エール第34話のネタバレあらすじ!契約交渉に挑む音

こちらでは、朝ドラ「エール」7週目第34話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第33話「はじめての夫婦喧嘩」では、裕一と音が誤解から初めて夫婦喧嘩をするストーリーでした。

エールの第34話「契約交渉に挑む音」では、1年間レコード出していない裕一が減俸されそうになって、音が代わりに契約交渉にいったストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年5月14日(木)放送
第7週サブタイトル『夢の新婚生活』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)

朝ドラ『エール』第34話のネタバレあらすじ

ここからは、5月14日に放送された朝ドラ「エール」第34話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール34話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 偶然久志と再会を果たす裕一
  • 裕一の家に招かれる久志
  • 久志の夫婦喧嘩の仲裁で、仲直りする二人
  • 作曲がうまくいかない裕一を励ます久志
  • 半年が過ぎても道が開けず焦る裕一
  • 廿日市から来期の契約料を半分にされる
  • 最新型の蓄音機を購入する音
  • 音に契約の話をしてキレる音
  • 会社に乗り込んで契約交渉する音
  • 小山田が裕一を推薦したことを廿日市から聞かされる音
  • それをネタに廿日市をゆすり、契約交渉を勝ち取った音
  • 音の契約交渉の報告に喜ぶ裕一
  • 小山田の推薦で専属契約が結べたことを話す音
  • 公演会の選考会募集を音に勧める久志
  • コロンブスレコードのサロンでばったり小山田と遭遇する裕一

久志との再会

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

古山?いや僕だよ、、、佐藤久志。

えっ!?久しぶり!

バンブーで再会を果たした裕一と久志。

まさかこんな形で君と再会するとはね。

本当にびっくりだよ。

窪田正孝演じる古山裕一は、喜びのあまり、音と久志の二人がバンブーで会っていたことも忘れて、裏の自宅に招きました。

どうぞ。

音がお茶を出すと、湯飲みを見て

いい器だ。すてきだ。

と褒める久志。

咳払いしてなんとなく二人を疑う裕一。

あっ、、、誤解のないよう言っとくけど音さんと会ってたのは、あくまでも相談に乗ってただけだ。

ただ単純に純粋に先輩として、彼女に何か助言ができたらと。

山崎育三郎演じる佐藤久志は釈明します。

ふ~ん。

と、まだ少し疑っている態度を取る裕一。

二階堂ふみ演じる古山音

そうよ変な勘違いしないでよね。あなたとは違うんだから。

と、昨日のことを引き合いにだして言いました。

まだそんなこと言ってんの?

と、こちらも怒っている様子。

そんな二人を見た久志は、

ちょっとどうしたの?けんか中?

ねえ。僕に免じて仲直りしてよ。

といって、険悪な雰囲気の二人の手をとり重ね合わせます。

すると二人は、まんざらでもない様子で、ついに裕一のほうから

意地、、、意地張ってごめんね。

と謝るのです。

それを受けて音もいいよといって、喧嘩が丸く収まりました。

二人が仲直りした様子を見て久志も

フフッ、そう、それでいいの。夫婦は仲よくしなくちゃ。

と笑顔でいいます。

改めて久志は、偶然再会した幼なじみの近況に、

レコード会社の専属作曲家か。やっぱり僕の目は正しかったな。

と言い、自慢げな様子。

音は、なんのことか不思議に感じて、

えっ?

っというと、久志が小学生時代の話を始めました。

5年生の時に作曲してくる宿題が出てね。

彼が作った曲は先生に絶賛されて学校でも一躍有名人になった。

つまり、あの時僕が背中を押したからこそ今の君がある。

子供のころから何かと裕一を気にかけていた久志は、幼なじみの成功に誇らしげでした。

フフフ、、、久志変わんないな。

久志は続けて、

仕事の方はどうだい?忙しいのか?

と尋ねると、なかなかうまくいかないと答える裕一。

まあ焦ることないさ。君は選ばれし者なんだ。いつか必ず道は開ける。

音さんだってそう思うでしょ?

