エール第39話のネタバレあらすじ!音、豊橋に帰ります

こちらでは、朝ドラ「エール」8週目第39話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第38話「自信を失くす裕一」では、小山田先生の塩対応にやられてしまう裕一のストーリーでした。

エールの第39話「音、豊橋に帰ります」では、音が実家の豊橋に帰って母・光子からアドバイスをもらうストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年5月21日(木)放送
第8週サブタイトル『紺碧の空』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第39話のネタバレあらすじ

ここからは、5月21日に放送された朝ドラ「エール」第39話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール39話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 豊橋に帰省する音
  • 姉の吟とお見合いをした鏑木が関内家に挨拶にきていた
  • 裕一のことで光子に相談する音
  • 鏑木に話を振る光子
  • 軍人は誰かのために戦うと答える鏑木
  • 誰かのために作っていないから作曲ができないとアドバイスする光子
  • 音が家出してパニックなる裕一
  • 急いで久志を呼び出す裕一
  • 音がいなくなっただけだと呆れる久志
  • 心当たりがないか裕一に聞く久志
  • 応援歌を断ったこと、交響曲『反逆の詩』を小山田に見せたことを話す裕一
  • 交響曲『反逆の詩』を見て、悪くはないという久志
  • 裕一の家に泊まることにした久志
  • 朝食を食べる裕一と久志
  • 久志に音の実力を聞く裕一
  • 学年で二番目で、一番は双浦環の再来という人もいると話す久志
  • オペラを作ってあんな人に歌ってほしかったとこぼす裕一
  • 作曲やめるようなことをいうなと怒る久志
  • 東京に戻ってきた音は、早稲田大学応援部の部室を訪ねる
  • 田中に自分の思いを裕一に伝えてほしいとお願いする音
  • 裕一に自分の思いを伝えてるため古山家にやってきた田中
  • 諦めてくださいと聞く耳を持たない裕一
  • 連敗連敗で応援する気持ちを持ち続けるのは難しいと訴える田中
  • どうして応援を辞めないのか尋ねる裕一
  • 田中が早慶戦にこだわる理由を話す

豊橋に帰省する音

自信喪失している裕一を見て音は何とかしなければいけないと考えます。

テーブルの上に

豊橋に帰ります。音

の置き手紙を置いて、実家の豊橋に帰ることに。

関内家では、吟が婚約者の鏑木を連れて帰ってきていました。

二人は順調に交際をして、晴れて結婚することになったのです。

今日はちょうど鏑木が光子に結婚の挨拶に来ていたのでした。

ただいま~。

1年ぶりに実家に戻ってきた音は、松井玲奈演じる関内吟と鏑木をみて

お姉ちゃんうまくいったんだね!

少々堅いところがある姉ですが、よろしくお願いいたします。

そこがよいところと承知しております。

と答える鏑木。

それよりどうしたの?

薬師丸ひろ子演じる関内光子が聞くと改めて居間で話をすることに。

久しぶりに家族全員が揃った関内家の前で、音は裕一が自信喪失して作曲がまったくできない状況を説明しました。

難しい問題ね。

とつぶやく光子。

すると森七菜演じる関内梅

私は、裕一さん大丈夫だと思う。

と答えます。

どうして?と聞くと

だって才能があるじゃん。

と即答する梅に、才能があっても発揮できていないと嘆き、

でも、、、それよりも何よりも、、、このままじゃ裕一さんが裕一さんじゃなくなる。

と、心配でたまらない様子です。光子は

鏑木さん、どう思いますか?

と質問しました。

鏑木は少し戸惑いながら、

あっいや、、、私は軍人ですし、音楽の世界は存じませんが、軍人が命を懸けて戦えるのは、誰かのためだからです。

祖国・両親・友人・戦友のために戦うのです。

裕一さんはどうですか? 」

鏑木にそう言われ、返答に困った様子の音。

音が家出してパニックなる裕一

そのころ東京の裕一は、置手紙に気づき慌てている様子。

パニックになり久志に助けを求めました。

こんなことで呼び出したの?

何事かと思ったら、音がいなくなっただけだったと呆れる久志。

こんなことじゃないよ。一大事だよ!豊橋行ってくるわ!

と興奮している裕一にちょっと座れと言い、落ち着かせて

こうなった原因は何だ?

と聞きます。

早稲田の応援歌、断ったからだと思う。

とふてくされた様に答えました。

さらに山崎育三郎演じる佐藤久志

なぜだ?なぜ書かない?

