エール第70話のネタバレあらすじ!五郎の行方!私はあなたを必要としています!

こちらでは、朝ドラ「エール」14週目第70話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第69話「その気持ちは恋だ!」では、五郎のことが気になってしょうがない梅が久志に相談すると恋だと言われアドバイスを受けるストーリーでした。

エールの第70話「五郎の行方」では、古山家を出て行った五郎を梅があちこち探し回って豊橋に帰るストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年9月18日(金)放送
第14週サブタイトル『弟子がやって来た!』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第70話のネタバレあらすじ

ここからは、9月18日に放送された朝ドラ「エール」第70話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール70話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 出版社主宰の対談が始まる
  • 今後の展望を聞かれて豊橋に帰ると話す
  • 対談が終わり、五郎を探し回る
  • 彼を見つけ、自分のことが好きかと質問する
  • 好きだが、何もない自分はふさわしくないと伝える
  • 自分には必要だと話し、豊橋に一緒に帰ろうと提案する
  • 古山家に戻ってご飯を食べる
  • 結婚の条件をすでに考えていると話す
  • 豊橋に戻り、一人前の馬具職人になるために岩城の修行が始まる

対談

この日、出版社主宰で、幸文子(森田想)との対談が開かれることになった。

出版社の応接室で、古山音(二階堂ふみ)が見守る中、二人の対談が始まる。

対談中に、記者から2作品目が執筆中で、今後の展望を聞かれた梅は、いきなり豊橋に帰ると言って皆を驚かせた。

そして、豊橋への思いを語り、自分にはかけがえのない人が出来たから、その人と一緒に帰ることを告げる。

探す

対談を終えた梅は、必死に探し回り、ついに五郎を見つけた。

関内梅(森七菜)は、自分のことが好きかと五郎に質問する。

田ノ上五郎(岡部大)は、素直に好きだと伝えるが、何もない自分はふさわしくないと話した。

しかし、梅は、自分には必要だと話し、豊橋に一緒に行こうと訴える。

一緒に帰ること決意した五郎は、古山家に戻った。

結婚の条件

古山家に戻って食事をする面々。

梅が豊橋に帰って母・光子に彼のことを話すという。

そして、結婚の条件として、関内馬具店の跡継ぎにさせるために、岩城新平(吉原光夫)に一人前の職人として認めてもらうことを決めていた。

抜け目のない計画に関心する古山夫婦。

問題が解決して、執筆活動も順調に進み、5日後に二人は豊橋に旅立っていった。

豊橋

事前に豊橋に手紙を送っていた音。

しかし、郵便が遅れて手紙が届いたのが、二人が帰宅する数分前。

手紙を読んで驚いた関内光子(薬師丸ひろ子)は、梅たちが帰ってきて更に驚く。

梅の2冊目の本は、無事に出版され、本を手に取り喜ぶ梅。

そして、関内家に迎えられた五郎は、一人前の馬具職人になるために岩城の厳しい修行が始まった。

ここまでが、9月18日に放送された朝ドラ「エール」第70話のあらすじのネタバレです。

岩城のもとで厳しい修行を始めましたが、あとでまた古山家に戻ってくるんですよね、、、

エール第71話のあらすじを知りたい方は、第71話「露営の歌」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール70話と実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

五郎を連れて岡崎に戻る話は実話か?

エールでは、梅が五郎を連れて岡崎に戻りましたが、これは実話ではありません。

関内梅のモデルは、内山松子・貞子・寿枝子さんのどなたかなのですが、3人とも詳細は分かっていません。

古山裕一のモデル・古関裕而さんには、土橋啓二さんなどのお弟子さんがいましたが、居候で弟子になった方は見当たりませんでしたので、五郎はエールのオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

朝ドラ「エール」第70話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第70話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

きっつい対談

授賞式で、梅と幸文子の対談話があったけど、単なる社交辞令的なストーリーかと思いきや、本当に対談行われましたねw

しかし、相変わらずの敵意むき出しの文子。

感じ悪すぎて司会も困っている様子が、まるで「別に」事件を見ているかのようでしたw

そんなマント取りに来ている文子も評しぬけたのが豊橋帰る発言!

しかも、かけがえのない人できましたので、私幸せなんです発言!

相手にしていなさそうだったけど、ある意味文子に大ダメージ与えましたねw

勝てたと思ったのに追いついてきてっていうのもストーカーだと思ってたのかな?

こっちはこっちでコンプレックスをかかえてたっぽいけど、どちらかと言えば、被害妄想強い女子って感じ。

まぁ、本ならどこでも書けるから豊橋戻っても何の問題もないでしょうけど、この対談がどういった記事になったのかが気になるw

五郎の居場所

五郎どこにおんねん!

大声出せばなんとなく出てくるかなと思ってたけど、完全ホームレスな場所にびっくりw

逃げ腰の五郎に強気の梅。

名前呼び捨てだし、命令口調に完全しりに敷かれるパターンではないですか。

男連れて帰ったら、豊橋のお母さんビックリするなと思ったけど、意外と受け入れが早いのにもびっくり。

古山裕一(窪田正孝)のときみたいに反対してくれたらもうちょっと面白いあらすじになったかもしれないけど、時間の都合でその辺スルーされたんだろうな。

それにしても関内家の女は強いなぁ~

複線もろもろ回収

最後は、馬具職人になれれば結婚というあらすじだったけど、ここまでの複線無事回収。

一つ目は、もちろん古山華(田中乃愛)と遊んでいたお馬さんゴッゴ。

これは、エールのシーンでも得意だねっていう話もあったから無事回収。

もう一つは、下駄の鼻緒を直したシーン。

手が器用ってことで職人もOKでしょ!って流れで回収。

今回は、スピンオフ的な感じだったけど、物語展開の異常なほどの早さが時間のなさを感じる14週でしたw

以上が、朝ドラ「エール」第14週目第70話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第14週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第14週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第14週目のネタバレあらすじ

70話放送のエール第14週「弟子がやって来た!」のあらすじは、裕一の弟子の田ノ上五郎と関内梅が古山家に居候してお互い意識するストーリーとなっています

第14週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第14週「弟子がやって来た!」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。