エール第45話のネタバレあらすじ!再び現れた希穂子の決断は?選考会の結果は!?

こちらでは、朝ドラ「エール」9週目第45話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第44話「鉄男が作詩した『福島行進曲』」では、迷惑だからお帰りくださいと失恋した大将が、故郷を題材にした『福島行進曲』の詩を書いて、裕一が作曲し、作曲家デビューを果たすストーリーでした。

エールの第45話「選考会の結果」では、大将と希穂子の悲しい愛の結末と、恋愛の機微を目の当たりにした音が涙を浮かべながら歌い、見事ヴィオレッタ役に選ばれるストーリーとなっています。

まずは二階堂さんおめでとうですが、今週のエールは、どちらかと言えば、我らが乃木大将と希穂子が主役の回でしたね。この男女をいつか結ばせてやってちょうだいと願うばかりです!

朝ドラ「エール」
2020年5月29日(金)放送
第9週サブタイトル「東京恋物語」

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)

朝ドラ「エール」第45話のネタバレあらすじ

ここからは、5月29日に放送された朝ドラ「エール」第45話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール45話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーになります。

  • 朝早くからイタリア人の先生を呼んで歌の練習をするライバル
  • 特製蜂蜜しょうが紅茶で喉にいいやつを貰う
  • バンブーでお祝いパーティーを企画
  • 最近の私は「人はあべこべ」に気づいたわと話す
  • お祝いパーティーに参加してほしいとお願いする
  • お金を受け取ったから後戻りはできないと話す
  • 貸切でお祝いパーティーを開催
  • 歌えなかったプリンスは、コロンブスレコードはいずれ後悔すると予言
  • 福島三羽ガラスで必ずレコードを出すと誓う三人
  • 遅れて元恋人登場
  • 自称親友がレコードを一緒に聴こうと誘う
  • 曲が流れる中、愛の告白をする
  • ありがとう、楽しかった、さようなら、、、
  • 『椿姫』最終審査当日
  • 悲恋を思い馳せながら、涙を浮かべて歌う
  • 玄関前で喜ぶ古山夫婦

イタリア人VS特製蜂蜜しょうが紅茶

『椿姫』の最終選考会を翌週に控えたある日のこと。

潔子(清水葉月)と廊下を歩いていると、和子(金澤美穂)がレッスン室を覗いていました。

三人で覗いてみると夏目千鶴子(小南満佑子)が早朝から歌のレッスンをしていたのです。

千鶴子は、わざわざイタリア人の先生から特別レッスンを受けていて、気合が入っている様子を見たら、負けられないという気持ちが湧いてきました。

学校から帰ってから、喫茶店『バンブー』で楽譜を見てイメージトレーニングをしていると、梶取恵(仲里依紗)が、喉にいいやつと言って特製蜂蜜しょうが紅茶を淹れててくれました。

その横では、梶取保(野間口徹)が『福島行進曲』のレコードを壁に飾っている最中で、買ってくれたことに喜ぶと、当たり前じゃない、お店でかけて宣伝するよと言ってくれました。

すると、恵が思いついたようにレコード発売のお祝いパーティーをやらないかと話を持ちかけます。

ほらあの顔のいい作詩家の彼も呼んでというと、あの二人の恋の顛末を思い浮かべてしまいました。

消えた理由は闇取引!?

女給として務めていたカフェーパピヨンを訪ねる古山音(二階堂ふみ)

店の中にはいると、開店準備をしていた黒沢あすか演じるママがまた働きたくなった?と嬉しそうに駆け寄ってきました。

その後ろから希穂子が出てきて、目が合いました。

女給の支度室でお茶を飲みながら何を話せばいいか戸惑っていると、女給として1週間働いて、最近ようやくわかったことを話しだしました。

音は、以前は言葉通りに物事を受け取っていたが、人の言葉には裏があることを知ったと話します。

そして今度、喫茶店『バンブー』で、レコード発売のお祝いパーティーをやることを伝え、「鉄男さんのこと祝ってもらえませんか?」とお願いしたのです。

しかし、彼とは二度と会わない約束と何か訳ありなことをいうと、ようやく本当のことを話し始めたのでした。

福島にいた頃、彼が勤める新聞社の堂林社長(斉木しげる)が訪ねて来て、彼を婿に迎えたい、そのためには身辺をきれいにしておいてもらいたいからと希穂子にお金を渡しました。

