エール第93話のネタバレあらすじ!池田の説得!ついに克服なるか!?

こちらでは、朝ドラ「エール」19週目第93話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第92話「御手洗との再会!」では、裕一に音楽の楽しさを思い出してもらおうと音が、歌の先生にレッスンを受けると、御手洗先生と再会するストーリーでした。

エールの第93話「池田の説得」では、池田はが戦争の悲劇から復活するさまを描いたドラマの音楽は、裕一にしか書けないと説得するストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年10月21日(水)放送
第19週サブタイトル『鐘よ響け』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第93話のネタバレあらすじ

ここからは、10月21日に放送された朝ドラ「エール」第93話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール93話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 池田がまた古山家を訪れて、説得する
  • 苦しんでいる子供たちを励ましてほしいとお願いする
  • 智彦がラーメン屋で働く
  • 一瞬メロディーが流れてきた
  • 「鐘の鳴る丘」の台本を読み始める
  • 五線紙に音符を刻む
  • 「鐘の鳴る丘」の曲が完成する
  • 放送が開始され、人気となる

説得

再度、池田二郎(北村有起哉)が裕一に作曲をお願いするが、また断られる。

古山裕一(窪田正孝)は、自分歌で志願した若者に興奮していたといい、許されることではなかったと自分自身を否定した。

それを聞いた池田は、やはり先生しかないと訴え、自ら書いた歌詞を渡す。

そして、痛みを知って細表現できるものがあると信じているといい、その場を後にした。

ラーメン屋

一方、吟の夫・関内智彦(奥野瑛太)は、終戦後、職を探していたが、今だ見つからず。

面接にもいかずに、闇市で歩いていると、ラーメン屋で店員募集の張り紙を見つける。

以前、面接に言った際に面接官からラーメン一杯作るだけでも大変なのにあんたに仕事ができるのかと罵倒されたことがあった。

そのことを思い出した智彦は、奮起して働くことにした。

挑戦

翌日、裕一は池田が置いていった歌詞を音に見せる。

力強いいい歌詞だというと、裕一も納得していた。

そして、苦しいけどやってみようかなと前向きな言葉を口にする。

その言葉に、音は大喜びし、やってみようとする気持ちがうれしいと話した。

しかし、楽譜に向かえば向かうほど、戦争体験がフラッシュバックし、裕一を苦しめる。

そんな夫を見て、古山音(二階堂ふみ)は裕一をやさしく抱きしめた。

完成

翌日、書斎に入ると床で寝ている裕一に毛布をかける。

ふと、机を見ると完成した楽譜が置かれていた。

その楽譜を見て、小さな声で歌っていると、裕一も静かに置き、寄り添う二人。

放送スタート

ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」は昭和22年7月5日から放送が始まった。

瞬く間に人気となり、放送日が毎週月~金の5回放送となる。

これは、今に続く「連続テレビ小説」の原型となったものでもある。

ここまでが、10月21日に放送された朝ドラ「エール」第93話のあらすじのネタバレです。

ついに曲を完成させましたが、今度はあの名作を手がけるんですよね、、、

エール第94話のあらすじを知りたい方は、第94話「『長崎の鐘』の依頼」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール93話の実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

池田が説得した話は実話か?

エールでは、池田が裕一を説得してましたが、これは実話ではありません。

裕一のモデルは古関裕而さんで、池田二郎のモデルは、劇作家の菊田一夫さんです。

古関裕而さんは、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の話を聞いたときに、今の日本には明るさが必要だと好感を持っていました。

それよりも問題は、放送時間です。

当時のドラマは最低20分でしたが、CIEからは15分ドラマにするようにと命令され、そちらに悪戦苦闘していたようです。

朝ドラ「エール」第93話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第93話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

今日はいきなりオープニング

今日はこれまでと違って、いきなりのオープニングからスタート!

戦争負けるときはオープニング一切なし。

昨日はちょっと明るめのストーリーだったので通常通り10分後にオープニングスタート!

今日は続きという続きがなかったので、いきなりのオープニングスタートでしたが、最近はいつ音楽が流れるか分からないロシアンルーレットのような感じですねw

雰囲気的には、土曜日っぽい始まり方でした!

視線の交代

今日は上から下へ、下から上へと見下ろす側の交替で、描かれていました。

なんとなく裕一が上に立つようなイメージがありますが、対比なんでしょうね。

それと、池田さんも粘りますねー。

痛みを知っているからこそ表現できるものもあるって、裕一の言葉に対して響くような言葉を毎回毎回投げかけます。

裕一が戦時中、自分の曲で国民全体がそういった雰囲気になっていたといっていましたが、自分自身の興奮も当時としては、一種の麻痺状態だったんではないかと思います。

そういった空気に酔いしれていたとも言えますが、現実を突きつけられ、その反動が曲をかけなくさせているので、そう簡単に言葉だけではなかなか元には戻らなかったんでしょう。

唯一心を動かすといえば、将来の希望である「子供たち」

ここにかけていた池田の粘り勝ちといった感じでいたね。

ラーメン屋

ラーメン屋に就職した智彦。

最初に面接いった会社で、ラーメン一杯でも作ることができるのかと罵倒されていましたが、あれフラグだったんですね。

後でラーメンを回収するとは思っていもいませんでしたw

まさかここでまんぺいさんがでてくるというサプライズはないでしょうね?

時代的にはどうなんだろう?同じ時代なのかな?

もしもそうなら神回と呼ばれること間違いなしですw

軍服も脱いでやっと道が開けた智彦。

まだまだプライドを捨てきれてませんが、ラーメン屋で頑張って欲しい!

あと、「ケンの父親に俺がなる!」って展開も予想していたのですが、こちらはないかもしれませんね。

関内夫婦には子供がいませんので、もしかしたら養子という形で新しい家族の幸せを描かれるんじゃないかと思っていましたが、明日ぐらいにはどうなるか分かるかもしれません。

以上が、朝ドラ「エール」第19週目第93話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第19週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第19週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第19週目のネタバレあらすじ

93話放送のエール第19週「鐘よ響け」のあらすじは、戦争が終わってから、曲がかけなくなった裕一が、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」や「長崎の鐘」を通じて、応援する歌を作るストーリーとなっています

第19週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第19週「鐘よ響け」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。