エール第40話のネタバレあらすじ!応援歌「紺碧の空」

こちらでは、朝ドラ「エール」8週目第40話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第39話「音、豊橋に帰ります」では、音が実家の豊橋に帰って母・光子からアドバイスをもらうストーリーでした。

エールの第40話「応援歌『紺碧の空』」では、曲を完成させ、慶応義塾に勝利するストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年5月22日(金)放送
第8週サブタイトル『紺碧の空』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)

朝ドラ『エール』第40話のネタバレあらすじ

ここからは、5月22日に放送された朝ドラ「エール」第40話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール40話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 明け方曲を完成させて田中に手渡す裕一
  • 『紺碧』を『紺壁』と書き間違えて笑う二人
  • 邪魔されないように事務局長をロープで縛る団員たち
  • 『紺碧の空』で挑む早慶戦
  • 二戦勝利してついに慶応義塾に勝利した早稲田
  • 球場で応援していた音と裕一も喜ぶ
  • ラジオで聞いていた田中の親友・清水は静かに勝利を噛み締める
  • 試合の帰りにラーメン屋に立ち寄る音と裕一
  • 応援団がやってきて二人にエールを送る
  • 翌日、コロンブスレコードで木枯と会う裕一
  • これから何をどうしていいのか分からないという裕一
  • 目を閉じてみたらと言われ、閉じると何かが浮かんだ裕一
  • 今できることを頑張ってやってみると誓う裕一
  • 鉄男が上京してきて、ついに幼なじみ三人が揃う

曲を完成させた裕一

田中の告白から曲を書き続けていた裕一。

夜が明け朝日が昇っても譜面に向かい、もくもくと曲を書いています。

団長の田中から預かったボールを手にすると、団長の話が脳裏に蘇りました。

野球ば頑張っとる人のラジオは聞いて頑張れる人がおる。

頑張ることは、、、つながるんやって。

最後の音符を書き終えて顔を上げると、仕事部屋の中では早稲田の応援部の面々が雑魚寝をしています。

裕一は、そっとボールで田中の額をコンコンとし、目を覚まさせ、

書けました。

と譜面を渡しました。

田中は譜面を受け取り、感慨深げに顔を上げ、

先生、、、。

うん?

『紺碧』の『碧』が『壁』になっとります。

といいました。

ごめんと謝りながら、二人で笑います。

早慶戦の行方

早慶戦では、3試合を戦います。

三連戦の初日に早稲田大学応援部の団員たちは、事務局長を部室に監禁することにしました。

事務局長がロープで柱に縛られ、

君たち!もう小山田先生に曲を、、、。

と言いかけると口を手ぬぐいで塞がれます。

事務局長を縛ったのは、先日、小山田に応援歌の作曲を依頼するといったことから、裕一が作曲した曲を応援歌で披露するのを妨害する恐れがあったからです。

柱に縛られた事務局長に田中は、

ラジオばかけときますけん。試合終わるまで辛抱しとって下さい。

と言い、団員たちは事務局長に有無を言わせぬ心積もりです。

部室にもどり、

慶應との決戦が始まるばい。

この3年間の屈辱ば晴らす時が来たと!

『紺碧の空』で『若き血』をば倒す!

意気込む団長に、はい!とこたえ士気が上がる団員たち。

早稲田ここにあり~!

と雄叫びを上げる田中。

そして秋の早慶戦が始まりました。

初戦は必死の応援も実らず、慶応打線を3安打に抑えるも1対2で敗北。

二戦目は早稲田三原がホームスチールを挑み成功、念願の勝利を収めます。

1勝1敗で迎えた三戦目、最終戦となるこの日は、日本中が注目する1戦です。

裕一は試合前に応援団員たちに『紺碧の空』の合唱指導をおこない、音と一緒にスタンドから応援をしました。

さあ最終回、早稲田このまま勝利を収めるか!?

喫茶バンブーではマスターの保や恵、早稲田の学生、一般客がこぞって応援しています。

そして久志は、本を読んでいましたが、固唾を呑んでラジオ実況に聞き入っていました。

九州のある工場でも皆が手を休め、ラジオに集中しています。

その中には、田中とバッテリーを組んでいた清水の姿がありました。

早稲田大学応援団は、『紺碧の空』で一生懸命応援します。

ピッチャー投げた!

三振!ゲームセット。

応援に応えるかのように、ついに早稲田が勝利したのです。

その瞬間飛び上がって歓喜に浸るスタンド。

スタンドでは感涙にむせぶ田中、そして、その試合を見に来ていた裕一たちも観客とともに大いに喜びます。

そして、ついに母校に勝利を!という清水の想いを叶えた瞬間でもありました。

5対4で早稲田勝利。まことに劇的場面であります!

