エール第86話のネタバレあらすじ!ビルマへと向かうが、2ヶ月間待機命令!?

こちらでは、朝ドラ「エール」18週目第86話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第85話「戦地への音楽慰問」では、戦地への音楽慰問にいくという裕一に、鉄男が危険だと忠告するストーリーの予定です。

エールの第86話「ビルマへと向かう」では、ビルマに向かった裕一だったが、作戦が予定通りに進んでおらず、前線に向かう命令がなかなか下りないストーリーの予定です。

朝ドラ『エール』
2020年10月12日(月)放送
第18週サブタイトル『戦場の歌』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第86話のネタバレあらすじ

ここからは、10月12日に放送される朝ドラ「エール」第86話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール86話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーの予定です。

  • ビルマで滞在
  • 作家の水野と洋画家の中井が戦地にいくと志願する
  • 水野から別れ際に詞を託される
  • 日記につづりながら2ヶ月待機する
  • 大倉から前線に藤堂大尉がいることを知らされる
  • 音と華は福島に疎開する
  • 中井が前線から帰ってきて日本は負けると訴える

戦地へ

古山裕一(窪田正孝)が日本から飛び立って向かった先はビルマだった。

ビルマでは、インド北東部のインパールを攻略するインパール作戦が展開されている。

作家の水野伸平と洋画家の中井潤一と共にホテルにつくと、磯村中佐が応対し、特に詳しい情報も伝えられないまま待機することに。

しかし、水野は、戦地を自分の目で見たいと自ら志願し、中井とともに前線に行くことになった。

水野たちが前線にいくことになったのは、ビルマに到達して1ヶ月後のことだったが、別れ際に「ビルマ派遣軍の歌」という詞を託される。

日記

裕一は、命令のないまま滞在先で過ごしながら、その出来事を日記につづった。

近くの学校に慰問に出かけた話や、現地の記者連中とすき焼きを食べた話。

その合間に、戦況を聞くために司令部に話を聞きにいくが、作戦は思うように進んでいなかった。

藤堂の情報

ビルマにきて2ヶ月が経ったある日。

部屋に従軍記者の大倉憲三(片桐仁)が訪れた。

大倉は、「藤堂清晴」という男のことで裕一に確認にきたのだ。

「藤堂清晴」は、もちろん裕一の恩師で、そのことを伝えると、ビルマの前線にいることを知らされる。

藤堂は大尉として前線におり、配属先が分かったら知らせるといって部屋をでていった。

疎開

一方、東京に残された古山音(二階堂ふみ)古山華(根本真陽)は、まさの病状が悪化していることもあり、疎開することになった。

実家を訪ねると、古山まさ(菊池桃子)は寝たきりで、満足に起き上がることもできない状況。

古山浩二(佐久本宝)は、まさが倒れてからは、このままでは喜多一も権藤家も潰れてしまうと危機感を持っていることを話す。

帰還

ある日、前線にいっていた中井が戻ってきた。

中井の姿は別人のように変わり果てており、戦場の惨状を描いたスケッチには、まさに地獄のようなを絵が納められていた。

そして、戦況が絶望的で日本は負けると聞かされる。

ここまでが、10月12日に放送される朝ドラ「エール」第86話のあらすじのネタバレです。

なかなか前線にいけない状態ですが、まさかのあの人に出会うんですよね、、、

エール第87話のあらすじを知りたい方は、第87話「慰問の申し出」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール86話の実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

裕一がビルマに向かった話は実話か?

エールでは、裕一がビルマに向かいましたが、これは実話です。

裕一のモデルは、作曲家の古関裕而さんです。

古関裕而さんは、昭和19年に「特別報道班員派遣」の一員として、ビルマ方面に派遣されています。

朝ドラ「エール」第86話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第86話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

生きて帰る!

手紙を残してビルマに向かった裕一。

手紙の中で、「必ず生きて帰ります」って書いてあったけど、主人公じゃなかったら完全に死亡フラグですよね。

梅根弘哉が挨拶に来たのは、王道の死亡フラグだったから、たぶん死んじゃうんだろうけど、さすがに裕一を殺しちゃったら朝ドラ史上の大問題に発展しそうな感じw

主人公が最後の方で年取ったり、病気でなくなるってケースはあっても、途中で、戦死したという話は聞いたことがない。

今後そういった朝ドラは誕生するのだろうか?

否、するわけないよねw

つらい1週間

先がある程度わかってそうな展開の18週になりそうですね。

藤堂先生情報もフラグだし、下手したら死亡フラグなんじゃないかと疑うような展開が目に見えていてつらい1週間になりそうです。

戦地は地獄だ!ってまさにその通りだと思いますよ。

戦地で書いてきた絵を見ても、禍々しさが伝わるワンシーンでした。

ふぅ。早く戦争終わってほしいょ、、、

戦地

ついに、日本を飛び出してビルマに着きましたね。

セットは日本でしょうが、ビルマといえばやっぱりインパール作戦。

インパール作戦は、ほとんどの日本兵が亡くなったといわれている「史上最悪の作戦」ですよね。

まさかその作戦に藤堂先生を絡めてくるなんてある意味残酷なあらすじですが、裕一の喪失感を出すために、あえて恩師の死を利用するんでしょうね。

好きなの?

まさかの告白!

洋画家の中井潤一がまさかの「あいつのことが好きなんで」って告白しましたが、もう少しセリフ変えれたでしょうに、、、

たとえば、「あいつのことが心配なんで」とか。

いきなり好きなんでっていっちゃうと作家の水野伸平とできてるんじゃないかって疑ってしまいますよ。

二人の付き合いがどんなものかも分からないのに、いきなり登場して「あいつのことが好きなんで」ってセリフいった瞬間、逆にドキッとしましたよw

日記

日記で状況を説明。

これもあるあるな見せ方の一つですが、BGMが負のオーラーをだしすぎw

日記の朗読も暗すぎて観てる方は結構つらいだろうなと思いながら観てしまいましたよ。

そのくせ、途中ですき焼きや宴会シーン挟んできて、どっちに寄せたいのか分からないシーンもちらほら。

だいたい海外ですき焼きって白滝ビルマにあるの?

そもそも、今回の慰問も機密中の機密でしょ。

軍事上の機密を日記という形で記録に残しちゃっていいのかな?

体格よすぎ!

今回、ドラマとは関係なく目立ったのが、窪田正孝さんの筋肉w

裕一のイメージからしてあの筋肉はだめでしょ!

かなり鍛えた身体でしたよ窪田さん。

役にどはまりするなら、筋肉もゆるゆるにしとかないとw

いい体しすぎて、兵隊に抜擢されるウルトラC的なあらすじになったら許すけどね!

以上が、朝ドラ「エール」第18週目第86話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第18週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第18週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第18週目のネタバレあらすじ

86話放送のエール第18週「戦場の歌」のあらすじは、ストーリーとなっています

第18週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第18週「戦場の歌」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。