エール第52話のネタバレあらすじ!裕一ついに福島に凱旋!三郎・まさは喜び、浩二はキレまくる!?

こちらでは、朝ドラ「エール」11週目第52話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第51話「藤堂からの手紙」では、藤堂の依頼で学校の校歌を作曲すると、福島で校歌完成披露会開催の話が届く。一度故郷を捨てた裕一だったが、悩んだ末に福島に帰る決断をするストーリーでした。

エールの第52話「裕一の凱旋祝い」では、福島に帰省した古山家族は、完成披露会に出席し、実家に戻ります。両親に迎えられ、昔の仲間を呼んで、大宴会を開くストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年6月9日(火)放送
第11週サブタイトル『家族のうた』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第52話のネタバレあらすじ

ここからは、6月9日に放送された朝ドラ「エール」第52話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール52話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーになります。

  • 盛大に校歌完成披露会が行われる
  • みんなの前で挨拶
  • 大将の詞を褒める恩師
  • 恩師と昌子が結婚でおめでた
  • 呉服屋『喜多一』に帰ってきた
  • まさがでてきて、華ちゃん会いたかったわ~
  • 三郎でてきて、まじビックリ!
  • 呉服屋『喜多一』、去年の暮れに閉店
  • 浩二は役場に就職
  • 伯父さん、土いじりに目覚める
  • 昔の愉快な仲間たちと宴会

校歌完成披露会に出席

華が大きくなった時に故郷のことを娘に話してやりたいという思いから、実家のある福島に帰ることにした古山家族。

福島に着くと、裕一の作った校歌完成披露会の会場に向かいました。

恩師をはじめて、多くの地元の人たちから歓迎されビックリする古山家族。

完成披露会では、福島吾妻尋常小学校の唱歌クラブが歌を披露しました。

そして、藤堂が、作曲家として活躍している元教え子を、子供たちの前で改めて紹介して、小学校時代の思い出を子供たちに話します。

彼は子供時代、おっちょこちょいで、勉強も運動も苦手な子供だったこと。

そんな彼を変えたのが音楽であったこと。

音楽と出会ったことで自分の得意なこと、好きなことを見つけることが出来たこと。

二十一歳にして国際作曲コンクールで二等を受賞したこと。

今は皆が口ずさんでいる『船頭可愛いや』を世に出すほどのプロの作曲家になったこと。

彼の紹介が終わると、「古山君、君からもひと言。」と話をふりました。

話をふられてた古山裕一(窪田正孝)は、少し緊張しながら挨拶をします。

まずは、校歌を作曲するという大変名誉な申し出に感謝しますと挨拶をしました。

そして、先生から教えてもらった人より少しだけ得意で、苦なく出来るもの、それが自分の得意なものだということや、得意なものを見つけたらそれにしがみついていけという言葉通りに、自分は音楽の道に進むことが出来たと、話しました。

最後に、「その時のことや、故郷の風景を思い出しながら作曲しました。この校歌が、 皆様の大切な故郷の思い出となることを心から願ってます。」と話を終わらせると、大きな拍手が 沸き起こります。

まじで狙ってたの!?

披露会が終わり、会場を後にしようとすると、藤堂が見送ってくれました。

藤堂清晴(森山直太朗)が「そう言えば、村野は元気か?『福島行進曲』あれはいい詞だった。今も書いてるのか?」と聞いてきたので、書いてはいるが、それだけでは食べていけない現状について説明します。

久志のことも聞かれ、妻と同じ音楽学校で声楽を学んでいることを話しました。

そんな話をしていると、妊婦さんがやってきて、自分の妻だと紹介しました。

彼女の名前を聞くよりも女性の顔を見て、びっくり。

なんとその女性は川俣銀行で勤めていたときにお世話になった昌子さんだったのです。

あの時、紹介してから二人は恋仲になり、いつの間にか結婚していたのでした。

藤堂昌子(堀内敬子)が、「この後、ご予定は?」と聞くと、実家に顔を出そうと思っていることを話します。

ご両親に孫の顔見せで、安心させであげてね。」と言われ、先生たちと別れて、実家に向かいました。

いざ、喜多一へ!

ついに実家の呉服屋『喜多一』が見えてきました。

しかし、いざ喜多一の前まで行くと、緊張のあまりに中に入れませんでした。

音に先に入ってよというと、 「何言ってるの今更!」と夫を中に入れようとします。

そこで、夫婦で騒いでいると、店の扉が突然開いたのです。

赤ちゃんの鳴き声がしてもしやと思って母のまさがでてきたのでした。

古山音(二階堂ふみ)が「ご無沙汰間しております。」といって、娘の華を紹介します。

古山まさ(菊池桃子)も「初めまして華ちん。会いたかったわ。」と孫の顔をみてうれしそうでした。

抱きたそうにそわそわしているのを見て、少しぐずってしまってといって、娘をまさに預けました。

孫を抱っこして満足気なまさ。

すると、そこへ父の三郎がやってきて、息子家族を見るとビックリします。

まさは、校歌を作ったこと、お披露目会があったこと、家族には話していなかったのです。

風邪引いたらいけない、入れ!入れ!とうながされて、家の中に入ると、店の中は空っぽです。

実家の呉服屋『喜多一』は半年前に店を閉めていました。

居間で一息つくと、弟の浩二は役場の農業推進係として仕事をしていることや、叔父の茂兵衛の銀行も、人手に渡っており、叔父は既に隠居して陶芸に夢中になっていることを話しました。

これもすべて自分が叔父の養子になることを辞めて、音楽の道に進んでしまったからだと思う裕一でしたが、隠居した叔父は楽しそうに過ごしていると聞いて少しほっとしました。

大宴会で全員集合!