と聞くと、書かないんじゃない。書けないんだと訴える裕一。

西洋音楽なら書けるよ。人から依頼されたものが書けない。

そう言うと、西洋音楽なら書けるのかと問われ、

するとうん!といって、先日作曲した交響曲『反逆の詩』の譜面を手渡しました。

あの小山田先生にも見せたんだ。

そして、賞賛の言葉を期待していたが、逆に冷たい対応であしらわれ

ショックを受けたことを話しました。

ふ~ん。そこまで悪くないと僕は思うぞ。

と久志がフォローします。

裕一は、もうそのことは吹っ切れた様子で、それよりも音のことが心配で元の話に戻しました。

すると、これまでの話を聞いた久志は、

応援歌が原因なら、、、応援歌書くしかないだろう。

と訴えます。

だから、、、だから書けないんだってば!

彼女を取り戻せるとしてもか? 」

裕一は音と応援歌を天秤にかけられたような感じで、何も答えることができませんでした。

その晩、久志は古山家に泊まることにしました。

作業場で懐かしがってる音

懐かしい?

音が、作業場で懐かしがっていると光子が話しかけてきました。

まだ一年しかたっとらんのに、どうして懐かしいんだろうね?

と言うと、音の心がここから離れて言ったからと光子が答えます。

鏑木の話になって、光子もやっと吟が結婚できたことを喜んでいる様子。

お婿さんだけど一緒には住めんのでしょ?

軍人さんだからね。

あっ、、、梅も東京行きたいみたいだからよろしくね。

吟は鏑木が住む家へ、梅は近い将来東京に上京する話を聞いて、

お母さん、寂しくない?

このうち誰もいなくなっちゃう。

光子は、そんな音の心配をよそに

うん!娘が元気で愛する人と幸せに暮らしとるなら十分。

と答えるのです。

なるべく帰ってくるようにするから。

じゃあ、帰ってくるなら、孫連れて帰ってね。

と笑って見せる強い母光子でした。

朝食を食べる裕一と久志

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

納豆を混ぜ混ぜしながら朝食をとっている裕一と久志。

朝食を食べながら、裕一が

ねえ音って実力どうなの?

と久志に尋ねます。

学年で2番目だ。まあ1番との間はかなり開いてるがな。

と、忖度なしで久志が答えると

へえ~そんなすごい人いんだ。

一番とはもちろん夏目千鶴子のことです。

加えて、環の再来だって言う人もいると話すと

双浦環か~。オペラ作ってあんな人に歌ってほしかったな。

おいおい作曲やめるようなこと言うな。

となだめますが、

昨日ね、あれから努力したんだけど、、、やっぱ書けなかった。もう無理だよ。

と久志にいうのです。

田中にお願いする音

無理じゃない!

そのころ、豊橋に帰省していた二階堂ふみ演じる古山音は、すでに東京に戻っていました。

向かった先は、裕一の待つ自宅ではなく、なぜか早稲田大学応援部の部室を訪ねていました。

突然の音の訪問にびっくりした田中が、

やけど、、、。

と訴えようとします。

しかし、三浦貴大演じる田中隆に何も言わさずに

『やけど』じゃない!あなたしかいない。あなたのために作ってもらうの!

やけど、、、応援歌はみんなのもん、、、。

と話をしようとすると、また間に入って

分かっとる!だけど今の裕一さんには心を動かす言葉が必要なの!

と訴えます。

俺は頭も悪かやし口下手ですけん!

と半ばキレ気味に大声を上げると、

分かっとる!

口下手でもいい。あなたの思い気持ちを伝えて!

裕一さんの心を動かして!

凝り固まった頭を吹っ飛ばして!

と、つぎつぎと田中に活を入れます。

音は、裕一が書けないのは、誰かのために作ってないからだと話し、その思いを伝えるのは田中しかいないと思っているのです。

そして、最後に

いい?早稲田の勝利、古山家の未来、古山裕一の音楽人生の全ては、あなたの双肩に懸かってます。

頑張って!

音の気迫が伝染してやる気をだす田中。

よし!といって田中は古山家に向かうのです。

裕一を説得に家にやってきた田中

シュークリーム買ってきたぞ。

裕一が縁側で寛いでいると久志がシュークリーム買って帰ってきました。

あれ?が、、、学校は?

と聞くと、裕一が作曲するまでは帰らないと久志。

その割には無理にすすめないね。

自分で気付かないとね。人は変わらないから。

僕は変わったから書けなくなったんだよ。

違うよそれは。

久志は、自分自身で気づくことが一番大事だと話し、見守るつもりでした。

するとそこへ

古山先生はおりんしゃあですか?

という声が玄関からしてきます。

団長に気づき、おどおどしていると久志の姿が見当たりません。

相変わらずの逃げ足。久志?

