エール第46話のネタバレあらすじ!鉄男は上京!木枯は移籍!裕一は?

こちらでは、朝ドラ「エール」10週目第46話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第45話「選考会の結果」では、大将と希穂子の悲しい愛の結末と、恋愛の機微を目の当たりにした音が涙を浮かべながら歌い、見事ヴィオレッタ役に選ばれるストーリーでした。

エールの第46話「鉄男、上京してくる」では、縁談の話とかで新聞社と揉めた挙句、新聞記者を辞めた鉄男が、思い切って上京してくるストーリーとなっています

46話は、失恋したのに切り替えが早すぎなのと、えらい笑顔で媚を売るテクニックが光ってました。ひとまず、裕一がコロンブスを背負う作曲家になると予言した木枯に正解と伝えたいw

朝ドラ『エール』
2020年6月1日(月)放送
第10週サブタイトル『響きあう夢』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第46話のネタバレあらすじ

ここからは、6月1日に放送された朝ドラ「エール」第46話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール46話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーになります。

  • 初めてのレコード『福島行進曲』まったく売れず!
  • 宅配の人かと思いきや、あの男が登場!
  • 会社辞めて、家引き払って、身一つで上京してきた覚悟です
  • ちょいちょい、コロンブスレコード紹介してくれる?
  • 舞台の練習本格的に始動!
  • がんばらないとマジでやばいと言われる
  • フラインゲットの練習
  • おでん屋のオヤジと仲良くなる
  • トランプ君をディレクターに紹介しようとするが、ボロカスに言われる
  • ついにテイコクレコードに移籍決定!?
  • 君はコロンブスを背負う作曲家になる!と大予言(フラグ発生)
  • おでん屋のオヤジに相談される(フラグ発生)
  • 腹筋は声楽の基礎よ!
  • プリンス、ウィンク砲発動!
  • 高梨一太郎と運命の出会い!?

いきなり上京ですか!?

裕一は、書斎で『福島行進曲』のレコードを眺めていると、脳裏に廿日市から嫌味を言われたことが蘇りました。

大将と二人で出した初めてのレコードは、全く売れていなかったのです。

憂鬱になっていると「ごめんください。」と玄関のほうから声がしたので、郵便か何かと思って玄関を開けると、目の前には大将がいました。

鉄男は、これまで勤めていた新聞社を退職してやってきたのです。

実は、『福島行進曲』をだしたこともばれており、副業は禁止だの、新聞社の社長令嬢との縁談を断ると左遷だのと言われて、愛想が尽きて辞めてしまったのでした。

今回のことを機に、第二の人生を歩み、作詞家の夢を叶えようと思って、東京に来たことを話しました。

そこで、コロンブスレコードに自分を紹介してもらえないかと、裕一に頭を下げにきたのです。

死ぬ気で磨け!

主役のヴィオレッタ役に選ばれた音。

学校では、舞台のメンバーたちが揃い、本格的な稽古が始まります。

環も監修という立場で、顔合わせに参加していました。

顔合わせが終わると、音は環に近づき「よろしくお願いします。私頑張ります。」と挨拶すると、かなり頑張らないと厳しいと言われてしまいます。

そして、今回ヴィオレッタ役に選ばれた理由を2つ話しました。

1つ目は、夏目千鶴子が選考会でベストを尽くせなかったこと。

2つ目は、千鶴子がベストを尽くせなかったのは、音の気迫に動揺したこと。

実力で言えば、誰もが認めるように千鶴子が選ばれていましたが、審査員たちはあなたの可能性に賭けてみようと考えたと本人に伝えるのです。

それを聞いて、深々と頭を下げてお礼を言う音。

環も、お客様に未熟なものを見せるわけにはいかないから、足りない技術を死ぬ気で磨きなさいと檄を飛ばしました。

トランプ君ですが何か?