そう言われて、音もはいと答えます。

妻と友人の応援を受け、改めて頑張る気持ちになる裕一でした。

その後も、昔の話をしたり楽しい時間を過ごした三人でした。

契約料を半額にされる

裕一は、久志との再会から心機一転、頑張ろうと心に決めますが、なかなか芽が出ません。

ついに半年が過ぎても曲は採用されませんでした。

結局、専属作曲家として1年間に一度も世にレコードを出せないでいたのです。

そんなある日、いつものように駄目出しした廿日市が思わぬことを口にします。

来期の契約料、、、。1,700円でいいかな?

いきなり、契約料を半額にされると言われたのです。

初年度の契約金3,500円。あれ印税の前払い金。知ってるよね?

は、、、はい、、、。

君はさ~、この一年、レコード一枚も出せてないわけよ。

本来会社は、その金返せって言える権利あるのよね。

っていうか普通クビだよ。

はい、、、。

1年間レコードを出していないということは、まったく会社に貢献出来ていないので、当然と言えば当然の話。裕一もそれ以上何も言えませんでした。

最新型の蓄音機を購入する音

何も言えずに家に戻ってきた裕一。

ただいま。

お帰りなさ~い!

出迎えた音は、なぜか笑顔です。

うん?何、、、どうしたの?

音は、何も言わずに裕一をある部屋に連れて行きます。

うん?何?

部屋に着くと、風呂敷に伏せられた何かが置かれていました。

何だと思う?

いや分かんない。えっ?

ジャーン!と言って風呂敷が外されると、それは蓄音機でした。

ち、、、蓄音機!?

そう!裕一さん欲しいって言っとったでしょう。

音楽の仕事には必要なものだし、裕一さんの気分も上がるかなと思って。

で、せっかくだから書発して最新型にしました。

ふ、、、奮発、、、奮発?

今日、廿日市に契約料を半額にすると言われたうえに、高価な蓄音機の購入とダブルパンチでびっくり驚きます。

嬉しい気持ちもありますが、蓄音機の下においてあった紙を覗くとそこには「金壱百円也」の文字が。

現在のお金に換算するとざっと30万円です。

廿日市の言葉が脳裏に蘇ります。

2年目も契約続けるなんて、これすっごい温情だと思わない?

そろそろ利益出してよ~。そのための専属作曲家でしょ?

その日、契約料の話を打ち明けることができずに、寝ることにしました。

契約金のことを告白する裕一

頂きます。

裕一は朝食を食べる前に、音に契約料が半額になった話をしようと決意します。

音。昨日ね、、、。

会社で、あの、契約の話されて、、、。

しかし、言いづらく口ごもってしまいます。

どう伝えていいか分からず、

うん?えっ?ああっ、、、警音機あれいいね。すごくいいよ。ありがとね。

といって話をそらしてしまいます。

よかった!やっぱりうちで音楽が聴けるっていいよね。

そうだ、、、この際だから。頑張って新しくピアノも買う?

蓄音機を購入して強気になった音の提案に、裕一は、

ビ、、、いやピアノ!?いやいや大丈夫、、、それは大丈夫だよ。

と慌てふためきます。

どうしたの?

裕一さん変。

そんなことないと動揺し、また

魚の干物これ大きいね!

と話をそらそうとしました。

しまいには、

これちょっとぜいたくすぎるな。うん。

と妙な言いがかりをつける始末。

絶対におかしいと感じた音は、改めて

本当どうしたの?

と問い詰めます。

裕一ももはや隠しきれなくなって、ついに、来年から契約金が1,700円に減らされることを白状しました。

いや、、、本当にごめん!

何考えとるの!?

ほ、、、本当に、、、本当にごめんなさい!

平身低頭に謝る裕一に、

何で裕一さんが謝っとるの?

と問います。

だってこれもひとえに僕がふがいないせいだから!

と、自分が悪いのだと謝ると、音は

違うよ!私は会社に怒っとるの。

半額なんて冗談じゃない。

その話まだ承諾しとらんよね?

