エール第29話のネタバレあらすじ!コロンブスレコードとの契約

こちらでは、朝ドラ「エール」6週目第29話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第28話「福島に向かう音」では、音が裕一に会いに福島まで来たストーリーでした。

エールの第29話「コロンブスレコードとの契約」では、音と鉄男が訴えてもほっといてというストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年5月7日(木)放送
第6週サブタイトル『ふたりの決意』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)

朝ドラ『エール』第29話のネタバレあらすじ

ここからは、5月7日に放送された朝ドラ「エール」第29話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール29話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーになります。

  • 鈴木の結婚報告
  • 言わなくていいことを言う裕一
  • 再度コロンブスレコードに契約話を持ち込む裕一
  • 廿日市から突然の契約のお願い
  • 契約書を持って喜多一に向かう音
  • まさに裕一に音楽を捨てさせないでほしいとお願いする音
  • 音に裕一をこれ以上傷つけさせないでほしいとお願いするまさ
  • 10年眠っている妻に裕一を会わせる茂兵衛
  • 裕一に音が喜多一に来ていることを知らせる三郎
  • ボクは権藤裕一になるという裕一
  • 裕一の留学が取り消しになることを知った鉄男
  • 教会にいる裕一に会いに来る音
  • レコード会社との契約が決まったことを伝える音
  • 音に自分の人生を歩んでくださいと契約を断る裕一
  • 教会に鉄男がやってきてなぜ契約を断ると裕一に訴える
  • ほっといてほしいといって立ち去る裕一

鈴木の結婚報告

川俣銀行の鈴木が結婚することになりました。

みんなから祝福を受け、相手はどんな人?と聞かれると、実は裕一を初めてダンスホールに誘った時に最初に声をかけろと言った女性だっだのです。

それを聞いた窪田正孝演じる古山裕一は、

あ?!鈴木さんが『あのぐらいがちょうどいい』って言ってた、、、。

と、思わず言ってしまいました。

支店長の相島一之演じる落合吾郎が、慌てて口止めするような仕草をしますが、すでに遅し。

振り向くとそこには、鈴木の妻となる女性が不機嫌そうに立っていたのです。

機嫌を悪くして、ぷいっと出て行ってしまう女性を鈴木が慌てて追いかけて取りなします。

その様子を見て落合は

失敗は誰にでもあるが、失敗から学ぶ人間は少ねえ。

逃げんなよ。自分の心から。

と、裕一に言います。

コロンブスレコードとの契約

二階堂ふみ演じる関内音は、光子からの励ましもあって、再びコロンブスレコードを訪れていました。

しかし、社員の杉山に

既に断った案件です。以上です。

とそっけなく断られてしまいました。

すると音が強きで言います。

よろしいんですか?

ビクトリーレコードさんと契約しますよ。

イットウレコードさんもご興味を持たれています。

音は平然とウソを並べ杉山を引き留めようとしたのです。

しかしながら、コロンブスレコードさんは、姉の見合いの席でご紹介された義理があるので、わざわざ参った次第です。

と恩着せがましく言うと、杉山は小走りで廿日市を呼びに行きます。

すると、古田新太演じる廿日市誉が慌てふためいて音の前に現れました。

こちらから連絡させて頂こうと思っていた次第です。

1年で3,500円。

ひとつきに2曲以上書いて頂くということでいかがでございましょう?

廿日市は、先日の態度とは打って変わって、いきなり契約を持ちかけてきました。

音は内心仰天していましたが、廿日市と固く手を結び合い、ついに契約にこぎつけたのでした。

帰宅した音が契約のことを吟に話すと、吟が

3,500円!?今まで私が見合いした。誰よりも高給取りじゃん。

どうやって勝ち取ったの?

と、驚きを隠せません。

突然なの。訳が分からん。

と音も困惑している様子。

松井玲奈演じる関内吟は、騙されていないかと契約書に目を通しますが、特になにも心配はなさそうです。

裕一さん、喜ぶかな?

当たり前じゃん!

これ持って早く福島に行っといでん。

善は急げよ!

吟から背中を押された音は、はい!と言って、急いで契約書を片手に福島へと急ぐのでした。

音とまさの対話

開店の支度をしている喜多一。

ドンドンと誰かが戸を激しく叩きます。

田中偉登演じる及川志津雄がはいと戸を開けると、そこには音がいました。

中に入ってきた音は、

おはようございます。関内音と申します。朝早くから申し訳ありません。

一刻も早くお伝えしたいことがあり参りました。

と告げます。

奥からは、浩二と起きたばかりの三郎、まさの三人が顔を出します。

音は古山家の人たちを見て、さらに深々と頭を下げます。

音の話はまさが聞くことになりました。

大手レコード会社が、裕一さんと契約すると言っています。

ここに契約書もあります。

裕一さん音楽を続けられるんです。

そこまで聞いた唐沢寿明演じる古山三郎は、寝間着のまま羽織を引っかけてどこかへ出かけていきます。

裕一さんに、音楽を捨てさせないで下さい。

お願いします。

菊池桃子演じる古山まさに頭を下げる音。

まさは神妙な面持ちです。

音は自分が気に入らないなら裕一からは身を引く、だからどうか裕一に音楽を捨てさせないでほしいと再び頭を下げます。

頭を上げて。

まさに言われて頭を上げた音は涙をこぼしていました。

私は裕一の母です。

厳しい世界であの子が傷つく姿を、もう、、、見たくない。

音は

諦めた今が一番傷ついています。

と反論しますが、

それでも、、、やめればこれで終わります。

音楽がそばにある限り裕一の心は傷つき続けます。

もう、、、傷つく裕一を見たくないんです!

