか?

冥界でひとり酒を飲むって、寂しすぎるでしょw

日が早まる

朝ドラ「エール」も残りわずかとなってきましたが、マキタスポーツさんも東京に行く日を早めるとは、何を焦っていたのでしょうか?

もしかして浩二にエンジンをかけさせるために、あえて時間を縮め、攻めさせるつもりだったのかw

なのに浩二といったら、とんでもない地雷を踏んでしまうとは、、、

あの言葉は言っちゃいかん言葉でしょう!

本当に女の気持ちというものは何も分かっていない浩二さんでした。

まぁ結局のところマキタスポーツさんも分かっていなかったという結論でしたけど、観ている最中は、もしかしたらもしかしてで、最後に本当はわかっていたみたいなドヤ顔して終わるのかと思っていましたw

どこにフラグが立ってるのか気になって観ていますが、あんまり深読みも良くありませんね!

下戸

一緒に飲もうと誘う古山夫婦。

それにしても裕一は、ベロンベロンに酔いまくっていましたね。

下戸なんだから、飲み過ぎ注意です!

まあ、裕一なんて浩二を酔わせて本音を引き出すための捨て石に過ぎませんが、裕一を寝かせる音さんの扱いが雑すぎてびっくりですw

新婚当時はイチャイチャしまくっていたのに、年月が経つと、ああいう風になってくるんですよね、、、

詰め寄る

裕一が酔い潰れて、サシで話すことになった二人。

「そういえば浩二さん、3年以内にお嫁さん探すという話どうなりました?」

直球きたーーーーー!

ズバリ核心を突くところから攻め込みました!

まるで、まき子の心情を代弁するかのように責めまくる音。

誘導しまくりなのが、分かりすぎてウケるw

最後はグダグダ言うな!って押しの一手で、ついに告白!

告白タイム

音に脅されて告白することになった浩二さんw

告白タイムはまるで高校生の青春ドラマを見ているような感じでしたね。

私もあんな時代があったな~w

今日で完結させないといけなかったのはありますが、 その後の話が駆け足すぎませんか?

告白からの一気に結婚式。

現代で言えば、スピード婚ってやつですよw

以上が、朝ドラ「エール」第22週目第110話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第22週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第22週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第22週目のネタバレあらすじ

110話放送のエール第22週「ふるさとに響く歌」のあらすじは、鉄男が母校の歌詞を依頼され、福島に戻ったときに弟と再会を果たすストーリーとなっています

第22週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第22週「ふるさとに響く歌」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。