エール第5話のネタバレあらすじ!呉服店「喜多一」が大ピンチ!裕一はのんきに人気者!?

こちらでは、朝ドラ「エール」1週目第5話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第4話「北原白秋の詩に曲をつける宿題」では、詩に曲をつける宿題で作曲の才能を開花させるストーリーでした。

エールの第5話「呉服店『喜多一』が大ピンチ!」では、喜多一の経営が傾くなか、裕一の音楽の才能を褒められるストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年4月3日(金)放送
第1週サブタイトル『初めてのエール』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第5話のネタバレあらすじ

ここからは、4月3日に放送された朝ドラ「エール」第5話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール5話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 藤堂が喜多一にやってくる
  • 裕一に音楽の才能があることを伝える
  • 危機が忍び寄る呉服屋『喜多一』
  • 融資の条件が子ども達のどちらかを養子に出さなければいけないと知らされる
  • 息子に楽譜を買い与える
  • いじめっ子から楽譜を奪われる
  • 返せと初めて抵抗する
  • 鉄男が太郎から楽譜を奪い取り、裕一に返す
  • 古今和歌集を返そうと鉄男の家へ向かう
  • 魚治さんのに叱責されている場面に遭遇する

突然の訪問

喜多一に突然、担任の藤堂先生がやってきた。

藤堂は、古山三郎(唐沢寿明)古山まさ(菊池桃子)は、裕一に音楽の才能があることを伝えた。

そこへ、古山裕一(石田星空)が帰ってきて、得意なもの見つかったんじゃないかと声をかけた。

その言葉に裕一もはいと答える。

学校の帰り道

学校の帰り道、佐藤久志(山口太幹)と一緒に帰っていると、大きな怒鳴り声が聞こえてきた。

声がする方へいってみると、村野鉄男(込江大牙)が魚を購入したお客さんに怒鳴られていたのだ。

男が去った後、二人に気づいた鉄男は、何も言わずにどこかへ行ってしまう。すると、そこには、鉄男が落とした本があった。

養子縁組

一方、喜多一では、不況のあおりで危機に陥っていた。

三郎が、まさに義兄の茂兵衛に融資をお願いしようと話すと思わぬことを告げられる。

それは、融資の代わりに子供たちのどちらかを養子に出すという話だった。

それを聞いた三郎は、畳の部屋で仰向けになって神妙な面持ちで天井を見上る。

買い物

裕一は、三郎に楽譜を買ってもらった。

三郎は、一杯ひっかけてくるといい、裕一を先に帰られる。

しかし、帰りの途中、太郎たちに見つかり楽譜を奪われてしまった。

返せと抵抗すると、やめろという声がした。

そこにいたのは、なんと鉄男で、奪い返してくれたのだ。

家に帰ると、本を返そうと鉄男の家に向かった。

家の近くまで来る戸、ふざけるな!と大きな声が聞こえてくる。

そこにいたのは、倒れこんでいる鉄男と魚治さんの見たこともない顔だったのだ。

ここまでが、4月3日に放送された朝ドラ「エール」第5話のあらすじのネタバレです。

とんでもないところに遭遇してしまいました。鉄男と仲良くなれそうになるんですが、急転直下するような展開になるんですよね、、、

エール第6話のあらすじを知りたい方は、第6話『鉄男との別れ』へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール5話と実話の比較をまとめたものです。

クラスメイトの詩に作曲してあげた話は実話か?

エールでは、クラスメイトの詩に作曲をしてあげていましたが、これは実話です。

古山裕一のモデルは、作曲家の古関裕而さんです。

古関裕而さんは、小学校時代に友達が詩を書いてもってくるようになり、次々と作曲をしています。

こちらについては、「【エール実話】裕一がクラスメイトの詩に作曲してあげた話は本当!?詩を書く子供も逆にすごい!」で詳しくまとめています。

茂兵衛からの養子縁組の話は実話か?

エールでは、権藤茂兵衛が、跡取りがいないことから、古山家に養子縁組の話を持ちかけていましたが、これは実話ではありません。

権藤茂兵衛のモデルは、古関裕而さんの伯父・武藤茂平さんです。

武藤茂平さんには、四男四女の子供がいました。

ただし、男子はすべて、早い時期に亡くなっています。

こちらについては、「【エール実話】茂兵衛からの養子縁組の話は本当か?子供いましたが何か?」で詳しくまとめています。

鉄男が住んでいた家が古い長屋は実話か?

エールでは、鉄男が住んでいる古い長屋を探していましたが、家が古い長屋だったかについて、実話ではありません。

しかも、家はびっくりする場所にあります。

こちらについては、「【エール実話】鉄男が住んでいた家が古い長屋は本当!?いえ、古山家から徒歩○歩の一軒屋!」で詳しくまとめています。

朝ドラ「エール」第5話の感想まとめ

朝ドラ「エール」の感想
こちらは、朝ドラ「エール」第5話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

いじめっこ

裕一は、帰ろうとしたときに、目の前からイジメっ子の太郎と史郎がちょっかいを出してきました。

いじめられるのは慣れっこでしょうが、楽譜を奪われるわけにはいきないと

もうダッシュで逃げていきましたね。

しかし、体力の限界捕まってしまい、楽譜も奪われる始末。

今回の裕一は必死で抵抗しましたが、そこへまさかのヒーローが現われるとは!!!

今回の鉄男さんにはちょっと男感じましたね。

あんな登場の仕方、かっこいいでしょう!!

それにしてもあのいじめっ子たち、たちが悪すぎ!

いきなり大ピンチ!

何かとお騒がせな唐沢寿明さん。

第一週にして、いきなりの大ピンチ!

なんとか喜多一を立て直すために必要な資金を借りようと奔走しますが、ことごとく全て断られてしましたね。

借金しろってか!?って言ってたくせに、次のシーンでは融資のお願いで、いきなりすぎでしょ!って一人ツッコミましたよw

あらすじのネタバレになりますが、大ピンチになるのは、1回だけじゃないんですよね。

さてさて、どう乗り切るやら、、、

以上が、朝ドラ「エール」第1週目第5話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第1週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第1週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第1週目のネタバレあらすじ

5話放送のエール第1週「初めてのエール」は、裕一の誕生から幼少期の出来事で、音楽と初めての出会い、恩師の藤堂が作曲の才能を見抜くストーリーとなっています

いきなりの呉服屋『喜多一』の大ピンチ!融資か子供たちかで天秤にかけられた三郎ですが、もうちょっと真剣に経営がんばったらどうだと言いたい!

第1週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第1週「初めてのエール」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。