と、どうしても分かってくれないまさ。

音は強いまなざしでまさを見つめ続けています。

分かってくれる?

あなたも子どもを持てば分かってくれる。

成功を求めて傷つくより、身の丈に合った幸せをつかんでほしいの。

その言葉を聞いた音は、揺るぎない思いで

彼の身の丈は世界にとどろく音楽家です。

とこたえます。

まさは、

ありがとう。うれしいわ。

と裕一の才能を買ってくれていることに礼を言いながらも話を続けます。

でもね、、、選ばれる人って、、、導かれていくものだと思うの。

留学が決まった時、もしかしたら裕一も選ばれた人なのかと思った。

でもその留学が世界不況のせいでなくなり、裕一は深く傷つけられた。

まさは、最初から音楽がなければ裕一は傷つくこともなかったと思っているのかもしれません。

どうか、、、お引き取り下さい!

そういって、まさは涙ながらに音に頭を下げました。

音はこれ以上まさと話すことができずに、喜多一をあとにしました。

茂兵衛の妻が眠っている病院

一方川俣銀行では、松尾諭演じる鈴木廉平が幸せそうに愛妻弁当を食べていました。

そこに飛び込んで来る寝間着姿の三郎。

裕一は!?

と聞くと、茂兵衛がどこかに連れて行ったことを知ります。

裕一は茂兵衛と一緒に病院にいました。

そこは茂兵衛の妻、絹子の病室で、風間杜夫演じる権藤茂兵が裕一に話をしていました。

もう10年になる。

何度か危ない時があったが持ちこたえた。

絹子はずっと意識がないまま10年という月日が経っていました。

どうして僕をここに?

お母さんになる人だろう。

そ、、、そうですね。

初めて対面する、義母になる人。

茂兵衛は絹子の目が動いた気がして、裕一に手を握ってやってくれといいます。

病院を出ると、外は大雨でした。

茂兵衛は裕一に傘を差しだし、先に帰るようにいいます。

茂兵衛は先生と話してから車を呼ぶから、と裕一を先に帰らせました。

裕一の部屋の前では、三郎が待ち構えていました。

突然現れた三郎に少し驚く裕一。

音さんが来た。母さんと話してる。

そう。僕には関係ない。

そんなわけねえだろ!音さん、おめえのために来たんだ。すぐ帰るぞ。

三郎は裕一を連れ帰ろうとしますが、

父さん、、、もうお願いだから来ないでほしい。

もう、、、ほっといて。

僕は権藤裕一になる。

相変わらず心を閉ざしている裕一がもどかしい三郎。

それから裕一は、淡々と銀行の仕事をこなすようになっていました。

裕一の幸せを願う音と鉄男

一方、新聞社に勤めている鉄男に編集長が耳打ちをします。

おい、テツ。あの天才の留学、世界恐慌の影響で一取り消しになったらしいぞ。

えっ?

中村蒼演じる村野鉄男は急いで裕一の部屋を訪れますが、部屋の中に裕一はいません。

その姿を見つけてか、支店長の落合が声をかけます。

村野さん。

あいつは?

恐らく教会でしょう。

あいつは大丈夫ですか?

目を伏せる落合。

裕一は教会にいました。

司祭が来て声をかけます。

今日は弾かないんですか?

もうやめようと思ってて。

裕一はよくここでオルガンを弾いていたのでしょう。

お客様が来てます。許可をもらってから会いたいと。

誰ですか?

関内音さんと申されてました。

まさの気持ちをしった音は、それでも諦めずに裕一のもとへやってきました。

許可を得て、祭壇から現れる音。

裕一が座っているベンチの前に腰掛けます。

ごめんまた来て。

怒っとる?

ううん、、、何も。何?

沈んだ様子で受け答えする裕一。

私レコード会社を回ったの。

裕一さんを作曲家として雇ってもらえないかって。

いや、、、こんな田舎の音楽学校も出てないやつ、誰も相手にしないよ。

音は立ち上がり、契約書を見せます。

コロンブスレコードが契約してくれるって。

裕一さん認められたんだよ!音楽作れるんだよ!

もう一回挑戦しよう!

裕一さんならやれる、、、きっとやれる!

裕一は力なくありがとうと言ったものの、もうそれだけで充分だと思い席を立ちます。

教会から出て行こうとする裕一を呼び止めて音が言います。

これ断ったら、終わっちゃうよ。

本当に終わっちゃうんだよ。いいの?裕一さん!

