エール第94話のネタバレあらすじ!『長崎の鐘』の依頼!自分のために作ってほしくない!

こちらでは、朝ドラ「エール」19週目第94話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第93話「池田の説得」では、池田はが戦争の悲劇から復活するさまを描いたドラマの音楽は、裕一にしか書けないと説得するストーリーでした。

エールの第94話「『長崎の鐘』の依頼」では、池田から映画「長崎の鐘」の主題歌の作曲を依頼されるストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年10月22日(木)放送
第19週サブタイトル『鐘よ響け』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第94話のネタバレあらすじ

ここからは、10月22日に放送された朝ドラ「エール」第94話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール94話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 池田から映画の主題歌の作曲を依頼される
  • 主題歌の作曲の依頼を引き受ける
  • 「長崎の鐘」の著者である永田に会いに行く
  • 悲観した若者に「どん底まで落ちろ」と言った話をする
  • その意味が分かれば、答えを見つけることができると話す

作曲依頼

ある日、古山裕一(窪田正孝)は、池田から、映画主題歌の作曲依頼があったことを古山音(二階堂ふみ)に話す。

その映画とは、原爆の現実を克明に記録した「長崎の鐘」である。

原爆を記録した作品と向き合うことで、また以前のように書けなくなってしまうのではないかと心配する音。

しかし、裕一は前に一歩進むためにも、その依頼を引き受けることにした。

長崎へ

裕一は、自らも被爆者で「長崎の鐘」の著者である永田医師に合うために長崎へ向かった。

池田二郎(北村有起哉)が事前に手配を済ませており、永田の妹と待ち合わせをしている場所までやってくる。

すると、永田の妹・永田ユリカ(中村ゆり)から声をかけられる。

待ち合わせの場所は、本の題材にもなった長崎の鐘だった。

皆で一緒に掘り起こしたことを裕一に話す。

永田がいる家まで案内されると、そこには、白血病に冒され寝たきりの永田が寝込んでいた。

きっかけ

裕一は、曲のきっかけになるものがないか探していると話す。

すると永田武(吉岡秀隆)は、原爆で焦土と化した長崎や広島を見た若者が神は本当にいるのかと問いかけられたという。

そして、その問いには「どん底まで落ちろ」と話す。

その意味がわかっていない裕一に、その答えをみつけることが曲作りのきっかけになるはずだと諭した。

ラーメン屋

一方、関内智彦(奥野瑛太)はラーメン屋で働き始めてから2ヶ月経っていた。

古山家で、吟は夫が何の仕事をしているか話してくれないと音に話すと、行動する時だと迫った。

後日、関内吟(松井玲奈)は智彦の後を追っていくと、闇市のラーメン屋で働いていることを知る。

そのことを音に伝えると、お金のために無理をしているんじゃないかと口にした。

3日間

裕一は、永田と面会してから3日間、楽譜を前にこもっていた。

それを心配するユリカは、兄に厳しいことを言ったのだろうという。

すると永田は、「あの人は真面目すぎる。自分を見つめても見つからないのに。」と口にした。

ここまでが、10月22日に放送された朝ドラ「エール」第94話のあらすじのネタバレです。

前に一歩進もうとしていますが、少しずつ前に進めるようになるんですよね、、、

エール第95話のあらすじを知りたい方は、第95話「『長崎の鐘』の歌い手
」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール94話の実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

「長崎の鐘」の主題歌依頼があった話は実話か?

エールでは、「長崎の鐘」の主題歌の作曲を依頼されましたが、これは実話です。

裕一のモデルは古関裕而さんで、永田医師のモデルは、医師の永井隆さんです。

古関裕而さんは、永井隆さんが執筆した「長崎の鐘」の主題歌の作曲をしています。

朝ドラ「エール」第94話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第94話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ラーメン修行

智彦さんのラーメン屋修行もいよいよ包丁を握るまでになりましたね!

昨日までは皿洗いしかしていませんでしたが、包丁握りまでになるとはプライドを捨てて成長していました!

ただ、2ヶ月経ってもネギも切れないのはどうかと思いますが、、、

しかも、戦災孤児にネギの切り方を教えてもらうってどういうこと?

ネギの切り方にコツなんてあるの?

早く切るためのコツというのなら、猫の手にしてずらすのみ!

そういうことを教えてもらったのかな?

しかし、智彦にはラーメン道を極めてもらい、行列のできるラーメン店を構えてほしいです!

まず会ってみる

まずは、会ってみることにした裕一。

「鐘の鳴る丘」でも 戦災孤児に会いに闇市に行きましたが、今回も著者の永田武に会うために長崎に行きましたね。

裕一は、まずは会ってみる派なのかな?

これまでの作曲は、ほとんど家でやっていましたので、他の人に会って曲を書くということはあまりなかったですが、戦後になってからは、そういったスタイルになったんでしょう。

まさに戦後スタイルw

それと移動はいつものごとく瞬間移動!

光子が東京と豊橋行ききしていたときもまさに隣に家があるかのごとく、一瞬で到着していましたが、今回もまさに瞬間移動でした。

東京と長崎って結構な距離なので、電車シーンはあったけど、もうちょっと時間をかけて長崎に来て欲しかったです。

あと一瞬長崎の風景がでていましたが、当時の風景なのでしょうか?

CGっぽかったけど、原爆落とされたころの風景としては、結構建物が残っていたようにみえました。

原爆地より外れていたからなのかもしれませんが、船も結構いきかっていましたので、どちらかといえば、活気があふれているように感じましたね。

戦後になってから、洋服が現代っぽくなってきましたね。

池田さんはアロハシャツ着てるのかな?

みんな新品みたいな服で綺麗ですが、シワひとつもないのが逆に違和感を感じました。

あと、吟の名探偵のような服装。

帽子もあれ誰がいつもつけているの?というような帽子でしたよね。

まさか名探偵用に用意した洋服でしょうか?

余計、お金がかかっていますので、やはり智彦さんには早くラーメン屋を成功させてほしいですw

吉岡秀隆

ついに永田と面会した裕一。

永田を演じているのは吉岡秀隆さんですが、吉岡さんの長崎弁、なかなか新鮮ですね。

吉岡さんといえば、「Dr.コトー診療所」で離島で働く五島健助医師を演じていましたが、まさか白血病になっていたとは!

SNSでも「コトー先生が白血病!」「エールでも医師、孤島でも医師」と話題になっていました。

裕一が会うなり、「白血病で寝たきりになってしもぅて」と、見たら分かります。

安静にしてください!

それにしても、原爆が原因で、白血病患者が増えたのはほんとうだったのかな? 

以上が、朝ドラ「エール」第19週目第94話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第19週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第19週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第19週目のネタバレあらすじ

94話放送のエール第19週「鐘よ響け」のあらすじは、戦争が終わってから、曲がかけなくなった裕一が、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」や「長崎の鐘」を通じて、応援する歌を作るストーリーとなっています

第19週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第19週「鐘よ響け」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。