エール第57話のネタバレあらすじ!幸せそうでなによりだ!あの世でまたな

こちらでは、朝ドラ「エール」12週目第57話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第56話「安隆、蘇る!?」では、亡くなった父が地上に帰ってきて、音の前に姿を現すストーリーでした。

エールの第57話「安隆、あの世でまた」では、幽霊となってこの世に戻ってきた安隆は、音と別れて愛する妻と娘がいる豊橋に向かうストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年6月16日(火)放送
第12週サブタイトル『父、帰る・古本屋の恋・環のパリの物語』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)

朝ドラ『エール』第57話のネタバレあらすじ

ここからは、6月16日に放送された朝ドラ「エール」第57話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール57話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 音と別れて豊橋の関内家へ
  • 朝食中でタイミング失い作業場へ
  • 気配を察知した岩城が暴れだす
  • とっさに外にでると妻と遭遇
  • びっくりする妻をなだめ家の中で話をすることに
  • 二人でダンスをして昔の時間を取り戻す
  • 三女の話を聞く
  • 三女、教え子に先を越されてショック!
  • 三女が帰ってきて驚かすもまったく動揺しない
  • 教え子に先を越されて悔しがる三女
  • 負けを認めることも大事と諭す父親
  • まっすぐ物事を見てみると前向きになる三女
  • あの世で会おうと約束する夫婦
  • 再婚許すと置手紙を置く
  • あの世へ旅立つ

音と別れて愛する妻の下へ

幽霊となってこの世に戻ってきた安隆は、音とおしゃべりを楽しみ別れました。

次に向かったのは、豊橋にいる妻の光子と、娘の梅のところです。

この世に、舞い降りた二日目のことでした。

あの世から舞い戻ってきて、この世をすっかりと満喫していました。

しかし、一番気がかりなことは、この世に残してきた妻と娘達のことです。

関内家につくと、朝ごはんを食べている妻と娘がいましたが、なんだか入れない雰囲気でした。

一人、作業場に向かうときれいに作られた鞍をみて「あ~さすがだわ~。」と関心します。

すると作業場へ岩城新平(吉原光夫)が入ってきました。

親族以外には見えないので、もちろん彼には姿が見えません。

しかし何かを感じたようで、作業道具を手を持ち、安隆をおいつめようとしました。

何とかたたかれるのを避けようと表に出ると、なんとそこで光子と出くわすのです。

白装束姿の夫を見て、えええっ!と悲鳴を上げる光子の声に、びっくりした岩城が駆け寄りました。

そこ、そこ」と安隆に指を刺すと、見えていませんが棒で指したところを振り回します。

なんとかよけた安隆が光子に「中で話そう」と提案すると、そうしましょうと混乱しながら、家の中に入っていきました。

夫婦の再会

突然現れた夫の姿に、妻は驚きましたが再び会えることとなり、感動の再会を果たします。

いざとなったら、何を話していいのかわからなくなると言う安隆に対して、光子は踊る?と誘いました。

昔二人で踊ったことを思い出しながら、二人は息を合わせてステップを踏みました。

踊り終わると、昔の時の時間を、一瞬にして取り戻すことが出来たのです。

娘達が小さかったころ、若かった二人は家の中でもダンスをする仲良し夫婦でした。

関内安隆(光石研)は自分が亡くなった後も馬具屋としての仕事を続けて、三人の娘を育ててくれたことに感謝を告げます。

そして、梅の様子を聞きました。

光子は、梅が自分が文学について教えていた幼馴染が、文学の新人賞を受賞して、ものすごくショックを受けていることを話します。

最初は気づかなかったけど本人からの手紙でそれを知って、編集者さんを紹介してあげるという内容が書かれていたことを話すと、「よかったじゃんか~。持つべきものは友だな!」と素直に喜ぶ夫。

