エール第35話のネタバレあらすじ!小山田との初対面

こちらでは、朝ドラ「エール」7週目第35話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第34話「契約交渉に挑む音」では、1年間レコード出していない裕一が減俸されそうになって、音が代わりに契約交渉にいったストーリーでした。

エールの第35話「小山田との初対面」では、裕一が、刺激物の摂りすぎとプレッシャーで、体調を崩してしまう会うストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年5月15日(金)放送
第7週サブタイトル『夢の新婚生活』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)

朝ドラ『エール』第35話のネタバレあらすじ

ここからは、5月15日に放送された朝ドラ「エール」第35話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール35話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 小山田先生との初対面
  • 小山田からどんな曲を出したのか聞かれる裕一
  • 採用にいたっていないと答える裕一
  • 作曲に没頭するが、廿日市にことごとく突き返される裕一
  • 選考会一次選考の当日にストレスで倒れる裕一
  • お医者さんから安静にしなさいと言われる裕一
  • 急いで選考会会場に急ぐ音
  • 定刻が過ぎていると言われ失格になりそうな音
  • 千鶴子と久志のよって受けられることになった音
  • 一次審査合格するも裕一のことが心配な音
  • 久志に相談すると、妙案があるという久志
  • 裕一の家に突然謎の男・田中がやってくる

小山田先生との初対面

窪田正孝演じる古山裕一がコロンブスレコードのサロンに行くと、奥の方に数人の男性がいることに気づきます。

よく見ると、その中心に座っていたのは小山田先生でした。

志村けん演じる小山田耕三がバニラアイスを食べていると

そもそもバニラってのは何で出来てんだ?これ。

と取り巻きの男に質問します。

バニラ?あっ、、、確か木の実と聞いたことがございますが。

と答えると、

私は木の実を食ってんのか。

と突っ込みを入れる小山田。

取り巻きの男も、ああいや、、、と戸惑った様子。

小山田がバニラアイスを食べ終わりかえろうとしたその時でした。

お、、、小山田先生!

裕一は、勇気を振り絞ってあこがれの先生に声をかけたのです。

は、初めまして。あの、、、こ、、、古山裕一です!

わ、、、私あの、、、よ、、、幼少の頃から、先生、、、先生の本であの音楽の勉強を、、、。

い、、、いつか、あの、、、先生と同じレーベルで音楽を書かせて頂けるよう、し、、、精進してまいります!

古山君。

近づいてきた小山田は

赤レーベルではどんな曲を出したのかな?

え、、、あの、、、あの、、、。

君は赤レーベル専属の作曲家だよね?うん?

あの、、、実はまだ、、、採用には、、、至らずで、、、。

そばで見ていた取り巻きが、

先生、参りましょう。 」

と促すと、小山田はそのままサロンから出て行ってしまいました。

その後ろから、小山田に深々と頭を下げる裕一。

作曲に没頭する裕一

ただいま。

お帰りなさい。

家に帰ると音がいる居間を通り過ぎ、書斎に向かう裕一。

それから、裕一は、小山田先生の推薦によって今の自分があると考え、小山田先生に恥をかかせるわけにはいかないと、作曲に没頭します。

明け方、書斎をのぞいた音は、

裕一さん、全然ねとらんよね?少し休んだら?

と裕一に声をかけました。

そんな時間ない。早く結果出さないと。

小山田先生の顔に泥を塗るわけにいかない。

しかし、焦れば焦るほどいい曲が生まれてきません。

書斎の周りには、ボツになった楽譜の山が散乱していました。

出来上がった曲を廿日市に見せると、

はあ、、、。書き直す度にひどくなるってどういうことよ。

こんな音域で歌う人間いるか!?

出るか!こんなの素人でも書かないよ。

書き直すたびにひどくなってくってどういうことよ。こんな音域出る人間いるかよ!

と突き返されてしまいました。

裕一は、過度はストレスにより激しい胃の痛みを覚えていました。

完全にスランプに陥っていたのです。

すいません、、、すぐにやり直します。

いいよもう。

この詞はほかの作家に任せるから。

あ、、、あの、、、すいませんでした、、、。 」

出演者選考会に挑戦する

えっ?音さん。本当に応募したの?

うん。受けてみることにした。

一方の二階堂ふみ演じる古山音は、久志の勧めもあり、講演会の出演者選考会を受けることにしました。

プリマドンナか、、、憧れちゃう

プリンスとの共演目当てで受ける人も結構いるみたいよ。

う~ん、みんな身の程知らすよね。

うちの学校に千鶴子さんにかなう人なんているわけない、、、。

今年の演目は『椿姫』で、プリマドンナは千鶴子になるだろうと学校内では専らの噂でした。

プリマドンナとは、オペラの主役となる女性歌手で、最も注目される役でもあります。

あっ!でも私は音さんのこと応援するから。

私も。

そんな噂もどこ吹く風とばかりに、音は気合を入れて挑みます。

そこへ通り過ぎた千鶴子。

音は千鶴子のもとへ行き、

千鶴子さん『椿姫』私も挑戦することにしました。

と宣言したのでした。

なぜ私に言うの?

