エール第54話のネタバレあらすじ!三郎に呼び出された裕一。承諾をお願いされたものとは!?

こちらでは、朝ドラ「エール」11週目第54話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第53話「三郎の余命」では、父の様子がおかしく心配していると胃潰瘍ではなく胃がんであることを知った古山夫婦が、家族のことで葛藤するストーリーでした。

エールの第54話「三郎のお願い」では、言い合いになっているところに寝ていた三郎が起きてきて、裕一を呑みに誘うが、着いた場所は神社の境内で、承諾してもらいたいことがあるとお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年6月11日(木)放送
第11週サブタイトル『家族のうた』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)

朝ドラ『エール』第54話のネタバレあらすじ

ここからは、6月11日に放送された朝ドラ「エール」第54話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール54話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 医者から覚悟しておいてくださいと宣告
  • ハーモニカ聴きてえ。ごめん持ってきていない
  • 父親のそばで見守り続ける
  • 弟、農家を訪れ直談判するが、冷たくあしらわれる
  • 姑、苦しい胸の内を明かす
  • 母に滞在費を改めて渡す
  • 弟、兄の手助けはいらない!
  • いつも自分の気持ちだけで動くなよ!とキレる
  • 親父起き上がり、長男を飲みに連れ出す
  • 向かった先は神社の境内
  • お前に承諾してもらいたいことがあるとお願いする親父

覚悟しておいてください!

三郎の胃がんはかなり悪くなっており、手の施しようがない状態であることを知った古山裕一(窪田正孝)

その日、かかりつけの医者が往診にやってきました。

寝室で横になっている三郎に、絶対安静でお酒は禁物と伝え、家族のいる居間で話をします。

裕一が、手術や入院治療はできないのか尋ねると、やはり手の施しようがないと言われてしまいました。

そして、「気だけで、もってるようなもんですから、覚悟はしておいでください。」と最終宣告を受けるのです。

母のまさが手紙をよこしたわけは、最後に父親に会わせておきたいと思ったからなのでしょう。

裕一が親父の寝室に戻ると、足の爪を切っている最中で「どした?シケた面して」と笑いながら言ってきました。

もともとこういう顔だと答え、何か食べたいものはないか?と聞きます。

すると、ハーモニカで商業学校時代に作った曲を聞きたいと答えました。

ごめん持ってきてないんだと謝ると、「大作曲家はハーモニカなくても作曲できっからなあ。」と、少し話し、疲れたように布団で目を閉じて眠りはじめました。

養蚕農家に冷たくあしらわれる

そのころ、役場の農業推進係として働いている古山浩二(佐久本宝)は、養蚕農家の畠山さん宅を訪れていました。

役場では、リンゴを育てる果樹園への切り替える事業を勧めていました。

福島は、りんご栽培に適した環境で、新しい収益の一つとして、りんご栽培へ切り替えしてくれる農家を募っていたのです。

そして、その営業を任されてやってきました。。

しかし、畠山さんに桑畑を果樹園にして頂けないか話をしても、何べん来ても答えは同じだと冷たくあしらわれるばかり。

時代の流れで養蚕業だけでは先行きが暗く、廃業に追い込まれる農家も少なくなりません。

そのことを訴えても首を縦に振ろうとはしませんでした。

しかたなく、資料だけ手渡して帰ろうとすると、「そういやあんたんとこの兄貴、『船頭可愛いや』の作曲家なんだって?」と声をかけてしました。

今度来るときは、兄貴のレコードぐらい持って来いと言われ、頭を下げ、また来ますといって帰りました。

 

葛藤

まさが一人居間にいると古山音(二階堂ふみ)がやってきました。

古山まさ(菊池桃子)は、お父さんと二人きりだから我慢してきたけど、いつお父さんがと思うとすごく怖いと、心の内を明かしていました。

川俣のことで苦労かけてきたからかなとか、もっと早く気づいて挙げられなかったのかなとか。

そう思うと、同じことが頭の中でぐるぐるしてると話しました。

一度言葉にだすとその不安は大きくなり、涙をこらえきれなくなって泣き出す義母にそっと手を差し出します。

夫の部屋に戻ると、東京の大きな病院に連れて行くとか、僕らにできることはないかな?と相談してきました。

いろいろ考えている夫に、「お義母さん、泣いとったの。」と話します。

さらにお義父さんの前ではつらくても、普通にふるまっていることを話しました。

何もわかっちゃいねぇ!

