エール第92話のネタバレあらすじ!御手洗との再会!オーディション落ちてから占い師になっていた!?

こちらでは、朝ドラ「エール」19週目第92話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第91話「ラジオドラマの作曲依頼」では、劇作家の池田が、ラジオドラマの音楽を作曲してほしいと裕一にお願いするが、断られるストーリーでした。

エールの第92話「御手洗との再会!」では、裕一に音楽の楽しさを思い出してもらおうと音が、歌の先生にレッスンを受けると、御手洗先生と再会するストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年10月20日(火)放送
第19週サブタイトル『鐘よ響け』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第92話のネタバレあらすじ

ここからは、10月20日に放送された朝ドラ「エール」第92話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール92話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 吟が音楽を始めたらどうかと提案する
  • ベルトーマス羽生に歌のレッスンをお願いする
  • 御手洗と再会を果たす
  • 1年半経っても曲がかけないでいた
  • 池田がやってきて再度作曲のお願いをする

古山家

ある日、古山家に吟が訪ねてきた。

岩城新平(吉原光夫)の話を聞き、会いに行けばよかったと後悔する吟。

古山音(二階堂ふみ)は、夫を支えるのが大切といって気遣った。

裕一の話になると、未だ止まったままでどうしたらいいか分からないと音が吐露する。

すると関内吟(松井玲奈)が、音楽の楽しさを思い出させるために、音に音楽を始めたらどうかと提案してきた。

先生を紹介

その話をバンブーの保と恵にすると、ちょうど常連客でいい人がいると紹介された。

そして、紹介された話を裕一に話し、レッスンにいってもいいか?と聞いた。

古山裕一(窪田正孝)は、自分のことは気にしないでと、レッスンにいくことを快く許す。

再会

レッスン初日。

歌の先生の名前は、ベルトーマス羽生。

ベルトーマスは、本名だと話すが、そんな名前付けるわけないと音が少しバカにする。

レッスンがスタートして少し立ったとき、ドアをノックする音が。

少し早いがベルトーマスの友達が来たようで、部屋の中へ招き入れると聞いたことがある声がした。

なんとその声は御手洗清太郎(古川雄大)の声だったのだ。

久しぶりに御手洗と再会すると、何でも占い師に転身したという。

書けない

家に帰り、その話をすると裕一は多才で羨ましいと笑った。

音が、まだ曲が書けないのかと聞くと、一度譜面を向かったけど書けなかったことを告白した。

音は、いつまでも待つと話す。

1年半後

それから1年半の月日が経った。

裕一は、相変わらず曲を作ることができない。

そんなある日、また池田二郎(北村有起哉)が古山家にやってきた。

池田の「鐘の鳴る丘」がついに許可され、再度お願いしにきたのだ。

裕一は、台本を読むが、やはり作曲する気にならず、またそれを断る。

しかし、池田は「あなたの曲は人の心を勇気付ける」と訴えた。

 

ここまでが、10月20日に放送された朝ドラ「エール」第92話のあらすじのネタバレです。

またしても断りましたが、彼の説得は尋常じゃないんですよね、、、

エール第93話のあらすじを知りたい方は、第93話「池田の説得」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール92話の実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

御手洗が占い師に転身した話は実話か?

エールでは、御手洗が占い師に転身していましたが、これは実話ではありません。

音のモデルは、古関金子さんです。

古関金子さんは、音楽を習っていましたが、先生が誰だったかの詳細は分かっていません。

よって、御手洗先生は朝ドラ「エール」のオリジナルキャラクターの可能性が高く、占い師に転身する話もオリジナルストーリーだと思われます。

朝ドラ「エール」第92話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第92話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

空回り

吟姉ちゃんよ、今度はどこの面接って、その声のかけ方はプレッシャーにしかなりませんよ。

吟姉ちゃんも悪気はないんだろうけど、智彦もこれまで軍人として生きてきたらプライドが邪魔して大変だよね。

あと、吟姉ちゃん戦争終ってからギスギス感がちょっと取れたようなしゃべり方だったけど、なんか変わったのかな?

飲んだくれ

面接は必ず軍服で行かないといけないのかな?

しかも面接に行くって言って、真昼間から酒を飲むって、リストラされたサラリーマンと一緒じゃないですか。

しかも酔いつぶれながら、絡まれてボコボコにされるって、、、

ボコボコにするのは、落とすとこまで落とす場合に使われる常套手段ですが、朝一からあまりいいものでありませんよね。

雰囲気的には裕一と同じように堕落していく感じ。

そんなとこ義兄の真似しなくていいのにw

オープニング復活

ついにオープニング復活!

今日もないのかと思いましたが、そこまで暗い話ではないので、やっと復活したと言って感じです。

GReeeeNさんがリストラされたのかと思いましたよw

やっぱりオープニングがないと、朝から元気が出ないですよね。

踏んだり蹴ったりの流れでしたが、爽やかなオープニングに少し元気がでましたw

音楽活動再開

今回の大きな流れとしては、音が音楽活動を再開したということです。

旦那はあの状態で、よくそっちの方向に、気持ち持っていけるなと思いましたが、それは音楽がテーマのドラマですからw

それにしても、吟姉ちゃんが音に、音楽再開を勧めるとは、ちょっと意外でしたね。

バンブーも再開

そして、もう一つの大きな流れとして、バンブーの復活です!

また恵と保の茶番劇が見られると思うと、楽しみでしょうがありませんw

まだまだ戦後たっぷりのバンブーですが、客も戻ってきて、なんとか軌道になりそうですね。

それにしても、営業開始できたとして、食材の調達はどうしたんだろう?

戦後はまだまだ食料不足が続いていたんじゃないかな?

先生登場!

ベルトーマス羽生という名前。

この名前を聞いた瞬間、御手洗の顔を思い出しましたが、見事に登場してきましたね!

同じ空気を感じると思ったら、ベルトーマスとスター御手洗ミュージッックティーチャー。

変な名前コントみたいな感じですw

こういったところから、ギャグパートを入れてくるのが、朝ドラ「エール」ですよね。

戦争も終わったんだから、今後はもっと増やしてほしいと思いました。

それと占い師に転身したってどういうこと!?

ドイツ留学中に占い師の勉強もしてたって、音楽の勉強に専念しなさいよって話ですよ!

しかも、音占ったときにめちゃくちゃ否定されているし、、、

しかし、なにやらフラグがたった予感がします。

今後の展開が見逃せませんw

以上が、朝ドラ「エール」第19週目第92話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第19週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第19週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第19週目のネタバレあらすじ

92話放送のエール第19週「鐘よ響け」のあらすじは、戦争が終わってから、曲がかけなくなった裕一が、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」や「長崎の鐘」を通じて、応援する歌を作るストーリーとなっています

第19週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第19週「鐘よ響け」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。