夜は、息子の凱旋祝いで宴会が開かれることになりました。

息子が作曲した『船頭可愛いや』のレコードをかけて、宴会も盛り上がります。

宴会には、懐かしい顔ぶれがそろっていましました。

裕一がかつて勤めていた川俣銀行の同僚や、学生時代のハーモニカクラブの友人、呉服屋の仲間も参加してくれたのです。

川俣銀行の元支店長・落合は、頭取の紹介で、行員たちみんな新しい職場でがんばってると裕一を励ましますが、やはり責任を感じずにはいられませんでした。

時間も経ち、川俣銀行の元同僚たちを見送る裕一。

古山三郎(唐沢寿明)は、台所で熱燗を作っている最中で、「すげえ男になったもんだ。」と上機嫌。

そこへ音がやってきて、手伝います。

熱いから気を付けろといいながら、一人ではしゃいでいると急に「うっ!」と悶絶しなような表情になる三郎。

それを見て、音が大丈夫ですか?と声をかけると、ちょっと飲みすぎたみたいだといって、台所を後にしました。

義父の表情に少し不安になる音。

ここまでが、6月9日に放送された朝ドラ「エール」第52話のあらすじのネタバレです。

いきなり息子夫婦が帰ってきてさぞビックリしたでしょうが、相変わらず仲が悪い兄弟。浩二の一方的な態度もありますが、その裏には、ものすごく悲しいことがあるんですよね、、、

エール第53話のあらすじを知りたい方は、第53話「三郎の余命」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール52話と実話の比較です。

藤堂が昌子と結婚したのは実話か?

エールでは、恩師の藤堂が、かつて川俣銀行で勤めていたときの同僚・昌子と結婚し、子供を授かっていましたが、これは真相不明です。

古山裕一のモデルである古関裕而さんの恩師は、藤堂先生のモデルでもある遠藤喜美治さんです。

遠藤喜美治さんが古関裕而さんに、小学校の校歌を作曲依頼したことは実話ですが、結婚相手までの情報は関連書籍に読んで限り、見当たりませんでした。

遠藤喜美治さんは、古関裕而さんの恩師ということで注目されていますが、ウィキペディアにも情報がないので、創作エピソードの可能性が高いです。

作詞は遠藤喜美治さんが担当

実話では、遠藤喜美治さんの母校である『要田小学校』の作曲を依頼していますが、何と作詞担当はご本人です。

しかし、現在では本人も予測していないかったのうな、悲劇が待ち構えています。

こちらについては、「【エール実話】藤堂が裕一に校歌を依頼する話は実話!?実は藤堂に将来悲劇が!」で詳しくまとめています。

喜多一が倒産したのは実話か?

エールでは、実家に戻ると半年前に『喜多一』を閉めたと聞かされますが、実家が倒産したのは本当です。

ただし、倒産した時期はまったく違います。

倒産した時期については、「【エール実話】喜多一がついに倒産!実は音に出会う前から倒産していた!?」で詳しくまとめています。

浩二が役場に就職したのは実話か?

エールでは、店をたたんだ後、弟の浩二が役場の農業推進係として仕事をしている話がありましたが、これは真相不明です。

ただし、実家が倒産した時期を考えると、役場に就職した可能性は低いです。

それと浩二のモデルは、古関裕而さんの弟・古関弘之さんで、職業は判明しています。

弘之さんの職業については、「【エール実話】浩二が喜多一を継いだのは実話!?デマ拡散で既成事実化!?」で詳しくまとめています。

 

朝ドラ「エール」第52話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第52話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、エール52話では、福島に帰省した古山家族は、完成披露会に出席し、実家に戻ります。両親に迎えられ、昔の仲間を呼んで、大宴会を開く回でした。

づぐだれここにきて回収

森山直太朗さんの挨拶は絶妙でしたね。

地味でおっちょこちょいで、、、地味な子でした!」って、地味を二回いうことで、いかに地味だったことが数秒で分かるほどの挨拶でした。

いやいやもう分かった、地味なんでしょ!って本当に心の中で叫びましたよw

そのあとに、間髪要れずに「づぐだれ」キーワードを出した小僧さんもナイス。

まさかここに来て、「づぐだれ」という言葉がでるとは、ここでやっと伏線回収しましたね!

少ないチャンスをものにした昌子さん

今日一発目に度肝を抜いたのは、やっぱり森山さんを射止めた堀内敬子さんw

4度目にして、ついに子供までもうけるなんて、さすが持ってる女です!

こういうところで、オチを持ってくるのが朝ドラ「エール」らしいですよね。

しかも、ご結婚&ご解任で別の物語が始まってもおかしくない展開w

不吉なフラグ発生

めでたい話の後には必ず不幸な話がやってくる、、、

最後の最後で三郎の不吉なフラグ立っちゃいましたね。

あらすじのネタバレになりますが、三郎さん、胃ガンに冒されています。

これまたネタバレになるんですが、余命幾ばくもないんですよね、、、

明日からのエールは、ハンカチを用意しないと!

以上が、朝ドラ「エール」第11週目第52話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第11週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第11週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第11週目のネタバレあらすじ

52話放送のエール第11週「家族のうた」のあらすじは、恩師からの依頼で校歌を作曲した裕一は、完成披露会に出席するために福島に帰省することに。実家に変えると喜ぶ両親でしたが、三郎が胃がんに冒されており、亡くなってしまうストーリーとなっています

ずっと帰省していなかったので、親の死に目に会えたのは本当によかったですね。浩二にすべてを託した三郎の親心が伝わるいいあらすじです。

第11週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第11週「家族のうた」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。