と裕一に確認しました。

正式な契約は、、、ま、、、まだだけど、、、。

そう聞くと、善は急げとばかりに

よし、、、今から行ってくる。

必死で音を止めますが

裕一さん、私にはあなたの音楽家としての価値を守る義務があるの。

と、制止を振り切って出かけてしまいました。

契約交渉にコロンブスレコードに乗り込む音

コロンブスレコードの廊下を厳しい表情で歩く音。

録音室の扉を開け

失礼いたします。

と入ると、加弥乃演じる杉山あかね

何ですか?

と止めに入ります。

音は、そんなことお構いなしに目の前にいた廿日市に

廿日市さん、お時間よろしいでしょうか?

と話しかけると

よろしいでしょうかって、そんな急に来られましても、、、。

と都合が悪そうです。

すると、その場にいた男性が

こちらは?

と声をかけます。

私、専属作家としてお世話になっております古山裕一の家内でございます。

男性は、

古山、、、。

とつぶやきます。

奥さん、、、小山田先生申し訳ございません。

なんと、その場にいた男性は作曲界の重鎮、志村けん演じる小山田耕三でした。

いや~構わんよ。帰るところだからね。じゃあまた明日。

帰る小山田をお見送りに行こうとする廿日市を引き留める音。

がっちりと廿日市の腕をつかんで、

なぜ契約金の減額なんて話になるんでしょう?

すると、古田新太演じる廿日市誉も半ば切れ気味に答えます。

立派な賞を取ろうがどうしようが、庶民が喜ぶ音楽を作れなきゃプロとして失格なんですよ!

廿日市は裕一がなぜ駄目なのかを長々と説明し始めました。

コロンブスレコードには、赤レーベルと青レーベルの2つのレーベルがあります。

赤レーベルは流行歌、青レーベルは西洋音楽で、裕一は赤レーベルの作曲家として契約しています。

これはいわゆる居酒屋のおじさんたちに聴かせる音楽で、普通に盛り上がるメロディーを作ればいいところを、西洋音楽の知識を盛り込んでしまい、台無しにしていると。

それを聞いた音は、

分かりました!その点につきましてはご要望にお応えできるようにします。

ですから、、、。

と契約交渉をしようとすると

やっぱり向いてないんじゃないかな~?

さらに、

小山田先生はどうして彼なんかを推薦したんだろう?

と少し愚痴をこぼすのです。

音はそこで初めて、裕一がコロンブスレコードに採用されたのは、小山田先生の後押しがあったからだと知ります。

小山田先生の話が終わると、廿日市は契約の話を終わらせようと

というわけで、契約金の件は了承して下さい。

といって、出て行こうとします。

すると、機転をきかせて、

ということは、つまり、、、廿日市さんは小山田先生を随分と軽く見ていらっしゃるってことですよね?

というのです。

だって、そうじゃないですか。先生のご紹介で専属契約した主人をこんなぞんざいに扱うなんて。

いやいやぞんざいって、、、。

音は、そうだ!と今度はわざとらしく、

いっそ、先生に直接お願いした方が話は早いかもしれませんね。

私お話ししてきます。ならまだお近くにいらっしゃいますよね?

ちょっと待ったぁ!と止める廿日市を振り返りもせず、部屋を出て行こうとするのですが、、、

小山田先生が推薦してくれたことを知る裕一

というわけで、無事去年と同じ3,500円で交渉成立しました。

帰宅した音は、家で待っていた裕一に報告しました。

す、、、すごいな!!

しかし、音から

だけど今回ははっきり言われちゃった。

契約金は前払い金だからレコードが売れんかったら返済しろって。

と聞かされると、

借金が増えたってことだよね?

と一気に不安になりました。

それでも音は、前向きに

大丈夫!なんとかなるよ!

と肩を叩きながら裕一を励まします。

そして、

あのね、、、今日小山田先生に会った。

裕一さんが専属契約できたのは私の売り込みじゃなくて、小山田先生の推薦のおかげだったみたい。

突然の話に

推薦?えっ?ぼ、、、僕を?だって、ぼ、僕、先生に会ったこともないよ。

と仰天する裕一。

裕一さんが国際作曲コンクールで入賞したこと。先生、ご存じだったんじゃないかな?

