エール第72話のネタバレあらすじ!「暁に祈る」の主題歌

こちらでは、朝ドラ「エール」15週目第72話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第71話「露営の歌」では、裕一が新聞の公募で入選した「露営の歌」の歌詞を見て作曲し、久志が歌ってレコードにすると大ヒットになるストーリーでした。

エールの第72話「「暁に祈る」の主題歌」では、鏑木夫妻から映画「暁に祈る」の主題歌の作曲を依頼された裕一が、作詞家・歌手を指定することを条件に引き受けるストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年9月22日(火)放送
第15週サブタイトル『先生の歌』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第72話のネタバレあらすじ

ここからは、9月22日に放送された朝ドラ「エール」第72話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール72話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 「暁に祈る」の主題歌の作曲を依頼される
  • 作詞家と歌い手を指定させてほしいとお願いする
  • 音に国防婦人会に顔をだすよう釘を刺す
  • 久志と鉄男に話し、二人とも承諾する
  • 「福島三羽ガラス」が始動する
  • 音楽教室で一人だけ音痴の男の子がやってくる
  • 皆に煙たがれ、辞めるというと裕一がハーモニカをあげる
  • 出来上がった歌詞を武田少佐に見せるが軟弱だと言われる

主題歌の作曲

「露営の歌」がヒットしてから1年が経ったある日。

古山家に、関内吟(松井玲奈)と吟の夫・関内智彦(奥野瑛太)が訪ねてきた。

智彦は軍人で、陸軍の馬政課で勤務しており、今回、映画を作ることになったと話す。

そこで、「露営の歌」で大ヒットした作曲家の裕一に、「暁に祈る」という映画の主題歌を依頼してきたのだ。

古山裕一(窪田正孝)が、その話を引き受ける前に、詩はもうできているのか尋ねると、まだ作詞家は選定中という。

そこで、裕一は作詞家と歌い手を指定させてほしいとお願いした。

国防婦人会

二人が話をしている頃、台所で昼食の準備をしている関内姉妹。

古山音(二階堂ふみ)が化粧をしていないねと吟にいうと、着飾る暇があったらやるべきことをやらないとと話した。

その話の流れで、吟は、分会長から音が国防婦人会に顔をだしていないことを聞いた話をした。

最近は出征する人も増えているから、今度の会合には必ず行くようにと釘を刺す。

島三羽ガラス始動

裕一は、早速佐藤久志(山崎育三郎)に映画主題歌の作曲の話をして、久志も快く引き受けることに。

そして、鉄男のもとへ向かい、同じ話をする。

村野鉄男(中村蒼)も二つ返事で引き受けた。

これで、ついに「福島三羽ガラス」が始動する。

鉄男が上京したときに三人で誓った夢が動き始めたのだった。

音楽教室

音が始めた音楽教室には、バンブーの梶取恵(仲里依紗)の協力によって合計5人が集まった。

早速、合唱することになったが、男の子の弘哉だけ音を外し、皆に笑われてしまう。

次の、音楽教室の日も梅根弘哉(外川燎)は音を外し、今まで笑っていた子からは、いいかげんにしてほしいと言われる始末。

耐え切れなくなった弘哉が、もう辞めるといって出て行くと、裕一が引き止めてハーモニカを手渡し、ハーモニカの音色を聴かせた。

陸軍馬政課

陸軍馬政課の客間に座っている裕一と鉄男。

歌詞が完成して、渡しに来たのだ。

しかし、智彦の上官である武田少佐にその歌詞を見せると「軟弱ですな。」と言われてしまう。

ここまでが、9月22日に放送された朝ドラ「エール」第72話のあらすじのネタバレです。

エール第73話のあらすじを知りたい方は、第73話「音楽教室始めました!」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール72話と実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

鉄男が「暁に祈る」を作詞をする話は実話か?

エールでは、鉄男が「暁に祈る」を作詞することになりましたが、これは実話です。

鉄男のモデルは作詞家の野村俊夫さんで、「暁に祈る」の作詞を担当しました。

エールでは、福島三羽ガラスとして始動しているように歌は久志のモデルである伊藤久男さんが担当の一人として歌っており、実話でも福島三羽ガラスの始めての合作作品となります。

朝ドラ「エール」第72話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第72話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

冷え切った夫婦

吟たちがやってきましたが、もしかして夫婦の関係は、あまりよろしくない!?

子供を見る目がお互い違うし、どうも子供がなかなか出来ない様子。

しかも、帰り際に「陸軍のため上手につきあえ」って結構な上からの物言い。

亭主関白なのは珍しくない時代だけど、どちらかといえば、上官と部下みたいな関係のように見えてしょうがない。

軍歌といえない

ついに戦争に突入した今週ですが、愛国歌謡って当時もそんな風にいってたのかな?

オブラートに包まなければ、軍歌そのものなんだろうけど、NHKの忖度なのか、なるべく炎上しないように穏便に済ませようという事情があるのか。

それと、この時代だったなら、軍直属からお願いされても、レコード会社も何も文句は言わなかったんだろうな。

同調圧力

このご時勢、やることやるべし!と訴える吟。

同調圧力というか、軍人のお嫁さんやってたらどうしてもそっちの考えに偏ってしまうのかな?

軍人のお嫁さんだけあって、どっぷりつかっている様子。

国防婦人会は、あらすじのネタバレになりますが、音が関わっていく会です。

何者?

久しぶりに恵が何者なのか分からないエピソードきた!

今回は、絵を見事に描いて見せただけだったけど、保もお約束のごとく、「初めて聞いた」が炸裂w

新聞広告描いてたってどこで描いてたんですか!

しかも気づきましたか?

音楽教室の場所に「喫茶バンブー裏」って書いてあるのを!

しかも周りの字よりも一回り大きな字で!

恵さん万能すぎるw

以上が、朝ドラ「エール」第15週目第72話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第15週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第15週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第15週目のネタバレあらすじ

72話放送のエール第15週「先生の歌」のあらすじは、鏑木夫妻から映画「暁に祈る」の主題歌の作曲を依頼された裕一が、作詞を鉄男に、歌を久志に指名し、福島三羽ガラスとして世に出るストーリーとなっています

第15週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第15週「先生の歌」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。