エール第91話のネタバレあらすじ!ラジオドラマの作曲依頼!他当たってください!

こちらでは、朝ドラ「エール」19週目第91話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第90話「戦争終結」では、ついに戦争が終わったが、裕一は自分の作った曲が若い人の命を奪ってきたと悔やみ、曲を書くことができなくなってしまうストーリーでした。

エールの第91話「ラジオドラマの作曲依頼」では、劇作家の池田が、ラジオドラマの音楽を作曲してほしいと裕一にお願いするが、断られるストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年10月19日(月)放送
第19週サブタイトル『鐘よ響け』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第91話のネタバレあらすじ

ここからは、10月19日に放送された朝ドラ「エール」第91話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール91話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

    • 劇作家の池田からラジオドラマの音楽担当を依頼される
    • ラジオドラマの依頼を断る
    • 華から弘哉が見たらどう思うかと問われる
  • 入院している岩城を訪ねる音
  • 五郎と梅が新しい仕事を見つけてくる
  • 岩城が亡くなる

終戦から3か月

終戦から3か月たっても裕一は曲を作れずにいた。

音に頼まれて、村野鉄男(中村蒼)が様子を見に来るが、平気だと空返事をする裕一を見て余計心配になる。

バンブーでそんな話をすると、梶取恵(仲里依紗)が、きっかけが必要ねと話した。

新しいもの

そのころ、関内家では、空襲で崩れた家で、関内光子(薬師丸ひろ子)田ノ上五郎(岡部大)が今後のことについて話し合っていた。

光子は、戦争も終わり、馬に乗る時代じゃないと話す。

馬具を製造して切り盛りしてきた関内馬具店にとっては死活問題で、この先どうすればいいか、他に革を使う仕事を早々に考えなければいけなかった。

五郎は、「探してみます!」といって、どこかいってしまう。

来客

ある日、古山家に、劇作家の池田(北村有起哉)が訪ねてきた。

ご用件は?と裕一がきくと、自分が書いたラジオドラマの音楽を担当してもらいたいと話す。

しかし、古山裕一(窪田正孝)は、他をあたってほしいと取り合わなかった。

それを聞いていた古山華(根本真陽)は、いい話だと言うが、その気になれないと背を向ける。

そんな裕一に、今の姿を梅根弘哉(外川燎)が見たらどう思うかと問う。

そして、きっとお父さんの曲を聴きたいと思っていると気持ちを代弁した。

裕一は、一言「うん」といって書斎に戻っていった。

見舞い

音は一人、豊橋に戻っていた。

梅を助けるときに大怪我を負った、岩城新平(吉原光夫)を訪ねるためだ。

病院にいくと、光子に裕一と華のことを話す。

曲を書けないと話すと、そばにしたほうがいいとやさしい言葉をかけた。

すると、そこへ、五郎と田ノ上梅(森七菜)がやってくる。

戦争も終わり、馬具の仕事も減り、新しいことを考えないいけないということで、野球のグローブに目をつけていたのだ。

光子が、二人が新しい仕事を見つけてきたと岩城に語りかける。

数日後、岩城は光子に看取られながら、この世を去った。

ここまでが、10月19日に放送された朝ドラ「エール」第91話のあらすじのネタバレです。

全然書けなくなった裕一ですが、音が音楽楽しさを思い出させようと音楽のレッスンを受けに行くんですが、あの人と再会するんですよね、、、

エール第92話のあらすじを知りたい方は、第92話「御手洗との再会!」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール91話の実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

ラジオドラマの作曲依頼の話は実話か?

エールでは、池田からラジオドラマの作曲を依頼されましたが、これは実話です。

裕一のモデルは、作曲家の古関裕而さんです。

古関裕而さんは、1947年にNHKラジオで放送されたラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の作曲を依頼されています。

朝ドラ「エール」第91話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第91話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

オープニングなし!

今週も先週に引き続きオープニングなしのスタートでした。

前向きに作曲するまでオープニングはなしの方向なんでしょうかね。

先週のシリアスな内容といい、そろそろ明るい話題に入ってほしいと思いました。

バンブー

相変わらずのバンブーの二人。

バンブーは戦争が終わって模様替えなのか修繕中。

裕一がなぜ曲を作らずに、時計の修理をしていたのかも謎ですが、相変わらずのバンブーの二人のやり取りが微笑ましかったです。

しなやかに揺れて倒れない!まさにバンブーw

次の商品

五郎と梅が馬具の代わりになる商品を考えていましたが、皮の扱いができれば、ランドセルでもバッグでも何でも作れるものなのかな?

チャレンジ精神はいいことですが、戦後直後、皮がそもそも手に入るのかどうかが疑問。

それにしてもあのグローブ精度よすぎない?

いくら馬具の知識があるからといってあそこまで作れるものなのかな?

それでも、野球はこれから盛り上がる時代なので、グローブに目をつけたのはナイスセンスです!

馬具に見切りをつけて、グローブに再起を賭ける関内家。

将来、大企業になっていたらビックリしますが、今後が楽しみです。

死亡フラグ

音が入院している岩城さんを見舞ったときには、奇跡的に目を覚ますなんて想像もしていましたが、廊下で医師の話を聞いていると、完全な死亡フラグでした、、、

元気な状態だったら、梅無傷でなぜ岩城だけ助からなかった?っていう疑問符がつくから、元々、心臓に病気をかかえていたってことにしたんだろうけど、悲しすぎます!

弘哉の名前

やっぱり弘哉のことを思っていた華ちゃん。

音楽がいいやっていう父に、彼が見たらどう思うかなって、ほんとそうですよね。

裕一の音楽をきっかけに兵隊に志願したのに、夢半ばで死んでしまった彼の気持ちはどうやったら報われるのでしょうか。

志願したのも本人の意思だったんでしょうけど、戦争が終わったらハーモニカを続けていたんじゃないかと思うと心苦しくてなりません。 

世間の反応

最後のほうで、近所の人たちの声が聞こえてきましたが、分からないこともないので複雑でした。

端から見れば、国民の士気を高めるような曲を作り、そのお金でのうのうと暮らしている。

家も無事ならなおのことですよね。

そもそも仕事しないで悠々自適に宇宙があるとかいって、時計修理している時点で、かなり懐も余裕があることもうかがえますし、言いたい気持ちも分からなくはないです、、、

以上が、朝ドラ「エール」第19週目第91話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第19週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第19週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第19週目のネタバレあらすじ

91話放送のエール第19週「鐘よ響け」のあらすじは、戦争が終わってから、曲がかけなくなった裕一が、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」や「長崎の鐘」を通じて、応援する歌を作るストーリーとなっています

第19週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第19週「鐘よ響け」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。