その日の夕方に、まさのもとにやってきた裕一がお金の入った封筒を渡しました。

まさは、華もいるし、あなたたちもこれから大変でしょうと言って気を使いますが、音が、「私たちの滞在費ですから、お気にせずに。」と笑顔で伝えました。

申し訳ないけど、ありがたく頂くといって、お金を受け取ろうとすると、そこへちょうど浩二が帰ってきました。

お金を受け取ろうとした母を見て 「また母さんにすり寄ってたのか。」といって、お金を返します。

父親のこともあるし、お金の心配はいらないと話しますが、兄さんの手助けはいらないといって、相容れません。

今回ばかりは裕一も、自分に頼りたくのは分かるけど、このままほっといたら本当に大変なことになると訴えますが、兄の言葉に怒りがこみ上げ、兄さんは何もわかっていないと、兄の胸倉をつかみました。

そして、「俺らだって、やれっことは全部やってきた。 金工面して、福島で一番いい先生に診てもらって、それでも駄目だったんだ。」といいます。

最後は、「いっつも自分の気持ちだけで動きやがって。兄さんなんか、とっくに家族じゃねえんだよ!」と言い放ち、兄を突き飛ばしました。

これまで家族でお金を工面し、福島一の名医に診てもらったが、手の施しようがない。

浩二は、実家の呉服屋が廃業に追い込まれ、これまで苦労に苦労を重ね続けてきました。

実家のことでこれだけ苦しんでいるにも関わらず、兄だけが自分の好きなことをして暮らしているということに怒りを隠せないでいたのです。

するとそこへ、寝室で寝ていた三郎がやってきて、騒がしいから目が覚めちまったと話に入ってきました。

いいから横になってろよ。」と浩二がいうのを無視して、裕一に飲みに行くぞと誘います。

そして、強引に腕を引ぱって、どこかへ行ってしまいました。

承諾してもらいたいこととは!?

裕一は、どこに連れて行かれるか、分からないまま父の後ろを歩きます。

しかし、着いた先は居酒屋ではなく、神社でした。

賽銭箱にお金を入れて、何かをお願いする古山三郎(唐沢寿明)

俺はもうだめだ。みんな必死にごまかしてるけど、それぐらい分かる。」といって、全て知ってることを、告白するのです。

何の話?と 誤魔化そうとしますが、引きつった笑顔からは、父親を騙せませんでした。

裕一の正面に立ち、改まって話しかけました。

そして、「お前に、承諾してもらいたいことがあんだ。」といって、何かをお願いするのです。

 

ここまでが、6月11日に放送された朝ドラ「エール」第54話のあらすじのネタバレです。

親父のためにも役場でがんばってきたのですが、ついに最後の時を迎えようとしてます。55話では、最後の最後で浩二に託した父親の思いが熱いんですよね、、、

エール第55話のあらすじを知りたい方は、第55話「三郎の最後」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール54話と実話の比較です。

三郎は胃がんだったは実話か?

エールでは、三郎が胃がんに冒され、医者からも覚悟しておいてくださいと言われましたが、本当に胃がんだったのか真相不明です。

古山三郎のモデルは、古関裕而さんの父・古関三郎治さんです。

古関三郎次さんは、1938年(昭和13年)に66歳で亡くなっていますが、死因までは分かっていません。

実は、エールのストーリーに照らし合わせると、三郎は、すでに亡くなっているんですよね。

こちらについては、「【エール実話】三郎が胃がんで余命わずか!?実は帰省前に亡くなっていた!?」で詳しくまとめています。

浩二が役場に就職したのは実話か?

エールでは、弟の浩二が役場の農業推進係で一生懸命働いていましたが、役場で働いていたかどうかは、真相不明です。

ただし、実家が倒産した時期を考えると、役場に就職した可能性は低いです。

それと浩二のモデルは、古関裕而さんの弟・古関弘之さんで、職業は判明しています。

弘之さんの職業については、「【エール実話】浩二が喜多一を継いだのは実話!?デマ拡散で既成事実化!?」で詳しくまとめています。

朝ドラ「エール」第54話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第54話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

立って歩いているのが不思議なレベル?

医者が立っているのが不思議なくらいと話してましたが、窪田正孝さんたちが帰ってきたときに、めちゃくちゃ足当たってはしゃいでたのは、神レベルですか?

すっころんで倒れるのならまだいいとして、しっかり踏ん張っていたのを見ると末期のガン患者とは思えません、、、

しかも、病人で気力もあまりないのに、二階堂ふみが作ったうどんをいまいちというところは、さすがですねw

あんたこと義父に言われたらと思うと、、、

マキタスポーツさん似合いすぎ

今日はなんと言ってもマキタスポーツさんの日です!

やっぱりかって思うぐらいSNSでもトレンドになっていましたね。

似合いすぎでしょうw

レコード持ってこいと催促するとこなんか、佐久本宝さんにとっては屈辱的なことだと思いますよね。

あらすじのネタバレになりますが、本宝さんめげずに明日もマキタスポーツさんに挑戦します!

結果どうなったかのネタバレはしませんが、どんな風になるのか楽しみですw

以上が、朝ドラ「エール」第11週目第54話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第11週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第11週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第11週目のネタバレあらすじ

54話放送のエール第11週「家族のうた」のあらすじは、藤堂先生からの依頼で校歌を作曲した裕一は、校歌完成披露会に出席するために福島に帰省することに。実家に変えると喜ぶ両親でしたが、三郎が胃がんに冒されており、亡くなってしまうストーリーとなっています

ずっと帰省していなかったので、親の死に目に会えたのは本当によかったですね。浩二にすべてを託した父親の親心が伝わるいいあらすじです。

第11週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第11週「家族のうた」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。