エール第75話のネタバレあらすじ!「暁に祈る」が完成!出征する藤堂先生の気持ちを込めて!

こちらでは、朝ドラ「エール」15週目第75話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第74話「歌詞を書くきっかけ」では、映画「暁に祈る」の主題歌の歌詞がなかなかOKをもらえずに、きっかけをつかもうと裕一と鉄男が福島に帰るストーリーでした。

エールの第75話「『暁に祈る』が完成」では、藤堂先生が出征することになったことを知り、先生のことを思って詞を書き、「暁に祈る」を完成させるストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年9月25日(金)放送
第15週サブタイトル『先生の歌』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第75話のネタバレあらすじ

ここからは、9月25日に放送された朝ドラ「エール」第75話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール75話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • もう一度だけ詞を書くことを決意する
  • 恩師に捧げるつもりで書いた詞を見せる
  • 覚悟を感じた詞にグッときてOKをだす
  • 「暁に祈る」が公開され大ヒットする
  • 仕事が増え、おでん屋を畳むことを考える
  • 五郎が一人前の馬具職人になるためにがんばっている
  • 音楽の発表会をやりたいと提案する
  • 音に歌ってほしいとお願いする

決意

藤堂清晴(森山直太朗)先生から、出征することを知らされた鉄男。

皆が寝静まる中、先生の言葉を思い出す。

朝、古山裕一(窪田正孝)が目覚めると、すでに鉄男は起きていて机に向っていた。

そして、もう一度だけ詞を書くことに挑戦していいかと裕一に尋ねた。

完成

東京に戻った裕一は、早速、吟の夫・関内智彦(奥野瑛太)に電話をかけ、歌詞が完成したことを報告し、アポをとった。

数日後、陸軍馬政課を訪れる二人。

裕一は、武田少佐に見せる前に、今回の詞も期待に応えできていないかもしれないと断りを入れた。

それならなぜ来たのだと武田が質問すると、村野鉄男(中村蒼)が恩師に捧げるつもりで書いたと答える。

そして、戦地にいく人の心に近づきたいと願いながら歌詞を書いたと話し、手渡す。

その詞を見た武田は、出征したら生きて帰らないという覚悟を感じた詞だといい、採用することになった。

大ヒット

昭和15年に「暁に祈る」が公開されると大ヒットを記録した。

これは福島三羽ガラスが世に出た瞬間でもある。

「暁に祈る」は、国民に認められ出征には欠かせない一曲となっていた。

これを機に、鉄男は作詞の仕事が増え、忙しい毎日を送っており、おでん屋を畳むことを考えていた。

豊橋

一方、豊橋では、田ノ上五郎(岡部大)が一人前の馬具職人になるために、岩城新平(吉原光夫)の厳しい指導を受けていた。

二人の様子を見ている光子と梅。

関内光子(薬師丸ひろ子)は、大分手馴れてきたといい、一人前と認めてもいいんじゃないかと話す。

しかし、関内梅(森七菜)は甘やかした本人のためにならないと一蹴し、厳しく見守っていた。

1年後

「暁に祈る」が公開されてから1年後。

裕一の仕事は順調で、音も音楽教室を続けていた。

すると梅根弘哉(外川燎)が、目標があったほうがやる気が増すといい、発表会を提案した。

そして、音に歌ってほしいとお願いする。

まんざらでもない古山音(二階堂ふみ)は、前向きにがんばることにした。

ここまでが、9月25日に放送された朝ドラ「エール」第75話のあらすじのネタバレです。

ついに鉄男も人気者の仲間入りになりましたが、相棒の久志に大事件が起こるんですよね、、、

エール第76話のあらすじを知りたい方は、第76話「久志に召集令状!」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール75話と実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

7回目でOKをもらった話は実話か?

エールでは、鉄男が7回目の提出でやっとOKをもらいましたが、これは実話です。

鉄男のモデルは作詞家の野村俊夫さんで、「暁に祈る」の作詞を担当したときも、馬政課の陸軍中佐出水謙一が難色を示し、何度も書き直しさせられています。

最終的に、書き直しは続き、七回目にしてようやくOKが出ました。

朝ドラ「エール」第75話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第75話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

絶望的な寝相

久志の寝相めっちゃ悪すぎる。

絶望的なほどの寝相の悪さにびっくり仰天の朝でしたw

藤丸ともしも寝ていたとすれば、よくあんな寝相耐え切れたなと逆に関心してしまいましたよ。

藤丸以外にもこれまでの彼女さんたち、ドン引きしなかったのかな?

先生のために

先生のために書きあげた歌詞。

ついにOKもらいましたが、馬の気持ち全然いれてないでしょきっと。

裕一が1回だけ馬がでてくるとかフォローしてたけど、ほぼ100%戦争に行く人たちの気持ちを考えた歌詞でしょうね。

でも、あっという間に歌詞ができあがって、すぐに福島から東京へワープしたからその辺の感情移入がまったくできませんでしたw

まぁ、見せる前から私情バリバリ入れました宣言したから、これまでのあらすじオール無視でも問題なかったのかもしれませんが、そもそも将校も、どれだけ妻子を残して戦地に向かう人の気持ち分かっていたのかは謎。

偉い人たちは戦場にいかないもんね。

相変わらずの即OK

今回7回目にしてやっとOKもらいましたが、決まるときはいつでも早いのが朝ドラ「エール」のあるあるです。

裕一のこれまでのレコード見ても、廿日市の機嫌と状況次第で、中身関係なしで即OKだったからね。

今回も6回NGはあったけど、結局、思いや背景説明したら即OKとなりました。

せめて最後の歌詞だけは、苦悩しながら作ってるところがもっと見たかったと思った75話でした。

出征シーン

見送る家族のことを思うと悲しくて見てられない出征シーンでしたが、えらい豪華なシーンでしたね。

国旗をまとってあんなふうに出征していたのか気になるところ。

昌子さんの涙にこっちが涙涙でした。

以上が、朝ドラ「エール」第15週目第75話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第15週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第15週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第15週目のネタバレあらすじ

75話放送のエール第15週「先生の歌」のあらすじは、鏑木夫妻から映画「暁に祈る」の主題歌の作曲を依頼された裕一が、作詞を鉄男に、歌を久志に指名し、福島三羽ガラスとして世に出るストーリーとなっています

第15週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第15週「先生の歌」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。