エール第95話のネタバレあらすじ!『長崎の鐘』の歌い手!捕虜の経験もある君しかいない!

こちらでは、朝ドラ「エール」19週目第95話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第94話「『長崎の鐘』の依頼」では、池田から映画「長崎の鐘」の主題歌の作曲を依頼されるストーリーでした。

エールの第95話「『長崎の鐘』の歌い手」では、「長崎の鐘」の曲を完成させた裕一が、山藤太郎に歌ってほしいとお願いするストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年10月23日(金)放送
第19週サブタイトル『鐘よ響け』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第95話のネタバレあらすじ

ここからは、10月23日に放送された朝ドラ「エール」第95話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール95話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 永田ユリカから被爆者の治療に当たった場所に案内される
  • 「どん底に大地あり」と書かれた壁を見つける
  • 掘り出した鐘が生きる勇気を与えたと話す
  • 答えが「希望」だと分かる
  • 答えを見つけると、一気に曲を書き上げる
  • 山藤太郎に歌い手としてお願いする
  • 智彦はラーメン屋を辞めて貿易会社に就職する

治療した場所

永田から「どん底まで落ちろ」と答えが分からぬまま、3日過ぎていた。

裕一は、それまでずっと篭りっきり。

そのことを永田ユリカが兄の永田武に話すと、自分を見つめても何も見つからないと、ユリカに被爆者の治療に当たった場所に案内させるよう伝える。

ユリカは、永田が治療に当たった場所まで裕一を案内した。

母親が亡くなった悲しみも微塵も見せずに懸命に治療で当たっていたことを話す。

すると、そこで裕一は「どん底に大地あり」と書かれた壁を発見する。

そのとき、永田から少年との会話で、どん底まで落ちろといった話を思い出した。

答え

後日、裕一は鐘の音につられて、長崎の鐘の場所までやってきた。

たまたまユリカを見かけ声をかけると、何かにすがる思いで鐘を掘り起こしたことを話す。

そして、鐘の音が、自分たちに生きる勇気を与えてくれたという。

その言葉に、答えが見つかった裕一は、再び永田のもとへ訪れ「希望ですか?」と答える。

その答えに永田はうなづき、どん底まで落ちて大地を踏みしめ、共に頑張れる仲間がいて初めて真の希望は生まれると話す。

そして、答えを見つけた裕一は、一気に曲を書きあげるのだった。

歌い手

そして、完成した「長崎の鐘」の曲を持って、ある男を呼び寄せた。

それは、「酒は涙か溜息か」で大ヒットした歌い手の山藤太郎だ。

裕一は、捕虜の経験もある山藤太郎に歌い手としてお願いしたのだ。

後日、「長崎の鐘」が発売されると大ヒットし、裕一の代表作となっていった。

転職

一方、智彦は、チャーシュー作りに挑戦をしていた。

ケンに食べさせると、固くて煮すぎだと言われてしまう。

その言葉に笑うと、ラーメン屋を辞めることを伝える。

たまたま、通りかかった軍人時代の同期・松川から貿易会社に来ないかと誘われたのだ。

家に帰ると、吟にもそのことを話し、心配かけたなと言葉を口にした。

ここまでが、10月23日に放送された朝ドラ「エール」第95話のあらすじのネタバレです。

ついに転職することになりましたが、その理由を聞いて驚愕するんですよね、、、

エール第96話のあらすじを知りたい方は、第96話「ラ・ボエームのオーディション」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール95話の実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

「長崎の鐘」を山藤太郎が歌う話は実話か?

エールでは、「長崎の鐘」を山藤太郎が歌うことになりましたが、これは実話です。

山藤太郎のモデルは、歌手の藤山一郎さんです。

藤山一郎さんは、「酒は涙か溜息か」「東京ラプソディ」「青い山脈」など数々のヒット曲を歌っています。

「長崎の鐘」も藤山一郎さんが歌って大ヒットしました。

朝ドラ「エール」第95話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第95話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

オープニングなし!

最近感想がオープニングの話ばかりですが、今日はオープニングなしの日でした。

最初からオープニングが始まったり、暗い感じのオープニングなしだったり、最近はやたらと変化が目立ちます。

単に尺調整で主題歌があったりなかったする場合が多いですが、エールの法則としては、裕一の心境によってオープニングのあるなしが決まってるような気がしますね。

原爆の回想

オープニングなしの理由は、原爆が落とされた後のシーンが原因だったかもしれませんね。

今回の朝ドラ「エール」は他の朝ドラと違って、戦争というものをリアルに表現しようとしています。

被災地で怪我人を助けている永田の姿は、本当にあんな感じだったかもしれませんね。

震災をはじめとする自然災害でもそうだけど、治療に当たる人も、行政側で対応する人も、みんな被災者で、がんばっているんですよね。

自助・共助の精神は日本人の特徴と、よく言われますが、困っている人があれば、みんなが助けてあげるという世の中みになれば、もっと住みやすい世界になるんだろうなと感じました。

チャーシュー編

合間合間に智彦の近況を教えてくれる朝ドラ「エール」

昨日はやっとケンに切り方を教わって、ネギの切り方をマスターしましたが、今日は何とチャーシューの作り方まで進歩していましたね。

しかも、チャーシューの味までケンに見てもらうなんて、もしかしてラーメンの達人ですか?

チャーシューが終わると、今度は麺なのかスープなのか、どっちだろう。

なぜだかそっちの方が気になっていましたが、まさかの「俺、ラーメン屋辞める」宣言!

どういうこと?いきなりの貿易会社に就職するねん!って同期って軍人ですよね?

同じ軍人で職が見つからなかった智彦は、だめだめ人間ということなのか、、、

しかも、同期の松川は大出世していたみたいな感じだし。

鐘を掘り起こす

長崎の鐘を掘り起こすシーンありましたが、てこの原理を応用するなら、棒は向こう側に押すよりも、下へ体重かけたほうがいっきに力伝わるような気がしますが、、、

当時の人はそこまで頭が回らないぐらい必死だったことを訴えたいのかな?

それとも役者さんがそのあたり全然考えないで雰囲気で演じたのか定かではないですが、一応指摘しておきますw

あと、最後に実際の写真が紹介されましたが、本当に同じような形で飾られていたんですね。

あんなに忠実に再現したのに、後ろの背景だけは、完全に絵と分かるようなクオリティーで、クオリティーの差にびっくりしましたw

以上が、朝ドラ「エール」第19週目第95話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第19週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第19週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第19週目のネタバレあらすじ

95話放送のエール第19週「鐘よ響け」のあらすじは、戦争が終わってから、曲がかけなくなった裕一が、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」や「長崎の鐘」を通じて、応援する歌を作るストーリーとなっています

第19週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第19週「鐘よ響け」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。