父の病気をこのお金で治してやりなさいと手渡されたお金は、手切れ金と同じでした。

さらに、その申し出を断った場合は、彼を解雇すると天秤にかけられたのです。

そして、彼の邪魔をしたくない思いで、彼のもとを去ったのでした。

その話を聞いて、涙ぐみながらそれでも来てほしいというと、こらえきれずにごめんなさいと涙が止まらなくなりました。

初めて、こんな愛の形もあるんだと感じた瞬間でした。

涙、涙のお祝いパーティー

後日バンブーでは、お祝いパーティーが貸切で開かれました。

一つのテーブルにみんなグラスを持って、乾杯して祝い合います。

奥のテーブル席には三羽ガラスの三人が話をしていて、村野鉄男(中村蒼)が、お前が誘ってくれなかったら詩を書こうとは思わなかったと、しみじみと話し始めました。

古山裕一(窪田正孝)も一緒に作れてよかったといいますが、久志が歌うという夢は果たせずごめんと謝ります。

佐藤久志(山崎育三郎)は気にすることなく、コロンブスレコードはいずれ後悔するだろうと、プリンスならではの返しをしました。

そして、今度こそは福島三羽ガラスで必ずレコード出すと言い改めて、気持ちをひとつにする3人でした。

その時でした。

できないと断ったはずの希穂子が、遅れてバンブーにやってきたのです。

あの時の音の涙に気持ちが動き、来てくれたのでした。

この度はおめでとうございます。これ皆さんで。」といって、裕一に手土産を渡すと、それを複雑な表情で見つめる鉄男に、先日の非礼を謝罪します。

今後のご活躍をお祈りしています。」といって帰ろうとすると、久志が気を利かせて「初めまして。鉄男君の親友の佐藤久志と申します。」と挨拶をしました。

さらに、せっかくだからみんなで『福島行進曲』を聴きませんか?と提案するのです。

すると保が曲を流し、みんなで聴いていると、鉄男が「詩を書けたのは希穂子のおかげだ。君のおかげで、世の中捨てたもんじゃないって思えるようになったんだ。」と話しかけました。

そして、希穂子の顔を見て「俺と一緒に生きてくれねえか?」と想いを伝えたのです。

最終選考の結果いかに!

最終選考の日、音と千鶴子は二人並んで座っていました。

緊張する様子はなく、ただ一点を見て別の世界に入っているかのようです。

最終審査が始まり、1番目に審査員の前で歌うことになった音が深く頭を下げると、厳しい目で審査員の環が見つめていました。

そして、悲しく切ない想いを込めたメロディーを、感情込めて歌い上げます。

その脳裏には、あの二人のバンブーでの出来事が浮かんでいました。

俺と一緒に生きてくれねえか?」の言葉を聞いて、結婚が決まったと話す希穂子。

結婚相手は、経済力も頼りがいもあり、大事にしてくれること、父の医療費も心配ないといってくれるいい人だと話し、最後はありがとうとさようならを言って、バンブーから出て行ったのです。

歌う音の瞳には、目の前の景色ではなく、あの二人の恋の情景が映っているようでした。

そうして歌い上げた彼女を見て、双浦環(柴咲コウ)は満足そうに見つめており、次に歌う千鶴子は、目を伏せたまま顔を上げることができませんでした。

その日の夕暮れ、裕一は、急いで家路に向かうと、家の門柱に音がもたれかかって待っていました。

動揺しながらも最終選考の結果がどうだったか聞くと、満面の笑みで両手で丸を作り、それを見た裕一は驚き、音を抱き寄せて合格を喜び合うのでした。

そのころ鉄男は、すでに福島に帰っていて、職場につくといつものように仕事に戻りました。

一方希穂子はというと、荷物を持って一人で歩いており、振り向いた顔はうっすらと微笑みんでいました。

こうして2人の淡い恋物語は幕を閉じたのでした。

ここまでが、5月29日に放送された朝ドラ「エール」第45話のあらすじのネタバレです。

失恋してしまった大将ですが、縁談の話とかで新聞社と揉めた挙句、新聞記者を辞めて思い切って上京してきます。でも東京来ても揉めるんですよね、、、

エール第46話のあらすじを知りたい方は、第46話『鉄男、上京してくる』へ読み進めてください。

朝ドラ「エール」第45話の感想まとめ

朝ドラ「エール」の感想

こちらは、朝ドラ「エール」第45話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、エール45話では、中村蒼さんと入山法子さんの悲しい愛の結末と、恋愛の機微を目の当たりにした二階堂さんが涙を浮かべながら歌い、見事ヴィオレッタ役に選ばれる回でした。