ある日、裕一は大将を連れて、コロンビスレコードのサロンにいました。

彼に、約束した廿日市を合わせるためです。

二人で待っていると、廿日市が不機嫌そうにやってきます。

早速、紹介しようとするのですが、「どの面下げてそんなこと言ってんのかな?」としゃべり始めます。

紹介のタイミングを失うとすぐ横に大将がいるにも関わらず、『福島行進曲』がまったく売れなかったことや、歌詞の意味が全然分からない、トランプ?福ビル?さっぱり分からんと言いたい放題。

それを聞いた鉄男は、我慢ならずに「じゃあ、あんた詩書いたことあんのか?」と口を挟みました。

ちょうどその機会に彼を廿日市に紹介したのですが、「あ~、君がトランプ君か。」と馬鹿にしたような言い方。

お互い罵声を浴びさせますが、最後は鉄男の「歌は聴いてくれた人のもんだ。」という言葉に、笑いながら出ていってしまいました。

裕一が、あの人は曲の良し悪しよりも売れないものに価値がない考え方だと説明するも怒りが収まらない様子。

するとそこへ、ちょうど話がしたかったと、木枯がやってきました。

テイコクレコードに移籍しまーす

三人で大将がいきつけのおでん屋さんに行きました。

大根を食べておいしいという裕一に、「だべ?ここ最高にうめえんだ。」と上機嫌な鉄男。

木枯と知り合いだったことに驚く大将ですが、それもそのはず、『酒か涙か溜息か』のレコードを買うほど、彼のファンだったのです。

その話をすると木枯も『福島行進曲』もよかったと褒められ、更に上機嫌になる鉄男。

裕一が、廿日市に悪口を言われたと愚痴をこぼすと、あいつは金のことしか頭にないから気にしなくていいと肩も持ってくれました。

そして、木枯が改まって用があった話をはじめました。

その話とは、コロンブスレコードのライバルでもあるテイコクレコードから誘いを受けて、移籍する話でした。

その話を聞いて、すかさず鉄男が、迷惑でなければテイコクに詞を見ていただけないかお願いすると快く引き受けてくれました。

そんな木枯を見て、自分は何をやってるんだと落ち込みますが、「心配無用。いずれ必ず君はコロンブスを背負う作曲家になるよ。」と励まします。

大将と別れて二人で話しながら帰っていると、もう一つ話があったんだと伝えます。

それはある人物を紹介することでした。

一方、鉄男は、まだ一人でおでん屋で酒を飲んでいました。

おでん屋のおじさんと話をしていると、「あっそうだ。にいちゃんひとつ相談があるんだけどな。」と相談を持ちかけられるのです。

腹筋は声楽の基礎ですから!

翌朝、起きて居間にいくと音が、仰向けになり、本をお腹において何か運動をしていました。

最近、運動選手みたいだねと言うと、発声練習の呼吸方法や体づくりを懸命に毎日行っていた音は、「腹筋は声楽の基礎だからね。」とこたえます。

今夜も自主練で遅くなるかもと伝えると、今夜木枯が紹介したい人がいるらしく食事の約束をしていることを話します。

誰?と聞きますが、本人も誰に会うのか教えてもらっていいませんでした。

プリンスのウィンク砲

お腹を押さえながら、復帰やりすぎたかなと独り言を言って学校の廊下を歩いていると、久志と女学生たちがいました。

女学生たちは、ひさしにお弁当の差し入れを渡していたところでした。

まだまだ技術面で劣っていた音は、放課後練習に付き合ってもらうようお願いしようとしますが、女学生たちには「いくらヒロインだからって、抜け駆けは規則違反です!」と批判を受けます。

そこは、さすがプリンス。

4人いた女学生に向かって4連発のウィンク砲を発動させたのです。

見事にくらった女学生たちは倒れこんでしまいました。

夕方、歌のレッスンをする二人。

レッスン室の廊下を演出担当の黒崎と環が通りかかります。

練習の様子を少し見て通り過ぎる環。

暗い作曲人生に終止符!?

