エール第89話のネタバレあらすじ!曲をつくり続けるもついに終戦!

こちらでは、朝ドラ「エール」18週目第89話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第88話「藤堂との再会」では、戦場で藤堂と再会し、兵士の慰問のための楽団を結成するが、敵に攻撃されるストーリーでした。

エールの第89話「曲をつくり続ける」では、ビルマから帰国後、裕一は心を殺しながら曲を作り続けるストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年10月15日(木)放送
第18週サブタイトル『戦場の歌』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第89話のネタバレあらすじ

ここからは、10月15日に放送された朝ドラ「エール」第89話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール89話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • ビルマから帰国し福島へ向かう
  • 昌子に手紙を届けにいく
  • 一人だけ東京に戻る
  • 国民の士気を高めるために作曲依頼が多く舞い込む
  • がむしゃらに曲を作り続ける
  • 日本は敗戦する

帰国

ビルマから帰国した古山裕一(窪田正孝)は、実家には帰らず、そのまま藤堂先生の家まで向かった。

藤堂昌子(堀内敬子)と対面すると藤堂清晴(森山直太朗)から託された手紙を渡す。

その手紙には、残していくことへの謝罪と昌子への想いが書かれていた。

その手紙を読んだ昌子は、「会いたい」といって泣き崩れた。

実家

実家に戻った裕一。

古山音(二階堂ふみ)が出迎えると、様子が違うことに気づく。

しかし、夫が帰ってきたうれしさからよかったと涙を流した。

一息ついて、音は改めて「お勤めご苦労様でした」と夫を労う。

すると、裕一は先に一人で東京に帰ると話す。

音は一緒にというが、しばらく一人でいたいといって、一人だけ東京へ戻ることに。

鉄男

東京へ戻ると、戦況が悪化していることもあり、国民の士気を高めるために裕一へ作曲依頼が多く舞い込む。

裕一は、心を殺して、国のために曲を作り続けていた。

そんなとき、村野鉄男(中村蒼)が古山家を訪れる。

鉄男は、藤堂の死を知り、先生の無念を晴らしたいと詩を持ってきたのだ。

それで、先生が喜ぶのか疑問もあったが、抜け殻の裕一はただ曲を書き続けると言った。

空襲

一方、関内家では、田ノ上五郎(岡部大)が信者の集会に参加して、特高につかまっていた。

光子たちが心配して話していると、空襲警報が響き渡る。

とっさに外にでて逃げようとするが、田ノ上梅(森七菜)が原稿をとりに家の中に入ってしまった。

それを見た岩城新平(吉原光夫)が助けに向かう。

翌朝、焼け野原になった家の中から二人を探す関内光子(薬師丸ひろ子)

二人は瓦礫に埋まっていて、なんとか光子が助けようとする。

終戦

昭和20年8月15日。

ついに日本は敗戦し、戦争が終わった。

 

ここまでが、10月15日に放送された朝ドラ「エール」第89話のあらすじのネタバレです。

ついに戦争が終わりましたが、ある出来事で曲が作れなくなるんですよね、、、

エール第90話のあらすじを知りたい方は、第90話「戦争終結」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール89話の実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

藤堂家に手紙を届けた話は実話か?

エールでは、藤堂家に手紙を届けましたが、これは実話ではありません。

藤堂のモデルは、遠藤喜美治さんです。

藤堂の父は元軍人でしたが、遠藤喜美治さんは、農家の子として生まれています。

部隊の隊長をしていたという情報も戦場に行っていたという情報も見当たりませんでした。

また、遠藤喜美治さんは、1971年3月に80歳で亡くなっています。

つまり、戦後にお亡くなりになったということですので、亡くなって託された手紙を持っていく話は、朝ドラ「エール」のオリジナルストーリーの可能性が高いです。

朝ドラ「エール」第89話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第89話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

オープニングなし

またしてもオープニングなしでスタートした朝ドラ「エール」

オープニングがないということは、相当暗い話ということが確定ということですが、昨日に続き今日もかなり見るのがしんどかったです。

しかもいきなり戦場から帰ってきたシーン。

藤堂の亡骸はどうなったのかが気になるところですが、、、

昨日の戦争というリアルに近いシーンを流すことで、正面から向き合ってる姿勢が評価に値しますが、 裕一のの帰りを待つ二人の喜びと裕一の空虚感の対比がまじまじと伝わってつらかったのが正直な気持ちです。

最後のラブレター

藤堂から妻・昌子への最後のラブレター。

「もう一度会いたい」が無念さを物語っていましたね。

裕一もこんなメッセンジャーはしたくなっただろうに、、、

実家に帰らずに一番に手紙を持って行ったのも、せめてもの償いだったかもしれませんね。

まさかお笑い担当の昌子がこんな役回りになるとは夢にも思いませんでした。

ただ想像していたよりも、ずっとずっと深い愛情で結ばれていたんだと知って、胸に来るものがありましたね。

本当に藤堂先生にとったら、昌子さんは大きな存在だったんだなぁ。

声が聞こえない

久しぶりの家族団欒のシーンも全く会話の声が聞こえない。

あれは裕一の心境を表したワンシーンでした。

華がおちゃらけてるシーンと対比させてるのも、それを引き立たせる演出でしょうけれども、虚しさが強く感じましたね。

裕一は生きて帰ってこれたけど、心は死んだような感じが悲しい、、、

お偉いさん

必ず非難されるのはいつもお偉いさんたち。

確かにそんなに言うなら、お前たちがいけっていう話なんですけど、まさか本当にマッカサーの名前が入った曲が来られているとは知りませんでした。

調べてみると西条に書き直させたあのくだりも実話に基づいたものだったそうです。

本当に軍国主義の恐ろしさを感じました。

それにしても祐一は心ここにあらずと言うか、瀕死のような状態で、全く何も響いていないような感じでした。

戦争も終わって、この先どう復活するのかというのが、また一つの壁だと思います。

鉄男の気持ち

鉄男も身近な人が亡くなって、心境はだいぶ変わっていましたね。
元々は新聞紙が戦争を煽っていたというものありましたが、それも軍からの命令だったかもしれません。

お互いの感情も全く噛み合っていませんでした。

戦場を知った裕一と、戦場を知らない鉄男の差かもしれません。

以上が、朝ドラ「エール」第18週目第89話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第18週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第18週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第18週目のネタバレあらすじ

89話放送のエール第18週「戦場の歌」のあらすじは、慰問で戦地に向かった裕一は、藤堂と再会するが、敵襲に恩師が命を落とし、東京へ戻るストーリーとなっています

第18週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第18週「戦場の歌」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。