といってる間に、失礼しますと田中がずかずかと家に入ってきました。

し、、、試合明日でしょ?あ、、、諦めて。

と先に言いますが、田中も

そげなわけにはいかんたい! 」

と訴えます。

田中の告白

田中は縁側に座り裕一になぜ応援団に入ったのかを話し始めました。

話の内容は、田中が九州にいたときの中学時代に遡ります。

中学時代には、野球部に入学し、地元では甲子園にいけるかもしれないと期待されるほどでした。

その原動力となっていたの、バッテリーを組んでいた親友の清水誠二という青年でした。

いつものようにグラウンドの隅で、清水とキャッチボールをしていたときに、田中はちょっとだけふざけてやろうと遠くにフライを投げたのです。

清水はその球をしっかりとろうと思って、思いっきり走って取ろうとするのですが、運悪く溝にはまってしまい、足に深い傷を負ってしまいました。

あまりの痛みで倒れこむ清水にかけより、足を見ると血がたくさん流れていて、すぐに町医者のところまで運び、手術をしてもらったのですが、悪いことは続き、麻酔がうまく効かなかったことで、清水は壮絶な痛みに苦しんだのです。

その時、

何か必要なもんは?

と聞くと、今早慶戦をやっているから痛さに耐えるためにラジオを聞かせてくれとお願いします。

田中はすぐにラジオを持ってきて、清水に早慶戦を聞かせます。

清水は、ラジオから流れる早慶戦に励まされて、なんとか手術を乗り越えたのですが、足には後遺症が残り、元通りにはならなかったのです。

それは、野球人生を終わらせる出来事でした。

清水はその後、学校を辞めてしまいます。

田中はその時の出来事をずっと悔いていたのですが、しばらくしてからたまたま清水にあったときに、

俺に何かできることなかね?

と聞くと、清水は

別になかっちゃけど、、、強いて言うなら、早稲田ば勝たしてくれや。それが一番の楽しみやけん。

と答えました。

そして、田中は清水の望みを叶えようと早稲田の応援団に入り、団長にまでなったのです。

俺はそん時気付いたとです。

野球ば頑張っとる人のラジオば聞いて頑張れる人がおる。

頑張ることは、、、つながるんやって。

そしたら、、、俺にできることは何か?

野球の技量はなか。

選手が活躍するために、、、応援することしかないんじゃないかって思って。

その言葉を聞き、祐一は

何で僕なんですか?

と投げかけます。

俺は、、、器用なやつは好かん。先生は、、、不器用やけん。

苦笑いしながら

何だ、、、賞取ったからじゃなかったのか。

と小さな声でつぶやきます。

そしてなぜか涙もこぼれてきました。

先生、、、書いて下さい。

清水のために。

そう言って田中はボールを握らせます。

明日までだね?

裕一は笑顔で言いました。

田中がはいと言うと、ようやく決心がついたように

はい。

と返事をしました。

そして2人に笑い声がこぼれました。

裕一の心に誰かのために作るという想いが伝わった瞬間でした。

それを玄関で聞いていた音。

先生、、、

ちなみに、、、こん食べ物は何ですか?

何気にシュークリームが気になっていたようです。

シュークリーム。食べてみて。

一口食べて

うまか~!

うまか~!

と合わせて2人で笑います。

玄関で聞いていた音は安堵して微笑むのでした。

ここまでが、5月21日に放送された朝ドラ「エール」第39話のあらすじのネタバレです。

エール第40話のあらすじを知りたい方は、第40話「応援歌『紺碧の空』」へ読み進めてください。

朝ドラ「エール」第39話の感想まとめ

朝ドラ「エール」の感想
こちらは、朝ドラ「エール」第39話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、エール39話では、音が実家の豊橋に帰って母・光子からアドバイスをもらう回でした。

実家に帰る音

豊橋に帰ります。音

作曲をする自信を失った裕一に、音さんが絶望した結果がこの書き置き

ご飯作らないのも実家に帰るのもどうしてなのか分かりませんでしたが、相談にいったんですね。

しかも光子に相談するも鏑木さんが答えるという展開。

婚約の報告にいったのに、突然義妹の夫婦喧嘩の話を聞かされ、更に意見を言わされるとは想定外の何者でもありませんw

姉の吟が無事結婚できることは喜ばしいことですが、鏑木さんが軍人なのはちょっと引っかかりますよね。

これまでの朝ドラを見ても、戦争で亡くなるパターンが多いので、いつか吟の泣く姿を見ることになるんじゃないかと心配です。

団長の話

音が田中にお願いするシーンで

俺は頭も悪かやし口下手ですけん!

という田中。

そもそも頭が悪かったら早稲田大学に入れないと思ったのは私だけでしょうかw

当時の早稲田はそこまで頭がよくなったのかもしれませんが、あの時代に大学に行ってること自体が一般の人よりは特別だったような気もします。

それにしても、音は、えらいもんを団長に背負わしましたねw

今回、早稲田VS慶応義塾の野球の話ですが、コロナの影響で甲子園中止が決まった翌日に、田中の過去の話はちょっと辛いものがありましたね。

以上が、朝ドラ「エール」第8週目第39話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第8週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第8週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第8週目のネタバレあらすじ

39話放送のエール第8週「紺碧の空」は、▲▲するストーリーとなっています

第8週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第8週「紺碧の空」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。