音の言葉は、いまだ裕一には届かず。

音さんは、、、音さんの人生歩んで下さい。

悔しさがこみ上げる音。

そこへ駆けつけた鉄男も現れました。

おめえ何言ってんだ!?

誰?という音に小学校からの知り合いだと説明する裕一。

鉄男が裕一の腕につかみかかります。

おい!おめえどうした?

何でそんなにひねくれてんだ!

せっかくこの人が見つけてくれた契約何で断んだ?

裕一は今にも壊れそうです。

東京に行け、、、なっ?

俺も行く!作詞する!

お前は曲作る!なっ?

堪えきれず裕一は問います。

何で、、、?

何で?

何でみんな、、、みんな僕のことほっといてくれないんだ。

音が叫ぶようにこう言いました。

救われたからよ!

励まされたからよ!

元気をくれたからよ!

みんなあなたに幸せになってもらいたいの。

自分の人生を歩んでほしいの!

裕一は、返す言葉もなく、扉を開け去って行きました。

部屋へ戻った裕一は、雷鳴がとどろく中、つぶやいていました。

自分の人生、、、。

自分の人生、、、自分の人生、、、。

家族の幸せ、、、。

家族の幸せ、家族の幸せ、、、。

ここまでが、5月7日に放送された朝ドラ「エール」第29話のあらすじのネタバレです。

エール第30話のあらすじを知りたい方は、第30話『裕一の重大な決断』へ読み進めてください。

朝ドラ「エール」第29話の感想まとめ

朝ドラ「エール」の感想
こちらは、朝ドラ「エール」第29話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、エール29話では、音と鉄男が訴えてもほっといてという回でした。

やらかす裕一

ついに、鈴木さんも結婚しましたね。

裕一もおめでとうだけ言えばいいのに、

あ?!鈴木さんが『あのぐらいがちょうどいい』って言ってた、、、。

といらんことを言ってしまいました。

絶対言っちゃダメなことでしょ!

それに、その「あのぐらいがちょうどいい」女性が来ていたのにもびっくりw

それをフォローするかのように、

失敗は誰にでもあるが、失敗から学ぶ人間は少ねえ。

逃げんなよ。自分の心から。

と、軽いようでさらっと重いこと言う落合。

裕一はサイアクで支店長は深いといったことでしょうかw

ハッタリをかます音

光子の言葉を真に受けてハッタリをかます音。

なんだか感じの悪さがでていて気になってしょうがありません。

言葉は悪いですが、性格悪いとしかおもえない、、、。

そもそも本人に黙って勝手に契約ってできるんですか?

結構突っ込みどころ満載のやり取りでしたw

裕一を心配する母・まさの心境

裕一の母・まさに直談判する音。

このやり取りもSNS上で色々話題になっていました。

まず、まさが裕一の傷ついた姿を見たくないと訴えるシーン。

裕一の傷ついた姿をいつそんなに見たんだ?

裕一を一番傷つけてるのは、裕一を権藤家に売った三郎だと思う

と突っ込まれていました。

音楽で傷ついた姿といえば、留学が取り消しになったぐらいで、それ以外で苦しんでいたのは、養子縁組の話で音楽とは直接関係しません。

むしろ、銀行で務めているほうが傷ついているじゃないかという意見も。

成功を求めて傷つくより、身の丈に合った幸せをつかんでほしいの。

この言葉、突っ込み満載でした。

世界のとどろく音楽家は、たしかに普通に考えて身の丈にあってないと考えてもおかしくないですが、将来、銀行の頭取になる裕一も頭取は身の丈にあってないと突っ込まれまくりでしたw

親の気持ちになれば、まささんの親心痛い程わかるから辛いという意見もありますが、親バカという意見も多かったですね。

茂兵衛の妻への思い

茂兵衛が裕一を自分の妻に合わせるシーン。

言葉こそ、少なかったですが。茂兵衛さんも家族を愛してる人なんだなと感じるシーンでした。

眠り続けて10年も離縁することなく、面倒をみていたことも愛を感じますね。

おそらく10年の間にも茂兵衛の両親からやいのやいのと言われていたはずです。

裕一の幸せを願う音と鉄男

裕一と会う前に神父さんに確認させる音。

神父さんもこんな茶番に駆り出されて大変!

という意見もちらほら。

こちらのシーンも色々な角度から駄目だしが結構多かったです。

まずは、裕一の駄目だし。

自分からはまったく動かないくせに、自分でダメって決めつけて、ほんとめんどくさいヤツだと辛らつな意見も。

逆に、音と鉄男から板挟みになっていて、かえって裕一 苦しんでるみたいで辛いという意見もありました。

以上が、朝ドラ「エール」第6週目第29話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第6週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第6週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第6週目のネタバレあらすじ

29話放送のエール第6週「ふたりの決意」は、ただのつなぎとしった裕一が吹っ切れて上京するストーリーとなっています

第6週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第6週「ふたりの決意」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。