エール第69話のネタバレあらすじ!その気持ちは恋だ!好きと伝えました!

こちらでは、朝ドラ「エール」14週目第69話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第68話「創作についての話」では、壁にぶち当たった二人がそれぞれの創作について話をするストーリーでした。

エールの第69話「その気持ちは恋だ!」では、五郎のことが気になってしょうがない梅が久志に相談すると恋だと言われアドバイスを受けるストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年9月17日(木)放送
第14週サブタイトル『弟子がやって来た!』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第69話のネタバレあらすじ

ここからは、9月17日に放送された朝ドラ「エール」第69話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール69話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 才能と人を慈しむ心があるから自分を好きになってほしいと訴える
  • 久志にプレゼントを返し、相談に乗ってもらう
  • その気持ちは恋だと知らされる
  • 廿日市から才能なかったら生きていけないと苦言を呈される
  • 帰り道偶然梅と出会い、自分は努力してもダメなのだと話す
  • ダメなだけの人を好きにならないと告白する
  • 五郎が古山家を出て行くと決意する

本心

酔いつぶれて書斎で寝ていると、関内梅(森七菜)が水を持ってやってきた。

梅に気づいた田ノ上五郎(岡部大)は、酔った状態で起き上がると、梅の小説が好きだという。

そして、すばらしい才能と人を慈しむ心があるから、もっと自分を好きになってほしいと訴え、またそのまま眠ってしまいました。

相談

翌日、梅はこのもらったプレゼントを受け取る理由がないと佐藤久志(山崎育三郎)に返す。

そして、久志に今の気持ちを相談してみた。

梅はこれまで小説だけ書ければ一生独りでいいと思っていた。

だけど、あの人のことを思うと旨がキュッとなるという言う。

その話を聞いた久志は、その気持ちは恋だと伝える。

少し戸惑いを見せる梅だったが、この先どうしたらよいのか久志にアドバイスを求めた。

想い

古山裕一(窪田正孝)の使いで、廿日市のもとを訪れた五郎。

すると、廿日市誉(古田新太)からこの世界は才能だから、才能なかったら生きていけないと苦言を呈される。

その帰り道に偶然梅と出会う。

廿日市に言われたことを打ち明け、自分は努力してもダメなのだと話す。

そんな彼に、ダメなんかんじゃないと訴える。

そして、ダメなだけの人を好きにならないと告白した。

御詫状

翌日、五郎は裕一に「御詫状」を差し出す。

そして、先生のそばにいて自分の才能がないことを骨身にしみたと話す。

裕一が次が見つかるまでここに居ていいと引き留めるが、五郎の決意は変わらず、出て行くことになった。

玄関先で皆に挨拶をする五郎。

深々と頭を下げて古山家を後にした。

梅は突然の別れを受け入れられず、彼が去った後に涙ぐんだ。

ここまでが、9月17日に放送された朝ドラ「エール」第69話のあらすじのネタバレです。

ついに出て行ってしまいましたが、梅がとんでもない行動を起こすんですよね、、、

エール第70話のあらすじを知りたい方は、第70話「五郎の行方」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール69話と実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

五郎が弟子を辞めて出て行った話は実話か?

エールでは、五郎が弟子を辞めて出て行きましたが、これは実話でない可能性が高いです。

古山裕一のモデルは、古関裕而さんです。

古関裕而さんには、土橋啓二さんなどのお弟子さんがいましたが、居候で弟子になった方は見当たりませんでした。

仮に五郎のモデルが土橋啓二さんだったとしても、啓二さんは出征していますので、弟子を辞めたわけではありません。

よって、五郎はエールのオリジナルキャラクターで居候の話も弟子をやめて出て行った話も創作だと考えられます。

朝ドラ「エール」第69話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第69話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

告白はやっ!

いきなりの告白!

恋愛初心者とは思えないほどのさりげない告白の仕方に見ていてびっくりですw

告白するだけの布石にすぎない廿日市の苦言。

しかも、梅のほうから告白するとは思いもしなかったので、ちょっと驚きましたね。

五郎が出ていったのは自分が告白したからだとか思っちゃってそうだけど。

意思が弱い性格

才能がないことがわかって、さっさと出て行った五郎。

決断と行動は認めますが、弟子にきたとき、飯はいらんと一時ながらがつがつ食っていたシーンを思い出した。

次の日ひょっこり、やっぱり次が見つかるまで世話になるとかいってこないだろうかw

月曜に弟子入りして木曜には去っていくって速すぎでしょ。

それはそれで、あらすじ成立しそうで怖いけどw

切り替えの速さ

速いといえば久志の切り替えの速さも半端ないw

振られたからってすぐに藤丸と元サヤに戻ろうとするフットワークの軽さ。

藤丸も一度は捨てられたようなものなのに、振られた男が戻ってきてうれしいんだろうか。

いわゆる大人な関係なのかもしれない。

久志もモテる感じは分かるけど、それに満足して特定の誰か一人とちゃんと付き合った事ありのかな?

プレゼントのくだりも欲しいものを買おうって、女がプレゼント好きって先入観だけで動いていそう。

以上が、朝ドラ「エール」第14週目第69話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第14週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第14週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第14週目のネタバレあらすじ

69話放送のエール第14週「弟子がやって来た!」のあらすじは、裕一の弟子の田ノ上五郎と関内梅が古山家に居候してお互い意識するストーリーとなっています

第14週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第14週「弟子がやって来た!」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。