ドラマ「美食探偵明智五郎」のあらすじネタバレ!1話から最終回までまとめ!

2020年4月スタートのドラマ「美食探偵明智五郎」は、東村アキコ原作の漫画「美食探偵明智五郎」が原作となっています。

こちらは、原作漫画「美食探偵明智五郎」をもとにしたドラマ「美食探偵明智五郎」のあらすじネタバレになります。

スポンサーリンク

「美食探偵明智五郎」のあらすじネタバレとみどころ

美食探偵・明智五郎は、人気漫画家東村アキコが手掛けた「料理」と「ミステリー」という異なるジャンルの魅力を併せ持つ探偵漫画です。

主人公は表参道の一等地に「江戸川探偵事務所」という小さな事務所を営む「明智五郎」で、親は銀座のとあるデパートの代表という小中高一貫の男子校育ちのおぼっちゃまです。

ウェービーなヘアスタイルとワインレッドのスーツにループタイがトレードマークの端正な顔立ちで、「東京美食倶楽部」を主宰する美食家でもあり、月に1度メンバーを集めては美食を楽しんでいます。

容姿端麗・頭脳明晰で食べることに並々ならぬこだわりをもっていますが、探偵には必須とも言える車の免許を持っていないことや、美食家なのにエビアレルギーを持っていること、エビアレルギーなのに「レッドビーシュリンプ」という小さなエビのペットを飼っていることなど、どこか抜けている一面も持ち合わせていることが特徴です。

ヒロインは「小林苺(いちご)」で、江戸川探偵事務所の向かいで「イチゴ・デリ」というワゴン販売の弁当屋を営んでおり、明智からは「小林一号」のあだ名で呼ばれています。

弁当は美食家の明智も認める味で、美食と交換で運転手や探偵の助手をするなど明智を全面的にサポートしています。

漫画は、ある日、竹澤夫人という大人しく控えめな雰囲気の女性が、旦那の浮気調査を依頼してくることから始まります。

依頼してきた理由は、味噌汁と焼き魚くらいしか食べない夫の服から毎日料理に使われるスパイスの香りがすることで、つまり、一緒に食事を楽しむような女性と浮気をしているのではないか、と言うのです。

調査を開始した結果、夫は若い女性と昼間に会っているいることが判り、証拠を竹澤夫人に渡すと離婚すると言って調査は終了しました。

ところが次の日、旦那が浮気相手の女性のアパートで刺されて死亡するというニュースを聞き、夫人が犯人と睨んだ明智が夫人に海沿いのレストランに食事の誘うと、夫人は大人しく控えめな雰囲気から一変、妖艶なマダムになってやってきました。

明智が問い詰めると夫人は自分が夫を刺したことを認めたため、自ら命を絶たないように見張ろうとしていた明智でしたが、飲み物に薬を盛られて寝ている間に夫人は逃亡し、目が覚めた明智が夫人を崖の上で見つけたものの、目の前で海に飛び込んでしまったのでした。

数日後、「マグダラのマリア」という人物からの葉書を受け取った明智ですが、実はこの人物は死んだはずの竹澤夫人で、誰かに殺意を抱く人々に知恵と手を貸し、殺人事件を起こす黒幕として暗躍していくというのがあらすじです。

この漫画のみどころは、マグダラのマリアの手引きによって起こる事件を明智が「食」をカギに解き明かしていくことと、殺人事件が舞台でありながら細かいギャグを盛り込んでいくことで、シリアス且つコメディの要素を持っていることです。

そして、何故マリアが明智に挑戦するかという理由は、夫の浮気を疑っていた時に、街でおいしそうな匂いのするキッチンワゴンを見つけますが、それは苺のワゴンで、肉の焼き方を細かく指示する明智と苺のやり取りを見てしまったことによります。

いつも味噌汁と魚だけのつまらない食事をしてきた夫人にはその様子がとても楽しそうに見えたことがきっかけですが、明智もマリアも事件に絡んでいく中で、お互いに惹かれ始めるという事実に気付き始めることもみどころのひとつです。

このように、事件と共に愛だ恋だという感情も絡んできますが、ネタバレをしてしまうと実は本題ではありません。おいしい料理と、どこかで発生する殺人事件、明智とマリアがそれぞれに抱く複雑な感情や駆け引きなどの要素が、何ともいえない世界観を醸し出しその中に引き込まれていくことがこの作品の最大の魅力と言えるでしょう。