そんな夫をみて「幸せな人ね。」と話しながら、そういうところが好きと笑顔になります。

しかし梅は、幼馴染が賞をとったことがショックで、最近は小説も書いていない状態で、関内光子(薬師丸ひろ子)も悩んでいました。

そこで、ちくわを食べていた安隆が「俺、話してみるよ。」と話します。

まったく動揺しない梅

関内梅(森七菜)が帰ってきて、自分の部屋に入ると安隆が「うらめしや~」と驚かそうとしました。

突然幽霊となり現れた父に対して、「お父さんでしょう。」とさほど驚くこともなくすんなりと受け入れている様子に、少し動揺してしまいます。

幽霊なんて文学じゃありふれとるよ。」といって、気にも留めない様子。

結ちゃんの受賞作、読んだか?」と話をふると、 「すごかった。すばらしかった。ただ、何でもない、、、」と何かを言おうとしましたが、話をやめます。

正直な気持ちを教えてほしいとお願いすると「悔しい。」と答えました。

何故、幼馴染が先に新人賞を取ってしまったのか、信じられない思いの梅。

悔しがる梅に、人は負けを認めることで、成長して大きくなれたり、夢とは違うことに挑戦することができるのだと諭します。

お父さんは、そんな経験ある?」と聞くと、岩城にはかなわないから職人を辞めて、経営に専念した話をしました。

そして、ずっとうちに仕事があるのは、彼のおかげだと感謝します。

すると突然「岩城さん、お母さんのこと好きだよ。再婚するって言ったら、つらい?」と聞かれたので、少し考えて二人とも好きだからうれしいと答えました。

それを聞いた梅は、自分は全ての事を斜めから見過ぎてしまうからこれからはまっすぐ見てみると答えます。

父のアドバイスを聞いた梅は、もう一度作家になることを夢見て前向きになることが出来ました。

別れの時

閻魔様からもらった現世での1泊2日の旅の期限が残り少なくなりました。

光子との別れ際に、娘たちがそれぞれ幸せを見つけることが出来て安心したとニコリと笑います。

あの世でまた会おうと約束する二人。

安隆はあの世に帰る前に、最後に家業の仕事場でもある馬具の作業場をのぞきます。

雇い主であった安隆が鉄道事故で死んだ後、職人のほとんどが辞めてしまいましたが、岩城だけが残って仕事を続けてくれていました。

そのおかげで妻と子供が無事に生活を続けることが出来たのです。

安隆は、職人の岩城の元にメモを残していきました。

メモを見つけて、そこに書かれていた字を読みます。

なんとそのメモには、「再婚を許す」と書かれていたのです。

勘の鋭い岩城は誰かがそばにいるような気がしました。

手元にあるメモにペンで伝えようと何かを書き始めました。

そこに書かれていた言葉は、「おれは安隆さんといるおかみさんが好きなんです。

自分が死んだ後も、家族が幸せに暮らしていることを自分の目で確かめることが出来、安心してあの世に旅立つことができます。

残念ながら長女の吟には気味悪がられてしまい、思いを伝えることが出来ませんでしたが、妻と二人の娘には自分の思いをしっかり伝えることが出来たので、満足してあの世に帰っていくことが出来ました。

ここまでが、6月16日に放送された朝ドラ「エール」第57話のあらすじのネタバレです。

唯一まともに会話することができなかった吟が後で話を聞いて後悔しないかが少し気になるところです。58話のエールでは、話が変わってあの幼いころの久志が再登場するんですよね、、、

エール第58話のあらすじを知りたい方は、第58話「久志は恋のキューピット!?」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール57話と実話の比較です。

安隆が馬具店を経営していたのは実話か?

エールでは、安隆亡き後も、岩城のがんばりで馬具店を続けられていましたが、安隆が馬具店を経営していた話は、実話でしょうか?

関内安隆のモデルは、古関金子さんの父・内山安蔵さんです。

内山安蔵さんも、軍に馬具を卸す会社を経営していたので、実話です。

ただし、作っていた馬具が、エールとは全然違うんですよね。あと、作っていたのは馬具だけではありません。

こちらについては、「【エール実話】安隆が馬具製造販売会社を経営していたのは本当!?いえ、作ってるものが違います!」で詳しくまとめています。

朝ドラ「エール」第57話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第57話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

織田無道ライバル現る

吉原光夫さんの幽霊の気配を感じる霊感の強さ。

織田無道ばりの霊感の持ち主です!

でも先日、織田無道さんテレビはやらせで除霊なんてできないって暴露してたんですよねw

宗教観はどこいった!?

自分の仏壇?の前に座って自分の写真を褒める光石研さん。

関内家がクリスチャンの設定ですが、どうなってるんでしょうか?

あの白装束と頭の三角頭巾は典型的な日本の幽霊イメージでしょうに。

しかも、森七菜さんが抱きついたときに「お父さん、あったかい。」って、幽霊はあったかいんかい!って結構SNSで突っ込まれていましたw

あとスピンオフ2話で終わり?って思ってる方も多かったです!

スピンオフは今週全部で、明日のあらすじのネタバレになりますが、バンブー梶取夫婦の恋物語がまっていますw

明日が楽しみですね!

以上が、朝ドラ「エール」第12週目第57話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第12週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第12週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第12週目のネタバレあらすじ

57話放送のエール第12週「父、帰る・古本屋の恋・環のパリの物語」のあらすじは、オムニバス形式のストーリーとなっています

第12週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第12週「父、帰る・古本屋の恋・環のパリの物語」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。