それで将来有望な若者がいるって思ってくれたんじゃない?

せ、、、先生が、、、僕を?

裕一は、小山田先生に認められたと思い気持ちは有頂天になるのです。

音に公演会の選考会募集を勧める久志

音楽学校の廊下を話しながら歩く音と久志。

音は、契約料と小山田先生のことを早速、久志にも話しました。

へえ、、、あの巨匠に目をかけてもらったのか。

見てくれとる人は、ちゃんと見てくれとるんですね。

でも音さんもすごいな。会社に直談判しに行くなんて。大した行動力だよ。

照れ笑いしながら

じっとしとれんタチで。

と謙遜しますが

その行動力自分のためにも使ってみたら?

と久志に言われます。

鷹ノ塚記念公演の選考会募集始まるみたいだよ。

廊下に貼ってあったポスターを見て、暗に応募を促す久志。

小山田先生との初対面

裕一は、いつものようにコロンブスレコードのサロンに足を運ぶと様子がおかしいことに気づきます。

サロンに入ると数人の人がヒソヒソ話をしていました。

やっぱりそうですよ、、、。

ああ、、、。

貫禄あるよな、、、。

彼らが見ている方向に目をやると、そこには小山田先生がいたのです。

小山田先生、、、。

振り向いた小山田と目が合う裕一。

ここまでが、5月14日に放送された朝ドラ「エール」第34話のあらすじのネタバレです。

エール第35話のあらすじを知りたい方は、第35話『小山田との初対面』へ読み進めてください。

朝ドラ「エール」第34話の感想まとめ

朝ドラ「エール」の感想
こちらは、朝ドラ「エール」第34話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、エール34話では、1年間レコード出していない裕一が減俸されそうになって、音が代わりに契約交渉にいった回でした。

裕一と再会する久志

マスターの保と恵は、若干修羅場を期待していた感がありましたが、何事もなく収まりましたねw

ついに再会した裕一と久志!

久志もプリンスと呼ばれていましたが、ついに佐藤久志という名前で登場です!

サプライズ好きな久志にとっては、うってつけの再会だったのでしょうがw

夫婦喧嘩は犬も食わないんだけど、久志のおかげで、なんとか喧嘩も収まり万々歳です。

減俸される裕一

今回、廿日市から来年は半分って言われて、裕一はショックを受けていますが、普通はクビなのでは?と思ったのは私だけでしょうかw

エンターテイメンテントの世界は、成果主義で、Mでも9割9分9厘は消えるって言ってましたしね。

結果を出せていないのなら半分貰えるだけでも御の字なのに、それを覆すのがやっぱり音でした、、、

蓄音機を勝手にかってくる音

契約交渉に行く前に、悩みの種が増えた裕一。

先行投資と考えて蓄音機を買ってきた音ですが、普通30万円もするものを、旦那に相談もなしで買いますか?

まあ、蓄音機は経費で落として、税金安く抑えるという見方もできますが、音がそんなこと考えているとは思えませんw

蓄音機買ってきたことで、ますます給料カットのこと言い出せなくなったのはしょうがない面もあります。

もしも、買う前に音にいっていたら、三郎に連絡して、蓄音機は送ってもらっていたかもしれないと想像すると音の図太さがすごくなりそうなのでやめましたw

音の交渉術

目の前にある材料は何でも利用する音。

小山田先生をダシに使うとは、お前はやり手のマネージャーか!とツッコミたくなるほど。

なんというか攻め方が武将の妻のようで、交渉能力高すぎでしょw

以上が、朝ドラ「エール」第7週目第34話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第7週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第7週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第7週目のネタバレあらすじ

34話放送のエール第7週「夢の新婚生活」は、コロンブスレコードと契約したがまったくレコードが出せずに1年が過ぎ、パワフル音さんが契約交渉に挑むストーリーとなっています

第7週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第7週「夢の新婚生活」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。