早稲田側スタンド皆総立ちとなって乱舞また乱舞!

バンブーでも梶取夫妻がハイタッチをし、客と握手を交わし、興味なさそうにしていた久志も微笑んでいます。

早稲田を象徴す、えんじ色の校旗が夕闇にたなびいております。

工場でも沸き立つ工員たち。

清水は大騒ぎすることなく、静かに勝利を噛みしめています。

裕一へのエールを送る応援団

試合の帰りに、古山夫妻はバンブーの前の屋台でラーメンを食べていました。

鳥肌まで立っちゃった。すごかったね。

と、まだあの時の感動がさめない様子の音。

うん、、、話には聞いてたけど実際に体験すっと全く違った。

初めての体験で、試合に勝ったことや、皆が興奮していたのが忘れらず

何だろうね?知らん人同士なのに一体感が生まれた時のあの興奮って。

あれこそ、こう奮い立つってことなのかな?

と、2人もまだ興奮が冷めやらない様子です。

裕一さんがまた音楽に向き合ってくれて私うれしかった。フフッ。

裕一もありがとうと礼を言った後に、音に何かを言おうとしました。

うん?何?

うん?おいしいよこれ。

と誤魔化しますが、何?言ってよ、何?と促がされ、照れて周りを見回しながら

音のことがもっと好きになった。

と答えます。

デレデレな2人で幸せそうですが、先日までの夫婦げんかはどこへやら、、、

先生~!

そこへ田中率いる早稲田応援団がやって来ました。

団長におめでとうと伝えます。

いや先生のおかげです!

早稲田ば救ったのは先生です。

と、言われますが、

「救われたのは僕の方です。おかげで目覚めました。」

と逆に感謝のことばをおくります。

そげんですか。何かよく分からんですが、先生のお力になれたとなら何よりです。

そんな団長が大好きだと田中に飛びつく小熊。

わちゃわちゃしてみんな楽しそうです。

すると、全く曲が採用されない裕一にエールを送りたいといい始めました。

フレー!フレー! 古山!フレ!フレ! 古山!

そして、続いて古山夫妻へのエールを込めて全員で『紺碧の空』を歌います。

紺碧の空仰ぐ 日輪

光輝あまねき 伝統のもと

すぐりし精鋭 闘志は燃えて

理想の王座を占むる者 われ等

早稲田 早稲田

覇者 覇者 早稲田

青春の時 望む栄光

威力敵無き 精華の誇

見よ この陣頭 歓喜

古山夫妻も一緒になって口ずさみます。

遠く離れた地にいる清水。

田中から贈られた「天下無敵のバッテリー!!」と書かれたボールを手に取り、しみじみと眺めていると、歓喜がこみ上げてきてようやく涙が出てきました。

他の工員の前では照れくさくて喜ぶことができなかったのかもしれません。

勢い余った応援団員から胴上げされる裕一。

まだ1枚も世にレコードを出していない22歳の無名の作曲家、古山裕一が作った早稲田の第六応援歌『紺碧の空』は、その後早稲田の第一応援歌へと昇格し、現在まで早稲田の学生たちに力を与え続けています。

怒りがこみ上げる小山田

申し訳ございませんでした!

一方、小山田の屋敷では、早稲田大学の事務局長が頭を下げて小山田に詫びていました。

それはもういいって言ってるだろう。

事務局長は生徒たちに監禁され、裕一の作曲した曲が応援歌として既成事実となってしまったため取り消すことができなかったことや、今後は小山田先生の歌を優先するよう指導するのでどうかご了承を、と必死に取り繕います。

すると、小山田は

それはもういいって言ってるだろう!

と机をバンッ!と叩いて繰り返します。

心の中では、無名の若き作曲家に対する対抗心を燃やしていたのかもしれません。

古山家では早稲田応援部から送られたペナントを壁に飾っていました。

慶應のお礼は銀の食器だったらしいよ。

と音が言うと

僕はこっちの方が好きだな。フフフ。

と嬉しそうな裕一。

木枯との会話

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

翌日、裕一は、コロンブスレコードに出社しました。

廊下には、木枯のデビュー曲『影を慕ひて』が再発売になるというポスターが貼られていました。

変だろう?B面の曲だったのに、、、。

うしろから木枯が声をかけてきました。

まあでも木村正人のデビュー曲だもん。

まあね、、、。最初に出した時は認めてもらえなかったけど。

録音室に誘う木枯に

サロンで話せばいいのにと言うと、あそこだといろんな人に声をかけられるからこっちの方がいいと言われます。

録音室に入る二人。

そんなことより、、、いろいろ聞いて心配してたんだよ。

どうやらかなり裕一のことを心配してくれていたようです。

もう一度頑張ってみようと思うと答え、

今回の体験から、木枯に尋ねます。

木枯君曲書けなくなったって経験ある?