一方、夫はというと、カフェー『パピヨン』にやってきていました。

中に入ると、すでに木枯が着いており、その隣には男性も同席しています。

すると早速、「こちら高梨一太郎さん。」と紹介されて、お互い挨拶を交わしました。

この高梨一太郎が、裕一の暗い作曲人生を変えることとなります。

ここまでが、6月1日に放送された朝ドラ「エール」第46話のあらすじのネタバレです。

いきなり上京してきた失恋男ですが、裕一との繋がりで木枯に出会えたことは大きいですね。でも作詩家じゃなくて、なぜかおでん屋を始めるんですよね、、、

エール第47話のあらすじを知りたい方は、第47話『船頭可愛やの作曲』へ読み進めてください。

朝ドラ「エール」第46話の感想まとめ

朝ドラ「エール」の感想

こちらは、朝ドラ「エール」第46話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、エール46話では、縁談の話とかで新聞社と揉めた挙句、新聞記者を辞めた中村蒼さんが、思い切って上京してくる回でした。

髪の毛ばっさ~~

今日の一番は、何といっても二階堂ふみさんの髪の毛ばっさ~~です!!

なんのこっちゃっていう感じですか、お辞儀をして顔をあげるたびに、長い髪が上にばっさ~~となって、話が頭に入ってきませんw

是非、午後のエール46話再放送を見る方は、二階堂さんの髪の毛ばっさ~~も注目してください!

あと注目ポイントは、フラインゲットですw

深みのある発声ができるように鏡を見て、運動するシーンがあるのですが、まさにその動作はフラインゲット!

今日の主役は中村さんですが、完全に髪の毛ばっさ~~~とフライングゲットに持っていかれたでしたね。

腹筋の練習とかもしてたけど、 腹筋が声楽の基礎ならなぜ旦那が驚く?

もしかして、これまで基礎中の基礎をやってこなかったってことか!?

早くやめとけば違ったんじゃね?

中村さんは、新聞社で副業するなとか、縁談断るなら左遷だと言われて会社辞めてきましたが、最初から早くやめとけば、入山法子さんと結ばれてたんじゃね?と正直思った。

思いますよね?

それに、野田洋次郎さんにあんなにヘコヘコするのにはちょっとショック。

確かにレコードを買って尊敬する人だったのかもしれませんが、硬派な乃木大将のイメージからすると堂々としてほしかった、、、

まぁ、飲んだくれシーンもあったので、徐々に路線変更しようとしてるのかもしれませんがw

飲んだくれついでに、あらすじのネタバレになりますが、あのおでん屋、中村さんが受け継ぐ事になるんですよね。

なんとも都合のよい設定ですが、おでん屋が心の癒しになるのはドラマでは王道なことなので勘弁といったとこでしょうかw

あと、中村さんの服、ずっといつもと同じような服だけど、季節感は表現しないのか、はたまた彼のこだわりなのか気になるところ。

お前がいうな!!

中村さんが、突然家にやってきて「はぁ!?」という窪田正孝さん。

「はぁ!?ってこっちがはぁ!?じゃ!」と思わず叫んでしまいました。

そもそも自分が突然東京でやろうって言って誘ったのに、 自分の事を棚に上げのは、いつまでたっても治らない様子。

ウィンク砲

文春砲ならぬ黒田バズーカーならぬ『ウィンク砲』ですか!!

まじで山崎育三郎さんの4連射ウィンクの速さにはびっくりしました。

あれかなり練習したんだろうなぁと想像するとやっぱり愛らしいプリンスw

ウィンク砲の威力はご想像の通り!

ある意味メガンテ並みの呪文ですよねw

以上が、朝ドラ「エール」第10週第46話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第10週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第10週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第10週目のネタバレあらすじ

46話放送のエール第10週「響きあう夢」は、2枚目に出した『船頭可愛や』を環が歌って大ヒットになり喜ぶ古山夫婦ですが、音の妊娠が分かり、『椿姫』の降板と学校を退学するストーリーとなっています

本当にクビになりかけたところですが、環さまさまで足を向けて寝られない古山夫婦。降板は残念ですが、子供を授かるうれしさは何事にも代え難いものがありますね。

第10週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第10週「響きあう夢」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。