今日のがんばったで賞は山崎育三郎さん

バンブーで開催されたお祝いパーティー。

貸し切るほどの人数でもない気がしますw

今日のバンブーのカップは、竹じゃなくて普通のグラスでしたね。

コーヒーだけが専用の竹カップなのかな?

山崎育三郎さん、自分が歌えなかったことにコロンブスレコードが後悔すると大予言!

エールのネタバレになりますが、近い将来、三羽ガラスとして人気を博すんですよね。

そんな予言をしたところに、遅れて入山法子さん登場!

お祝い持ってきて帰ろうとするところを引きとめるのが、やっぱり我らが山崎さんですよねw

45話にもなると見慣れたものですが、イチイチキザだけど、それが似合うのは、やっぱりプリンス。

これほど指パッチンが似合う男はそうそういません!

朝ドラエールでは、歌は吹き替えではなく生歌だそうですが、この指パッチンも生パッチンなのか気になるところ!

さらっと親友といって相手を信用させる手口も慣れたものです。

今回は、歌を流すなどサポート役として超優秀だった山崎さんに今日のがんばったで賞を贈りたいと思いますw

今年の紅白歌合戦はたぶん山崎育三郎さんが歌うんだろうな~♪

中村蒼さん、もっと近づいて、、、

え~~~、そういうあらすじ!?

私のイメージでは、二人が横並びに座って曲を聴くものだと思っていたんです!

そして、曲を聴きながら、二人でひっそりと会話して愛の告白か!と思ってたんですが、あんなオープン告白とは、、、

それでも告白内容はグッときましたね。

俺と一緒に生きてくれねえか?

素朴だけど胸を打つ言葉でした。

入山さんも嘘つくって見抜かれているのに、最後の嘘。

悲しく切ない、、、結局悲恋に終わった二人に涙涙でした。

出来れば45話以降に、またばったり再会して、最終的に二人が結ばれるあらすじを盛り込んでほしいところです!

歌のうまさは分かりません!

最終審査に臨んだ二階堂ふみさん。

歌の前にお辞儀の仕方がチョー気になりました。

あの手の位置は正しいんですか?

歌のうまさってある程度うまい人たちを優越つけるのって難しいですよね。

正直、歌がうまいってどういうことなのかな私には分かりませんが、前回歌ったときよりは、表現力があったのはすごくわかりました。

「これが恋愛の機微ってやつか!」と思いながら聴いていましたw

しかし、柴咲コウさんが出てくると「ウッ」っと身構えてしまうのは私だけでしょうか、、、

なしてアナタは乙女?

最終審査の結果がチョー気になる窪田正孝さん。

なんでアナタはそんな乙女なの?

オドオドしすぎだし、聞き方が乙女すぎます。

「そんな乙女な聞き方すんなー!」と心で叫んでいましたw

それと喜んでいた古山夫婦には申し訳ないですが、あのシーン、小南満佑子さんの泣いている顔が浮かんできたんですよね。

まさかあの女に負けるなんてと小南さんのことを思うと素直に喜べない今日のエールでした。

あえてそういったシーンを入れなかったは、そう思わせないため?

今回の朝ドラでは、ここぞってときにばっさりカットするので、想像力豊かになりまくりですw

以上が、朝ドラ「エール」第9週第45話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第9週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第9週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第9週のネタバレあらすじ

45話放送のエール第9週「東京恋物語」は、福島三羽ガラスがついに再会を果たし、鉄男に作詩歌の夢に向かって進む時期だと話をしますが、色々準備が必要だと断ります。実は、東京に来た理由は別にあり、突然いなくなった元恋人を探すためでした。二人の切ない恋物語と『椿姫』のヴィオレッタと重ね、最終選考に望むと見事合格するストーリーとなっています

あんなに色々なものを犠牲にしてがんばってきたのに、選ばれなかった千鶴子の気持ちはいかほどかと心配になりました。

第9週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第9週「東京恋物語」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。