あ~、、、ギター持っちゃえば何かしら浮かんでくるけど。

といってギターを弾き始める木枯は、

教えてよ。僕もいつか書けなくなる時が来るかもしれない。

曲が浮かんでこないってどんな気分なの?

と質問してきました。

僕、、、ずっと自分見てた。

ただひたすらに自分自分自分。

僕の頭ん中僕でいっぱいだった。

そこに誰も、、、誰も入る余地なんてなかった。

自分がどのような状態だったのかを正直に話します。

それを聞いていた木枯が

へえ~、、、俺はかわいい女の子でいっぱいだけどね。

と話すと、フフフと笑ってしまう裕一。

僕は自分の力示すことに固執してた。

うん、、、そんな独り善がりの音楽伝わるわけない。

それを聞いた木枯は、近寄って

やっぱり君は天才だよ。

と言います。

天才ならとっくに気付いてるよ。

しかし、木枯は、天才だから気づかないんだと肯定します。

裕一は木枯の言葉を素直に受け取りましたが、これから何をどうしていいのか分からないでいました。

誰かを思い浮かべるんだろ?目を閉じてみたら?

という言葉に言われるがまま目を閉じてみる裕一。

すると脳裏に何かが浮かんできたのです。

あっ!あっ!

と裕一が騒ぎ出した頃、録音室の前室に廿日市が飛び込んで来て何か叫んでいますが聞こえません。

これまでのやり方じゃ駄目だ!

今、、、今できることを頑張ってやってみるから!

ありがとね!本当にありがとう!

木枯の手を取って礼を言います。

後ろでは、

お~い!古山君!

と廿日市が叫んでいましたが、気づかない様子。

学校を休んでいた音

その頃、音楽学校に登校していた音。

潔子と雑談しながら廊下を歩いていると、千鶴子とすれ違います。

すれ違いざま千鶴子は

やめたのかと思った。

と言いました。

二次選考会まであと2週間。なのにあなたは先週休んだ。

あなた本気で歌手を目指してるの?

それとも私がいるから諦めてるの?

立て続けに言葉を投げかける千鶴子に対し、

音は振り返りながら

もしかしたら諦めていたのかもしれない。

今から千鶴子さんの技量を試すのは無理だって。

でも歌は、、、音楽は技量だけじゃない。

心から生まれるものだってことを昨日彼のおかげで知りました。

と答えるのです。

そして、改めて千鶴子に戦いを挑むため

ヴィオレッタ本気で勝ち取りにいきます。

よろしくお願いします。

と、深く頭を下げ宣言をしました。

鉄男の上京

後日、古山家の玄関の前には困惑した顔をした中村蒼演じる村野鉄男が立っていました。

裕一の脳裏に浮かんだのは幼なじみの鉄男の顔だったのです。

鉄男をバンブーへ誘い出し、話を持ちかけます。

大将一緒に曲作んないか?君もそろそろ夢に向かって進む時期だ。

しかも、、、歌うのは久志だ!

指をパチンと鳴らすと、後ろから久志が登場します。

久しぶり。覚えてると思うけど、、、佐藤久志です。

とうとう揃った幼なじみの3人。

何が始まるのやら、、、

ここまでが、5月22日に放送された朝ドラ「エール」第40話のあらすじのネタバレです。

エール第41話のあらすじを知りたい方は、第41話「幼なじみ三人の再会」へ読み進めてください。

朝ドラ「エール」第40話の感想まとめ

朝ドラ「エール」の感想
こちらは、朝ドラ「エール」第40話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、エール40話では、曲を完成させ、慶応義塾に勝利する回でした。

鉄男がやってきた

ついに久しぶりの登場!

鉄男が倉庫から出てきましたw

幼馴染みにあんな対応するなんてさすがはプリンスですね。

ついにそろった三羽ガラス!

新たな展開の始まりですが、どの曲の誕生秘話になるのか来週も楽しみです。

以上が、朝ドラ「エール」第8週目第40話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第8週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第8週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第8週目のネタバレあらすじ

40話放送のエール第8週「紺碧の空」は、▲▲するストーリーとなっています

第8週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第8週「紺碧の空」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。