小南満佑子演じる夏目千鶴子は不思議がります。

今の私は千鶴子さんの足元にも及ばないかもしれない。

でも、やらずに後悔するよりやって後悔した方がいいから。

よろしくお願いします。 」

これは、自分自身への決意表明でした。

それは、久志から背中を押されたことや、もとより亡き父・安隆の

やらずに後悔するよりは、やって後悔したほうがいい。

という言葉があったからです。

プリマドンナを目指す挑戦が今日から始まります。

バンブーで作曲する裕一

喫茶店バンブーで作曲を続ける裕一。

ああ、、、コーヒーお代わりください。

野間口徹演じる梶取保は、は~いとカップを受け取りカウンターに戻ります。

カウンターに戻ってきた保に仲里依紗演じる梶取恵が、

ねえ今何杯目?

と心配して声をかけます。

7杯目。

体に悪いよな~

大丈夫。5杯目からはこれだから。

えっ、麦茶? 」

いつの間にかコーヒーが麦茶に変えられていたことにも気付かず集中する裕一。

出演者一次選考会の当日

あおう、あおう、あおう。

一次選考の朝、音は、いつものように鏡の前で発声練習をしていましたが、少し緊張している様子。

自分に言い聞かせるように

大丈夫、、、落ち着いていこう。

すると廊下からバタンと大きな音がしてきたのです。

何事かと思い廊下を見てみると、そこには祐一が倒れていました。

裕一さん!?

驚いた音は駆け寄り、

裕一さん、裕一さん、裕一さん、裕一さん!

と声をかけます。

裕一はお腹が痛いようで、お腹の辺りを押さえながら

うう、、、。

と苦しんでいました。

音は、バンブーの保と恵にお願いして、お医者さんを呼んでもらいました。

何か悪いもん食べましたか?あるいは刺激物をとったか、、、。

恵は

あっ、コーヒー

と保に言います。

心労が重なるとね胃が痛くなることがあります。心当たりは?

まあ、、、。

お医者さんに診てもらうと、刺激物の摂りすぎに心労が重なったのではないかという診断でした。

裕一は、ここ最近、作曲をするときによくバンブーでコーヒーを飲んでいたのです。

先生からは、少し休めば大丈夫だろうと言われ、音は玄関まで先生を見送り部屋に戻ります。

梶取夫妻に

すいませんでした。お医者さん呼んで頂いて。

ごめんな、、、。3杯目から麦茶にすればよかった。

そこではないが誰も突っ込まず。

僕いいから、、、早く学校行って。

でも、、、。

今日選考会でしょ? 」

しかし、音は祐一のことが心配でたまりません。

もしもまた、さっきみたいに倒れたらと思うと気が気ではなかったのです。

そこで、バンブーの保と恵が、看病を買って出てくれました。

音は、急いで選考会会場に向かいました。

選考会会場に到着した音

選考会開始の時間は9時です。

時計を見てもギリギリ間に合うかどうかの状態でした。

音は、急ぎ足で学校にたどり着きます。

教官が時計をみて

それでは時間となりましたので、これより『椿姫』ヴィオレッタ役の一次審査、、、。

と話をしているところに、音が部屋に入ってきました。

遅くなって申し訳ありません。

教官は、

古山音さんですか?

残念ですが、定刻に遅れたので受験資格は失効となります。

と言うのです。

あの、、、。

教官は聴く耳持たずで、

審査が始まりますのでご退室願います。

と言い、頑として受けることを認めませんでした。

すると会場内にいた千鶴子が突然

教官、私の時計は8時59分を指しておりますが。

さらに同じく会場内にいた久志も援護射撃で

僕の時計もです。

先生あの時計は、少々せっかちのようですね。

と、言いました。

教官が二人の主張に、

そ、、、そんなはずは、、、。

というのもお構いなしに久志は音のもとへいき

さあどうぞ。

と椅子に座らせました。

教官も何も言えずに選考会が開始します。

では次、18番古山音さん。

はい。

選考会の第一次審査の結果発表

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

審査が行われると、その日に結果がでるので、部屋でまっている音。

すると、黒板に

一次審査の合格者はこちらの10名です。

二次審査の詳細は追って連絡します。

と合格者が張り出されました。

あった、、、。 」

音は、なんと見事一次選考を通過していました。

通過者はたったの10名で、その中には先ほど助けてくれた千鶴子も、もちろん含まれています。

一次審査に合格したものの裕一がまた無理をしているんじゃないかと、心配で気が気ではありませんでした。

結果の報告もしたかったので、家に帰ろうと廊下を歩いていると後ろから久志に呼び止められます。

音さん。

よかったね。おめでとう。

山崎育三郎演じる佐藤久志が裕一もきっと喜ぶよと言うと、音は

はい、、、。

と、歯切れの悪い口調で答えました。

どこかいつもと様子が違うと感じた久志がどうしたの?と事情を聞くのです。

音は、祐一が倒れたことや作曲がうまくいっていないことを久志に相談しました。

そうか、あいつも袋小路に迷い込んでるんだな。

小山田先生に会ったらあったら、ますます重圧を感じてしまったみたいで。

なるほどね、、、。

早く世間に認めてもらいたいって焦ってるんです。

なんとかしてあげたいけどどうしたらいいのか、、、。

裕一がまだ一曲も世に出せておらず、相当焦っていることを知った久志。

ごめんなさい。もう行かんと。

というと、久志は、

分かった。僕に任せて。

と言いました。

突然の来訪者

一次選考会を合格した数日後。

音が家に帰ろうとすると、後ろから学生の団体が歩いてきたのです。

何?何なの?

その学生の団体は古山家の玄関先にきて、一人の男が

古山裕一先生はおりんしゃあとでしょうか?

と、大きな声で言いました。

書斎で作曲を続けていた裕一は、

はい?何でしょう?

と誰なのか気にしていない様子で返事をするのです。

失礼します!

と玄関扉を開けて、学生の団体が家に入っていきます。

待って待って待って待っ!ちょちょ、、、止まって!止まって。

それを止めようとする音。

裕一は騒ぎを聞いて何事かと思い、書斎の扉を開けてみると、

えっ?何何何?何、、、?おお、、、うん?うん?うん?

三浦貴大演じる田中隆の後ろにいた応援隊員たちがゾロゾロと入ってきて、おどおどしている裕一を取り囲み、頭を下げました。

私は、早稲田本学応援部5代目団長田中隆ち言います!

へっ?

裕一は何が起きたのか全く分からず混乱している状態です。

ここまでが、5月15日に放送された朝ドラ「エール」第35話のあらすじのネタバレです。

エール第36話のあらすじを知りたい方は、第36話『応援歌作曲の依頼』へ読み進めてください。

朝ドラ「エール」第35話の感想まとめ

朝ドラ「エール」の感想
こちらは、朝ドラ「エール」第35話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、エール35話では、裕一が、刺激物の摂りすぎとプレッシャーで、体調を崩してしまう会う回でした。

小山田との初対面

志村けんさん見てると、真面目な顔しながら突然、ヒゲダンス踊ったり、「なんだチミは!」とかいいそうで、少し期待していましたw

何か面白いことやってくれるんじゃないかって期待させる志村けんさんを思うと、ほんとに惜しい人を亡くしたとしみじみ思います。

本人が言わずとも、取り巻きに志村けんさんを彷彿とさせる

何だね、君は。

といわせたのは、完全に狙った感みえみえです!

小山田の役的には、アドバイスもくれず、裕一に対して塩対応でしたが、アイスクリームを引き合いにだしたのは、小山田の心の冷たさを暗示してるのかなと思いました。

塩対応を逆にとれば、「まずは結果を出せ」「 自分に求められているものを理解しろ」ということかもしれませんが、、、

取りつかれたように作曲する裕一

取りつかれたように作曲する裕一。

頑張ったうえで、歌えない音域の曲書いちゃうって、相手のことを思って曲をかいてないですよね。

歌い手がちゃんと歌えるような曲じゃないと。

青レーベルで出したい意識が強すぎるのか?

裕一は、梅に曲作りで振ってくる音を五線譜に落としこむ的なことをいってたけど、観客の気持ちが分かっていないですよね。

コーヒーと麦茶の違いも分からないくらい追い込まれている裕一

コーヒー5杯目から麦茶、、、

コーヒーカップが竹みたいだったのは、店名のバンブーから来てることはさておき、何で喫茶店で作曲?

相変わらず楽器がなくても頭だけで曲を作る裕一は天才なのかと不思議に思います。

作業に没頭しすぎて、コーヒーと麦茶の区別が付かなくなるパターンはさすがに無理があるだろうと思うのですが、3杯目からなら大丈夫だったとかいう話ではないですよねw

小ネタになりますが、お医者さんは、朝ドラ「ひよっこ」の石鹸工場の社長さんですよね?きっと。

以上が、朝ドラ「エール」第7週目第35話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第7週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第7週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第7週目のネタバレあらすじ

35話放送のエール第7週「夢の新婚生活」は、コロンブスレコードと契約したがまったくレコードが出せずに1年が過ぎ、パワフル音さんが契約交渉に挑むストーリーとなっています

第7週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第7週「夢の新婚生活」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。